SDGsとヴィーガンの関係とは?環境問題の観点から、わかりやすく解説

私たち人類が地球を守りながら、豊かに暮らし続けていくために掲げられたSDGs。実はヴィーガンはSDGs達成に貢献することができます。今回は特にヴィーガンと関わりの深い環境問題の観点から、SDGsとヴィーガンの関係について解説していきます。

原材料はオーツ麦と酵素の2つだけ。自分で必要な分だけ作って楽しめる新しいオーツミルク Earth MILKを試してみませんか?
今だけ初回お試しセットが¥7,860→¥2,360に。以下のリンクから限定で送料無料になります。この機会にぜひ。

「SDGs」は人類が地球で豊かに暮らしていくために掲げられている国際社会共通の目標です。

SDGsは現在世界が抱えているさまざまな課題を網羅しています。

 

その中でも「環境問題」の改善は人類が持続可能でより良い暮らしをしていくための重要なポイントです。そして、SDGsで挙げられている環境問題とヴィーガンには深い繋がりがあります。

この記事では、SDGsとヴィーガンの関係を環境問題の観点から解説していきます。

 

環境問題も含まれる「SDGs」とは

まず最初に、SDGsとSDGsにおける環境問題改善の重要性について簡単に説明していきます。

SDGsとは

SDGsとはSustainable Development Goalsの略で、日本語では「持続可能な開発目標」と言います。

SDGsは2015年の国連総会で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、持続可能でよりよい世界を実現するための国際目標です。

 

2030年までに達成すべき17のゴール・169のターゲットから構成されています。

  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなに。そしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう

参考: 外務省『SDGsとは? | JAPAN SDGs Action Platform

17の目標のうち、環境に関する目標は4つ挙げられています。

(SDGsについてはこちらの記事も併せてご覧ください。)

 

環境問題の改善がSDGs達成には必要不可欠

 

Credit: Azote for Stockholm Resilience Centre, Stockholm University (CC BY 4.0)

 

ストックホルム・レジリエンス・センターの元所長ヨハン・ロックストローム氏らによって提唱された「SDGsウェディングケーキモデル」という、SDGs17の目標を3つの層に分類した構造モデルをご存知でしょうか。

このモデルでは、SDGsは「経済圏」「社会圏」「生物圏」の3つの層が密接に関わり合っており、総合的にアプローチすることが必要不可欠であることを表しています。

 

その中でも「生物圏」には17の目標のうち環境問題に関わる4つが含まれます。

「生物圏」は土台となる部分で、「社会」も「経済」も私たち人間が生活していくために必要な自然環境があってはじめて成立するものだということを表しています。

 

つまり、環境問題に関する目標を達成することがあらゆるSDGsの目標達成・持続可能な世界を実現するのための鍵となります。

 

環境問題から見るヴィーガンとSDGsの関係性

SDGsにおける環境問題改善の重要性について明らかにしたところで、SDGsとヴィーガンの関係性を環境問題の観点から見ていきましょう。

以下、SDGsの環境に関する4つの目標ごとにヴィーガンとの関係について解説していきます。

 

目標6. 「安全な水とトイレを世界中に」

2020年時点で20億人=世界人口の4人に一人が安全に管理された飲料水を得ることができていません。

このうち12,200万人は、湖や河川、用水路などの未処理の地表水を使用しています。

 

さらに36億人が、安全に管理された衛生施設を使用できず、うち49,400万人以上は家や近所に利用できるトイレがなく、屋外排泄を行っています。

そして23億人が、石けんや水が備わった基本的な手洗い設備が自宅にない環境で暮らしています。

参考: 日本ユニセフ協会『水と衛生 | ユニセフの主な活動分野 』

 

依然として安全に管理された水へのアクセスがない人が大勢いる中、人々の健康や生態系に影響を及ぼす水質汚濁・水質汚染も問題となっています。

すべての人が平等に安全な水や衛生施設へアクセスできることを目指すこの目標とヴィーガンにどのような関係があるのでしょうか。

 

ヴィーガンの食事に比べると、肉を食べる食事には約3倍の水が使用されます。畜産業では大量の水が必要とされます。

例えば、牛肉を1kg生産するには15,500リットルの水が使用されます。一方、トマト1kgの場合は180リットル、ジャガイモ1kgの場合は250リットルです。

 

また、家畜の排泄物による水質汚染も深刻な問題です。肥料や排泄物には高レベルの窒素とリンが含まれています。これらが地下水や川に流出すれば、人間やその他の生態系に悪影響を及ぼします。

参考:The Vegan Society “Why Go Vegan | Veganism and the Environment | Water”

 

水は限りのある資源です。ヴィーガンの食事を選択すること、植物性食品の需要拡大は水の使用量や水質汚染を抑える一つの手段です。

 

目標13.「気候変動に具体的な対策を」

気候変動の主な理由は、二酸化炭素・メタンガス・亜酸化窒素といった温室効果ガスです。

人間の活動により生成される温室効果ガス総排出量のうち、14.5%が畜産業に起因されています。

 

