環境負荷をかけずに、ビーチでおしゃれを。サステナブルな水着(スイムウェア)5選

環境負荷をかけずに、ビーチでおしゃれを。サステナブルな水着(スイムウェア)5選

夏を楽しむために持っておきたいスイムウェアが、海洋汚染の一因になりかねないということをご存知でしょうか?環境への負荷を軽減するためには、素材や使用方法に注目し、サステナブルなスイムウェアを選ぶことが大切です。今回は、サステナブルなスイムウェアブランドのおすすめ5選をご紹介します。

ハッピーキヌア編集部
2021年10月27日
環境負荷をかけずに、ビーチでおしゃれを。サステナブルな水着(スイムウェア)5選
ちょっとした休暇で、ビーチやプールでバカンスを過ごしたり、マリンアクティビティを楽しみたい方は多いのではないでしょうか。

 

スイムウェアは、夏のレジャーに欠かせないアイテム。

しかし、スイムウェアの素材には、ナイロンやポリエステルといった合成繊維が使用されています。

 

そのため、スイムウェアを洗濯するたびにマイクロプラスチック繊維が下水に放出され、海に流れ出してしまうことに。

自然分解されないプラスチックごみは海洋汚染の一因となり、環境に大きな影響を及ぼします。

 

環境への負担を減らすには、天然繊維や再生素材由来のアイテムを取り入れることが重要だといえるでしょう。

そこで今回は、サステナブルなスイムウェアの選び方注目したいブランド5つをご紹介します。

 

サステナブルなスイムウェアを選ぶなら

サステナブルとは「持続可能」を意味し、近年では特にSDGs(Sustainable Development Goals)の考え方が広く知られるようになりました。

SDGsの詳細については、外務省のHPを参考にしてみてください。

 

従来の合成繊維製ではなく、サステナブルなスイムウェアを購入すること。

このような消費行動が、「環境保護」や「安全な水質の確保」といったSDGsの指針にも一致するといえます。

 

では、どうやってサステナブルなスイムウェアを選べばよいのでしょうか?

着目したい2つのポイントについて解説します。

 

素材にこだわって

ナイロンやポリエステルは耐久性・防水性に優れていますが、プラスチックによる環境破壊の原因にもなってしまいます。

プラスチックごみの排出を削減するためには、再生ナイロンなどのリサイクル素材を活用することが大切です。

 

ただし、再生プラスチック素材であっても、洗濯時にはマイクロプラスチック繊維が発生。

そこで、麻や天然ゴムといった自然素材を採用するのも、環境保護に有効な対策のひとつです。

 

各ブランドがどのようにしてスイムウェアを製造しているのか、素材をきちんと確認してから購入することがカギとなるでしょう。

 

使い方を意識して

サステナブルなスイムウェア選びでは、素材はもちろん、使い方も意識したいところです。

 

飽きのこないデザインのスイムウェアなら、お気に入りとして愛用できるでしょう。

また、丈夫な素材や質の高い縫製によって、劣化しにくいスイムウェアを選ぶことが重要。

さらに、手洗いすればスイムウェアが長持ちしやすくなる上に、マイクロプラスチック繊維の流出を抑えることも可能です。

 

スイムウェアを処分する際には、サステナブルな方法を選択してみてください。

ブランドによっては、不要となった自社のスイムウェアを回収してリサイクルしてくれます。

また、アイテムの購入ごとに環境保護団体へ寄付を行えるブランドもあるので、エコな社会貢献ができますよ。

 

初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら ソイミート7種の実食レビュー記事はこちら

LINE

Facebook