アメリカでPortillo’sが初のヴィーガンホットドックを発売

アメリカでPortillo’sが初のヴィーガンホットドックを発売

シカゴ発のホットドッグスタンドのチェーン、Portillo's(ポーティロス)が全米の全店舗で2022年5月16日、ヴィーガン・ガーデン・ドッグを発売を開始しました。植物由来食品の会社と共同で開発されたホットドッグの評価とは?

ハッピーキヌア編集部
2022年05月26日
 

ご自宅で手軽に作れる安心安全のオーツミルク。今なら以下リンクから、初回お試しセットが70%オフの2,360円でお楽しみいただけます。いますぐチェック!

アメリカでPortillo’sが初のヴィーガンホットドックを発売
シカゴのヴィラパーク郊外で小さなホットドッグ・スタンドとして始まったシカゴスタイルのレストラン・チェーン、ポーティロスは、2022年5月16日、全米の全店舗でヴィーガン・ガーデン・ドッグを発売。

 

Field Roast社との共同開発

ポーティロスは、シアトルの植物由来の肉とチーズの会社、フィールドロースト(Field Roast)と共同で、初のヴィーガン・ドッグを発売した。

きっかけについてポーティロスの広報担当、ワース氏はこう述べています。「私たちの顧客にはフレキシタリアンの方が多くいます。しかし、彼らからのフィードバックによると、肉を使った伝統的なホットドッグが大好きなのにも関わらず、時にはそれを食べたいと思わないという意見がありました。私たちは、そのような人たちの意見を取り入れようと思ったのです。」

 

ヴィーガン・ドッグは「プラントベースガーデンドッグ」という商品名で発売。

 

ポーティロスのマーケティング責任者であるマコーマック氏は

「以前のベジドッグは、バンズにシカゴスタイルのトッピングがすべて乗っていて、肉は入っていませんでした。しかし、ヴィーガンのファンのために、ついにそのバンズをヴィーガンオプションで埋めてくれるパートナー企業を見つけたことに、とても興奮しています。」

 

と笑顔で語りました。そして、調理法については、

 

「黒コショウ、パプリカ、ガーリックで味付けされたガーデンドッグは、標準的なミートドッグと同じサイズで同じように調理されます。スモークし、グリル内の肉を使わない特別な部分で炭火焼きをした後、注文を受けてから野菜をトッピングします。」

「いろいろな調理法を試してみたんです。そして、この方法が一番おいしいと思ったので、それを採用しました。」

と説明しました。

新しいガーデンドッグは、メニューのポートベローマッシュルームサンドイッチに代わるもので、チーズ入りはベジタリアン、チーズ抜きはヴィーガン向けというラインナップで提供されます。

 

料理評論家のチュー氏はガーデンドッグを試食し、「素晴らしい!」と評価しています。トッピングの味もさることながら、何より、シカゴドッグの最高級品のような、パリッとしたソーセージの皮が特徴です。

ポーティロスやフィールドローストの想いが詰まったヴィーガンホットドッグの発売。

 

開発のきっかけは「顧客(消費者)の意見」でした。

 

日本でも、消費者1人1人の行動や選択の変化が企業を動かし、企業の変化が消費者の生活の質を向上させるような、素敵な循環がどんどん生まれていくと良いですね。

 

ハッピーキヌアでは、これからもヴィーガン情報をいち早くお伝えしていきます。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook