環境に悪いって本当?アボカドと環境の関係性を徹底解説

環境に悪いって本当?アボカドと環境の関係性を徹底解説

栄養価が高く健康や美容に良いとされるアボカドが実は環境に悪い?アボカドと環境の関係性を徹底解説していきます。

ハッピーキヌア編集部
2022年07月27日
 

ご自宅で手軽に作れる安心安全のオーツミルク。今なら以下リンクから、初回お試しセットが70%オフの2,360円でお楽しみいただけます。いますぐチェック!

環境に悪いって本当?アボカドと環境の関係性を徹底解説

クリーミーな味わいで「森のバター」とも呼ばれるアボカドは、良質な脂質が多く含まれる野菜のような果実です。

悪玉コレステロールを抑える効果のある不飽和脂肪酸や豊富なビタミン、食物繊維が含まれるアボカドは美容と健康に良いスーパーフードとして世界中で食べられています。

 

しかしそんなアボカドが、実は環境に悪い影響を及ぼすことで問題視されているのをご存知ですか?

そこで今回は、アボカドと環境の関係について徹底解説していきます。

 

アボカドの栽培によって水不足が深刻化

最初に、アボカドと水不足の問題についてみていきましょう。アボカドは、栽培する際に大量の水を必要とします。

 

平均的にアボカド栽培には1トン当たり1,800立方メートルの水が必要で、これはバナナ(790)、オレンジ(560)、スイカ(235)など多くの農作物と比べて、非常に高い水準にある。メキシコではオリンピックで使用されるプール3,800杯分の水がアボカド生産のために1日で使用される。

(引用:アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環境破壊と難民危機|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 

このように、アボカドは栽培のために他の果実と比べても多くの水を消費します。そもそもアボカドはメキシコや中米といった乾燥地帯で育てられる作物です。

ただでさえ降水量が少ない土地でアボカド生産のために大量の水を消費することで栽培地水不足が深刻化し、現地の人間にも被害が及ぶという問題がおきているのです。

 

実際にチリ最大のアボカド生産地であるペトルカでは、多くのアボカド農園が作物栽培のため違法な井戸やパイプを設置したことで、川が干上がって干ばつを引き起こしました。

干ばつを受けて現地の人々はトラックで運ばれる水の使用を余儀なくされましたが、その水には糞便中に存在する大腸菌群が法定限度よりはるかに高いレベルで含まれることが判明しました。

(参考:Chilean villagers claim British appetite for avocados is draining region dry | Food | The Guardian

 

また、2020年にはアボカド最大の生産国メキシコのウルアパンとその周辺の地域では1ヶ月間に3,247回の地震が発生しました。

地方自治体によると、アボカド関連の水抽出によって地中の水分が減少して下層土に洞窟ができたことが地震の原因だとされています。

(参考:Avocado: the ‘green gold’ causing environment havoc | World Economic Forum

 

森林破壊にも影響している

 

メキシコでは毎年約2万ヘクタールの森林が農業用に転用されています。そして森林損失の30~40%はアボカドの栽培によるもので、年間6,000~8,000ヘクタールであることがわかっています。

(参考:Forests Falling Fast to Make Way for Mexican Avocado | Global Forest Watch Blog

 

残念なことに、農家がアボカド栽培で利益を得るため違法に森林を伐採してしまうケースも少なくありません。

このような過度の森林破壊は、気候変動や生態系破壊につながります。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook