イタリア発、サステナブルなヴィーガンリキュール「ディサローノ」とは?

イタリア発、サステナブルなヴィーガンリキュール「ディサローノ」とは?

イタリアの代表的なリキュール、ディサローノのアマレットは、杏の種の核の「仁」という部分からつくられた甘い香りのするお酒です。また、動物由来の材料を一切使わずにつくられていますので、ヴィーガンの方にもおすすめです。サステナブルな取り組みにも力を入れているディサローノの魅力について、ご紹介させていただきます。

ハッピーキヌア編集部
2021年10月13日
 

ご自宅で手軽に作れる安心安全のオーツミルク。今なら以下リンクから、初回お試しセットが70%オフの2,360円でお楽しみいただけます。いますぐチェック!

イタリア発、サステナブルなヴィーガンリキュール「ディサローノ」とは?
みなさんは、イタリア生まれのアマレットリキュール「DISARONNO(ディサローノ)」をご存じでしょうか?

あんずの種の仁という部分から作られるアマレットリキュールは、まるで杏仁豆腐のような上品で甘い香りのただようお酒で、カクテルやお菓子作りなどにも利用されています。

 

また、ディサローノのアマレットは、製造過程で動物由来のものを一切使っていないヴィーガンのお酒、人工甘味料なども使われていません。

今回は、世界160ヵ国以上で愛されてやまない、琥珀(こはく)色のサステナブルなヴィーガンリキュールディサローノについて、ご紹介させていただきます。

 

ディサローノの誕生秘話

 

画像引用

ディサローノが誕生したのは、今から約600年前、1525年のイタリアです。

当時、レオナルド・ダヴィンチの弟子の画家にあたる「ベルナルディーノ・ルイーニ」が、イタリア北部の町サロンノにある教会のフレスコ画を作成するため、サロンノにやってきました。

サロンノの町に滞在中、宿泊していた宿屋の女主人の美しさに恋をした彼は、彼女をモデルにフレスコ画のマリア様の絵を描いたのです。

 

そのお礼として、宿屋の女主人は、画家「ベルナルディーノ・ルイーニ」のために、琥珀色をした特別なお酒をつくって贈りました。

そのときのお酒こそが「ディサローノ」のアマレットだったのです。

 

芸術的なボトルデザイン

ディサローノの特徴でもあるのが、ファッションの国イタリアを象徴するような、とてもお洒落なボトルの形状です。

このボトルは、ムラーノ島のガラス職人によってデザインされたものです。

 

また「ディサローノ・アイコン・プロジェクト」と称し、毎年イタリアを拠点とするファッションブランドとボトルデザインをコラボレーションし、数量限定で販売されています。

これまでには、エトロ(2016年)、ミッソーニ(2017年)、トラサルディ(2018年)など、有名なファッションブランドとコラボレーションしています。

 

最近では、2019年度に、DIESEL(ディーゼル)とコラボレーションした「Disaronno wears Diesel」ボトルが発売されました。

さらに、ボトルの発売と同時に、ディーゼルの設立した慈善活動「 オンリー・ザ・ブレイブ・ファウンデーション」も支援しています。

 

ディサローノのサステナブルな取り組みとは

ディサローノでは、以前から、アマレットリキュールの生産過程で廃棄される杏の種をリサイクルし、コスメ関連商品などに再利用するなど、自然環境への負担削減に、いち早く取り組んできました。

また、製造過程においても動物由来の材料を一切使用していないため、卵や乳製品を含む動物由来の食品を摂取しないヴィーガンの方にも安心してお楽しみいただけます。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook