きのこが世界を救う?!レザーの代替品として期待される特徴

サステナビリティへの意識高まっているファッション業界。代替レザーもその一つと言えるでしょう。今回はきのこからできた代替レザー、マイロをご紹介します。

私たちの身近にあるレザーの概念が今、大きな変化を遂げつつあります。

「レザー=本革や合皮などのフェイクレザー」という概念が、「レザー=サステナブルなもの」へと進化しています。

近年のファッション業界では、そういった持続可能なものを素材としたアイテムが増えています。

今回は、そんなサステナブルな素材のひとつであるきのこを使用したレザーについてご紹介していきます。

 

製造方法でわかる様々なレザーの違い

普段何気なく使用している革製品ですが、その製造工程はあまり馴染みのないものかもしれません。

今回は、新たな革の代替品と言われるマッシュルームレザーの製造方法とあわせて、簡単にご紹介していきます。

 

本革

本革はまず、家畜を育てることからはじまります。
そして動物の皮から製品に使用できる革へと加工しますが、前準備があるのです。

まず、原料となる皮が腐食しないよう、塩漬けにしたり乾燥などの処理をします。
それから「なめし」といわれる工程を経て仕上げをし、製品化されます。

このなめし方法は大きく分けて3つあり、それぞれに使用するなめし剤も様々です。
また、仕上げの工程も、着色や油を加えることで滑らかな質感にしたり、革本来の質感を際立たせるための処理をしたりなど3段階に分かれています。

こうして長い工程を経て製造されている本革。
製造には莫大な手間と労力、そして高度な専門技術が求められ、値が張るのも納得です。

 

合成皮革と人工皮革

化学の力によって生み出されたこの2つは、似ているようで少し異なります。

基材に特殊不織布使用しているのが人工皮革で、特殊不織布以外のものを使用していないのが合成皮革です。

人工皮革の内部はナイロンやポリエステルなどの繊維を立体的に絡ませ、更にポリウレタン樹脂を染み込ませてつくった不織布層があります。

それをポリウレタン樹脂で表面を覆い、本革に似せた加工をしています。

一方、合成皮革の内部は編物や織物で、これらにポリウレタン樹脂を厚くコーティングしてできています。
仕上げには型押しなどの加工を施し、本革に似せているのです。

 

マッシュルームレザー

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bolt Threads(@boltthreads)がシェアした投稿


まず、マッシュルームレザーの「マイロ」とはきのこの菌糸から作られた人工レザーです。

「え?きのこって食べ物でしょ?」と思われる方も多いと思いますが、きのこの生物学上の分類は「菌類」です。

見た目ではわかりませんが、顕微鏡で見るときのこは細い糸が集合してできています。
この細い糸が「菌糸」です。

マイロはきのこの菌糸体を培養することからはじめます。

培養した菌糸は「マイセイム」といい、言わば菌糸の集合体。
見た目は綿あめのような、白いもっこりとしたものです。

それを圧縮してマットな状態になったところで皮のような素材へと加工されます。

モコモコした菌糸が薄い革へと変化するなんて面白いですよね。
是非とも断面を見てみたいものです。

マイロについてハッピーキヌアヴィーガンメディアのこちらの記事でも紹介しています。

 

環境への影響

ここまでの内容で、レザーがどういったものなのかはお分かりいただけたと思います。

ですがこのレザーは、どういった影響を与えているかご存知でしょうか。

特に次の2つのことが挙げられるでしょう。

 

大気汚染

  • 本革

革製品として流通している動物は、その皮を取るためだけに殺生することを禁じられており、食肉加工の副産物として使用されています。

ということは牧草地で少なくない数の家畜を育てているということです。

2000年から2010年までの10年間に、世界全体で約520万haの森林が失われました

植物の光合成によって二酸化炭素を吸収するのに、植物の集合体と言える森林を伐採してしまったのです。

出典:環境再生保全機構

それはつまり、二酸化炭素を制御する術を失うことに繋がるということになりかねません。

また、「家畜を飼養することにより、その家畜が食物等を消化する際に、胃腸等の消化管内の発酵で生じた CH4 が空気中に排出されます。」

引用:農林水産省生産局畜産部

CH4とは、メタン、要はゲップのことで、2017年には、大気中のメタン濃度は産業革命前より150%以上も高くなりました。

メタンは、100年間で比較したときの温暖化係数が28倍、20年間では約84倍の効果をもちます

出典:国立環境研究所

ゲップ以外におならもそうですが、「たかが」と侮ることができないのは明白です。

  • 合成皮革と人工皮革

原材料の大半にポリウレタン樹脂が使われている合成皮革と人工皮革。
ポリウレタン樹脂はプラスチックの一種であることはご存知の方も多いですよね。

99%が化石燃料由来のプラスチックは製造から廃棄までのすべての段階における環境負荷が甚だしく、大気汚染にも大きな影響を与えています。

そもそもプラスチックは、原料である石油の採掘から生産までにも温室効果ガスが排出されています。この量は年間で石炭火力発電所189基分に相当すると言われており、このままプラスチックが増え続けると2050年には615基分にまで達するとのことです。

