ニューヨークで人気のジャンク系ヴィーガンレストラン「beatnic(ビートニック)」とは

ニューヨークで人気のジャンク系ヴィーガンレストラン「beatnic(ビートニック)」とは

ヴィーガンでありながら、美味しさも追及していくbeatnic。100%ヴィーガンに込められた思いから、人気のメニュー、その反響をご紹介していきます。

ハッピーキヌア編集部
2021年11月27日
ニューヨークで人気のジャンク系ヴィーガンレストラン「beatnic(ビートニック)」とは

ヴィーガンスタイルの食事と聞いて何を想像するでしょうか?

 

もしかしたら、

「肉や乳製品などの動物性食品を使用しない味気ないもの」

「ボリュームに足りない食事」

などのイメージを抱いている方も少なくないかもしれません。

 

今回はそんなヴィーガン食のイメージを覆す、今ニューヨークで話題のジャンク系ヴィーガンレストラン「beatnic ビートニック」についてご紹介します。

ヴィーガンの方もそうでない方も楽しめるその理由に迫ります。

 

beatnicのコンセプト

「ヴィーガンフードをもっと身近に」という想いが詰まったヴィーガンファストフード店beatnicはアメリカのニューヨークを中心に展開しています。

beatnicで提供される料理は100%ヴィーガン

手作りのハンバーガーに、パスタ。季節のスープやサラダ、コールドプレスジュース、ヴィーガンアイスを始めとしたお菓子類を手がけています。

 

健康なヴィーガン食で留まることなく、美味しさも兼ね揃えたそのメニューたち。

「100%ヴィーガン。100%の美味しさ。」を謳っており、ヴィーガンでない方たちからの満足度も高く、肉や、バター、卵なしであることを忘れてしまうと評判が高いことで知られています。

 

お店オープンに至るまでは約二年という月日を費やしたそうですが、そのこだわりは内装にも見られ、フォトジェニックを意識した作りも人気の一つになっているようです。

開店初日から列が出来るほどの注目を集め、瞬く間に人気を集めたbeatnicは、レストランを紹介しているニューヨークマガジンgrub streetにて、2015年に最も成功を収めたレストランとして紹介されました。

創業者の一人はインタビューで以下の様に語っています。

「私自身、忙しい毎日の中で、満足できる健康的な食事を手軽にとりたいと思っていましたが、これは私だけでなく大衆のニーズでもあるように思えました。

新鮮で美味しい。また安くて提供の速い、ファストフードでありながらのヴィーガンフードが提供できれば、ヴィーガンがもっと身近になると思っています。そして私たちはそれを実現しました。」

出典:Meet The 28-Year-Old Founders Of By Chloe, NYC’s Fastest-Growing Vegan Burger Chain

 

beatinicのメニュー

Gauc burger(ワカモレバーガー)

レンズ豆とエンドウ豆のプロテインたっぷりのパティに、全粒穀物のバンを使用したハンバーガー。

ワカモレ(アボカドをメインに青唐辛子などをブレンドしたメキシコ料理のサルサの一種)、とうもろこし、レタス、玉ねぎ、など野菜がふんだんに入っています。

チポトレ(製にした唐辛子を原材料とする香辛料)ソースがアクセントです。

 

CRISPY CHICKY(クリスピーチッキーサラダ)

ロメイン、ケール、人参、枝豆などの野菜を始め、アーモンドや木の実が入ったボリューム満点のサラダには、生姜のドレッシングがかかっています。

また、chickyとは植物由来のチキン。パン粉と独自のスパイスをまぶしたペンテを揚げたもの。

beatnicのオリジナル商品です。

 

AIR BAKED FRIES(エアーベイクドフライズ)

じゃがいもかサツマイモを選べるポテトフライ。オリジナルソースをつけるのが人気です。

 

MAC N’ CHEEZE(マカロニ&チーズ)

さつま芋カシューのチーズソース、椎茸のベーコン、アーモンドが入ったマカロニ。

植物由来のチーズが注目されています。

 

TOASTED S’MORES BAR(トーストスモア・バー)

グラハムクラッカー、チョコレート、ガナッシュ、マシュマロ、豆乳などが入ったバー。

甘いものがお好きな方にお勧めの一品。

 

引用元:Beatnic | New York Based Vegan Restaurant with Burgers, Salads, Sides, and Sweets

元々は by Chloe という店名であった

こちらのbeatnicですが、実は元々は別の名称でした。がっつりのボリュームもおいしさも変わっていません!

ハッピーキヌア代表の小野寺も数年前からよく通っているおすすめのお店です。

 

beatnicの反響

モデルなどの有名人も絶賛するbeatnic。インスタグラムにも力を入れており、アップされる写真全ての料理がとても魅力的です。

現在のフォロワーは13.9万人と、多くの人に支持されている様子が分かります。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Beatnic (@eatbeatnic)


アップされる写真がフォトジェニックであることも印象的ですが、そのストーリーではモデルたちがファストフードを頬張る姿もアップされ話題を呼んでいます。

ぜひ公式インスタグラムを覗いて見てくださいね。

 

まとめ

今回は、ニューヨークで人気のジャンク系ヴィーガンレストラン「beatnic ビートニック」についてご紹介しました。

ファストフードのように気軽に食べれるヴィーガンフードはまさに時代のニーズであり、そのメニューたちも多様性があることが分かりました。

 

近年では、日本の大手のファストフード店もヴィーガンバーガーなどの新商品で注目を集めており、今後ヴィーガン対応の商品は増えていく傾向にあるといえます。

100%ヴィーガンでありながら美味しさを追求していく、今後ヴィーガンフードがどのように広がるのか目が離せません。

 

あわせて読みたい記事

大豆ミートの全粒粉サンドが人気のドトール、ベジタリアン対応メニューをリニューアル

佐世保バーガーがヴィーガンに!本場長崎・佐世保の「Y’s V Burger」を実食

モスバーガーのヴィーガンメニュー「グリーンバーガー」。おいしさや特徴を徹底紹介

LINE

Facebook