中でも牛(牛肉と牛乳)は畜産業における温室効果ガス総排出量の約65%を占めます。

特に問題視されているのが、牛や羊といった反芻動物のゲップに含まれるメタンガスです。

 

メタンガスは二酸化炭素よりも寿命こそ短いですが、温暖化にもたらす効果は二酸化炭素の25倍以上と言われています。

参考:FAO “News Article: Major cuts of greenhouse gas emissions from livestock within reach”

参考:US EPA “Importance of Methane”

 

このように畜産業が気候変動に及ぼす影響は大きく、すなわち私たち人間が生活の中で食肉を消費するという行為も環境に影響を及ぼしているのです。

リーズ大学の研究では、肉を食べる人は菜食主義者よりも約60%多く温室効果ガスを排出しているということが明らかになりました。

参考:VegNews “Meat-Eaters Produce Nearly 60 Percent More Greenhouse Gases than Vegetarians, Study Finds”

 

逆に、動物性食品を口にしないヴィーガンというライフスタイルを選択することは、肉を食べる生活よりも温室効果ガスの排出を抑えることにつながります。

 

目標14.「海の豊かさを守ろう」

地球の70%を覆う海は、環境的にも経済的にも私たち人間が生きていく上で欠かせないものです。しかし、海洋汚染・海洋酸性化・水産資源の乱獲など、海洋環境は様々な問題を抱えています。

海には二酸化炭素を吸収して気温・気候変動を調節する働きがあります。しかし、温暖化が進んだことで起きているのが海洋酸性化です。

 

海洋酸性化は海洋の二酸化炭素を吸収する能力の低下を引き起こすと言われています。

二酸化炭素を吸収する能力が低下すると大気中に残る二酸化炭素の割合が増えるため、地球温暖化の加速につながるという悪循環が起こっているのです。

 

さらに海洋酸性化は、海洋生態系の基盤とも呼ばれるサンゴ礁など主要な生物にも影響を及ぼすことが懸念されています。

参考:United Nations “SDG Indicators”

 

ヴィーガンの食事法は、こうした海洋酸性化や海面上昇といった現象の原因となる温室効果ガスの排出を抑えるのに効果的です。

また、2020年度のFAO「世界漁業・養殖業白書」によると、世界の水産資源の34.2%が持続可能な水準を超えて漁獲されています。

参考:FAO “The State of World Fisheries and Aquaculture 2020”

 

海洋生物が減少する中で養殖による生産が増えましたが、養殖にもまた海洋生物を餌として使用しなければなりません。

そして餌の食べ残しや、養殖魚の病気を防ぐための抗菌剤・抗生物質といった化学物質が海洋汚染を引き起こしていることがわかっています。

 

上記の理由から今世界では持続可能な漁業と養殖業、水産資源の管理が求められています。

魚介類を食べないヴィーガンというライフスタイルは、こうした海の環境や生態系を守ることに貢献できます。

 

目標15.「陸の豊かさも守ろう」

世界の約16億人が生計を森林に依存している中、2010年から2015年の間に330万ヘクタールの森林地帯が失われました。

さらには干ばつや砂漠化による土地の損失も深刻化しており、確認されている8,300種の動物のうち、8%は絶滅、22%が絶滅の危機にさらされています。

参考:United Nations “Forests, desertification and biodiversity – United Nations Sustainable Development”

 

森林破壊の主な原因となっているのが農業だと言われています。大規模な畑や放牧地を作るために人為的に森林を伐採していることが森林の破壊や陸の生態系が失われる要因となっているのです。

しかも、農地拡大の65%が動物性食品のためのものです。

 

他の森よりも多く二酸化炭素炭を土壌に吸収し、地球の温室効果を緩和してくれるアマゾンでは主に牛の放牧が森林破壊の原因となっています。

参考:国際環境NGOグリーンピース『アマゾン火災と「工業型畜産」』

 

アマゾンの森林の破壊が進行すると温暖化が進む上に動物たちの住処が奪われ、生物多様性も失われていまいます。

プラントベース中心のヴィーガンは森林破壊や生態系の破壊を助長しないためにできる一つの選択肢です。

 

また、ヴィーガンは植物性食品の中でも東アジアにおける森林破壊の一因となっているパーム油を避ける傾向にあります。

(パーム油についてはこちらの記事で詳しく解説しています。)

 

まとめ

ここまで、SDGsとヴィーガンの関係性について環境問題の観点から説明してきました。

SDGsの目標が密接に関わり合っているように、ヴィーガンはなどさまざまな地球への影響を減らすことができます。

 

SDGs達成には政府や企業、自治体だけではなく地球上で暮らす私たち一人ひとりの取り組みが必要です。

ヴィーガンというライフスタイルは個人で実行できる効果的なSDGs貢献の手段と言えるでしょう。

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

iHerbで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら
(限定で15%割引が適用になります!)

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

3万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img
原材料はオーツ麦と酵素の2つだけ。自分で必要な分だけ作って楽しめる新しいオーツミルク Earth MILKを試してみませんか?
今だけ初回お試しセットが¥7,860→¥2,360に。以下のリンクから限定で送料無料になります。この機会にぜひ。

新着記事

spot_img
- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill's Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

29,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