プラスチック製品を使うことの重みが伝わってくる数字ではないでしょうか。

 

海洋汚染

  • 本革

本革は動物の皮を革に加工するために、水が必要不可欠です。

原皮に着いた汚れを落とすために水洗いをする際、大量の水を使います
当然ながらその水は汚れてしまいますが、国によって処理法が全く異なります。

例えば日本ではどうでしょうか。

東京都立皮革技術センターでは「汚れた水を処理をして、きれいな水にしてから外へ流す」としています。
引用:東京都立皮革技術センター

しかし、世界の全ての国がそのように処理法を定めているわけではありません。

もちろん日本のような処理方法を採用している国もありますが、そうではない国もあるというのが現状です。

その中でも特にバングラデシュでの工場排水による汚染は、深刻です。

バングラデシュでは皮革工場が95%も密集するダッカ市があります。

ダッカ市にあるブリガンガー川の水質汚染は世界で5番目にひどいとされていて、その川に工場排水が流れるのは1日におよそ2200万リットルにもなるといいます。
出典:JICAバングラデシュ事務所(独立行政法人 国際協力機構)

現在は河川水の見直しをし、環境への意識が高まっているそうですが、川は海へと流れ、世界へと繋がっていることは紛れもない事実です。

 

  • 合成皮革と人工皮革

海洋プラスチック問題は世界各国で深刻化が進んでいます。

2050年の海では魚より海洋ゴミの方が多くなると言われており、プラスチックごみだけをとっても世界に合計1億5,000万トン以上の量が存在しているそうです。
出典:日本財団ジャーナル

それだけの量のプラスチックゴミ。
その中にポリウレタン樹脂を使ったフェイクレザーのもがないと言い切れないところが、悲しいところです。

プラスチック問題はこちらの記事でも解説しています。

 

きのこから作られる代替ヴィーガンレザー

本革と合成皮革、人工皮革のフェイクレザーが巻き起こす環境への影響はお分かりいただけたのではないでしょうか。

今度はきのこが本革の代替品として世界を救うと期待される理由を紐解いていきましょう。
マッシュルームレザーのマイロが私たち消費者へ届くまでの製造過程と、私たちの手元に届いた後の使い心地の2つのポイントから、マイロを選ぶべき理由をご説明します。

〜製造過程において〜

  • 素材自体が天然=動物殺生や他の資源を必要としない
  • 広大な牧草地は必要ではない=森林伐採に繋がることはない
  • 製造過程においても有害な化学物質が出ない=汚染要素が皆無
  • 大量の水や生産に長い時間を必要としない

 

〜使い心地〜

  • 本革と同じような柔らかくしなやかな質感を体感でいる=本革の必要性を感じない
  • マイロは汎用性が高く、多様な製品を作ることができる
  • 菌糸の集合体であるマイセンは弾力性と強度がある=使いやすく、ポリウレタン樹脂製のフェイクレザーより長持ちする

これらのことから、マイロは資源を大量消費せず、しかも環境汚染に繋がる要素もないことがお分かりいただけたかと思います。

動物性由来のもではないことからも、ヴィーガンの方が安心して使用できる新素材と言えます。

 

ハッピーキヌアヴィーガンメディアでヴィーガンレザーについてご紹介している記事は、こちらからご覧ください。

 

まとめ

タイトルにある、「きのこが世界を救う?!」の理由はご理解いただけましたでしょうか。

そもそも原料が「自然」から採れたものなのか、そうでないものなのか、というのは製造プロセスに大きく影響を及ぼします。

環境への影響を与える第一歩となる原料を考えることは、非常に重要なことです。

食品は、ご自宅で調理ができるという意味で考えやすいかもしれません。

しかし、他のものはどうでしょうか。

例えば素敵なバックがあるとして、それが「何でできているか」を考える人は少ないのではないでしょうか。

この記事が、地球に良いセレクト(買い物)をするきっかけとなれば幸いです。

ハッピーキヌアヴィーガンストアではヴィーガンレザーの商品も多く取り扱っています。

マイロではありませんが、ヴィーガンレザーの質の高さ豊富な種類をお楽しみいただけると思います。

小物からバッグ、シューズにいたるまで多数取り揃えていますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