今話題のESG投資とは?SDGsとの関わり、メリット、ESG経営を行う企業も含めて徹底解説

今話題のESG投資とは?SDGsとの関わり、メリット、ESG経営を行う企業も含めて徹底解説

ESG投資について、その歴史的背景やSDGsとの関連、メリット・デメリットについても徹底的に解説していきます。ESG経営を行うスターバックスやJALの事例についても解説します。

ハッピーキヌア編集部
2021年09月23日
今話題のESG投資とは?SDGsとの関わり、メリット、ESG経営を行う企業も含めて徹底解説

ESG投資を始める方法

 

ESG投資は、ESG経営をしている企業を探して投資する方法と、ESG投資を重視した投資信託に投資する方法があります。

 

ESG経営に関する情報を見て自分で判断する方法では、企業のホームページを見たり、個人的に気になるテーマについて探したりするのが一般的です。

たとえば、環境問題に関心がある人であれば、カーボンオフセットを導入している企業を調べてみるといった方法があります。

 

カーボンオフセットというのは、商品やサービスを提供する中で、どうしても削減できない温室効果ガス排出量を、同等の量の削減につながる活動をすることで帳消しにすることです。

具体的に取り組んでいる企業として、日本航空(JAL)が挙げられます。

 

JALでは、飛行機に乗ることで発生するCO2を、森林保護プログラムなどへ寄付することで、全体としてのCO2発生量を抑えているそうです。

カーボンオフセットに取り組んでいる企業について詳しく知りたい人は、こちらの記事も参考にしてみてください。

カーボンクレジット制度の内容と導入している有名企業4社をご紹介 | ハッピーキヌア ヴィーガン情報

 

自分で投資先を選ぶのが難しいという人におすすめなのが、投資信託を利用してESG投資をする方法です。

投資信託というのは、投資のプロに運用を委託することです。

投資信託では、ニッセイアセットマネジメント株式会社が提供する「日本株式ESG資産形成ファンド」のように「ESG評価が高い企業の株式」といったテーマで購入することができます。

投資信託の特長は、投資のプロが徹底的に調査・分析している点と、その銘柄を少額から投資することが可能な点です。

(参考:日本株式ESG資産形成ファンド|ニッセイアセットマネジメント株式会社

 

まとめ

今回は、ESG投資について、ブームの背景やメリット・デメリットも踏まえて解説しました。

繰り返しになりますが、ESGというのは、環境・社会・企業統治を意味します。

 

短期投資に向かない、グリーン・ウォッシュの懸念があるなど、ESG投資にもデメリットはあります。

しかしそれでも、ESGに配慮した企業に投資をすることは、SDGsが注目されるこれからの時代、ますます人気になっていくことが予想されます。

 

今回の記事をきっかけに、ESG経営をしている企業について調べてみるのも良いかもしれませんね。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook