【速報】ZARA(ザラ)からクルエルティーフリーコスメが新発売

ZARA(ザラ)からついに、クルエルティーフリー、リフィル可能なコスメが発売されます。日本からも、新宿店とオンラインで購入可能です。リーズナブルでプレイフルなコスメのニュースを、速報でお伝えします。

ファッション業界最大手のZARA(ザラ)が、ビューティの世界についに本格参入します。

5月12日、世界最大のアパレル小売業者であるザラは、サステナブルなパッケージに重点を置いた、クルエルティーフリーのメイクアップライン「Zara Beauty(ザラビューティ)」をローンチします。

 

ザラは以前から、自社ブランドのフレグランスやリップスティックなどを提供してきましたが、ビューティ製品の専用ラインを本格的に展開するのは、今回が初めてとなります。

 

商品ラインナップ

ZARA公式サイト
ZARA公式サイト

この新製品には、リップ、グロス、ブロンザー、チーク、アイシャドウパレット、フェイスパウダー、メイクブラシ、そして39色のネイルポリッシュが含まれており、いずれもナチュラルかつヴィーガン対応の成分で作られています。

グロスとネイルポリッシュは、環境にやさしいガラス製のボトルに入っており、その他の商品は詰め替え可能なパッケージを採用しています。

今回の初回販売には間に合いませんでしたが、近々、同じくガラス製容器を使ったマスカラも販売予定とのこと。

 

パッケージのデザインは、いずれも斜めのカッティングがポイントになっていて、エッジな印象がありつつも、清潔感のある白で統一されていて、クリーンな印象もあり、非常におしゃれですね。

また公式サイトには、様々なイメージに合わせたビジュアルも公開されており、カラーバリエーションと商品数の多さから生み出される、様々なアーティスティックなメイクアップも楽しめます。

 

ザラの公式ビューティーサイトはこちらから。

 

価格帯

ZARA公式サイト

容器のサステナビリティ性に加えて、ザラビューティは手頃な価格も重視しています。

今回の商品ラインナップの中で一番高いのが、アイシャドウパレットの3,590円で、最安値(ネイルポリッシュ、メイクブラシ、リップスティック)は1,190円という価格帯です。

詰め替え用の商品はそれよりさらに低価格での提供となっており、幅広い年代層に受け入れられやすい価格設定となっています。

 

特徴、サステナビリティ

ZARA公式サイト

このビューティシリーズを作るために、ザラは著名なメイクアップアーティストであるDiane Kendal(ダイアン・ケンダル)氏とチームを組みました。

ダイアン・ケンダル氏は、ビューティ業界で高い評価を受けており、Marc Jacobs Beauty(マークジェイコブスビューティ)のビューティプロダクトコンサルタントおよびメイクアップアーティストとして活躍しているほか、Calvin Klein Cosmetics(カルヴァンクラインコスメティックス)の製品開発にも携わっています。

 

ダイアン・ケンダル氏はインタビューにて、”Zara Beautyは、高品質でクリーンな美容製品をより多くの人々に提供するチャンスです。高品質な成分とクリーンな処方という理念を、性別、年齢、肌の色、個人のスタイルを問わず、誰もが手に入れられるようにするのです”と語っており、低価格ながらも高品質な商品を発売することで、あらゆる人がメイクアップを楽しめるようにしたいという姿勢が伺えます。

 

まとめ

ZARA公式サイト

ザラの新しいビューティーシリーズは、5月12日から全世界の一部の店舗およびオンラインで販売されます。

日本では、ザラ新宿の1店舗とオンラインでの発売予定です。

 

ザラ新宿
住所:東京都新宿区新宿3丁目27-10
営業時間:11:00-22:00(土日月曜は20:00閉店)

 

オンラインでは、VRを使ったバーチャルのタッチアップサービスもオープンするそうなので、こちらもどのようなものなのか非常に楽しみですね。

 

ザラの日本公式サイトはこちらから。

 

2.5万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新してます🐰

食品からアパレルまで、800を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されますので、お楽しみに。

お買い物はこちらから。

- セレクトショップへのリンクはこちら -spot_img
spot_img
spot_img
spot_img
spot_img

新着記事

人気投稿

記事カテゴリー

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。ぜひフォローお願いします! #ハピキヌ

おすすめ記事