ドイツ人の42%がもう肉を食べない!?ドイツのヴィーガン事情

ドイツ人の42%がもう肉を食べない!?ドイツのヴィーガン事情

ドイツでお肉を食べない人が増えている意外な事実!その理由を徹底解説。ドイツのヴィーガン食品やスーパー、クリスマスマーケットなどについてもご紹介します。

ハッピーキヌア編集部
2020年11月25日
ドイツ人の42%がもう肉を食べない!?ドイツのヴィーガン事情

4.NEXT LEVEL MEAT ヴィーガンミート

こちらの商品は、Lidlという欧州を中心に展開しているスーパーが販売している、ヴィーガンミートブランドです。

このLidlというスーパーは、一般庶民向けの低価格スーパーである事からも、ドイツでいかにヴィーガン食品の需要が増えているのかが分かりますね!

公式サイト:Lidl

 

5. Pläin 植物性ミルク(フライジング)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by pläin GmbH (@plaein_original)

こちらの商品は、牛乳の風味、そして舌ざわりなど、牛乳に近く作られている特徴があります。

牛乳に近い味わいを求めつつ、健康や環境・動物への配慮にも関心のある方におすすめです。

 

公式サイト:pläin GmbH

 

6. Nu+Cao チョコレートバー(ドレスデン)

こちらの商品は、栄養価の高さに加え、環境負荷の少ない特徴があります。

砂糖はココナッツの花蜜で代用し、砂糖の使用料を65%減らしているのも大きな魅力です。

また、包装にはプラスチックは使用せず、1商品につき数セントを、NGO団体「エデン・森林再生プロジェクト」に寄付してもいるようです。

 

公式サイト:the nu company GmbH

 

7. Bio-Fruchtgummi フルーツグミ(ハンブルク)


こちらの商品は、100%オーガニック素材を使用し、ゼラチンや甘味料、グルテン、砂糖など一切不使用です。

ナチュラルな甘み、そして、フルーティーな味わいが楽しめ、お子さんにも安心です。

また、商品の売り上げの一部は、障害障のお子さんのいる家庭を支援する団体に寄付しています。

 

公式サイト:Foodloose GmbH

 

ヒマワリの種やひよこ豆、カシュナッツなど、目新しい素材を使用したヴィーガン食品の開発に、今後もいろいろな植物性の素材から、魅力ある商品が生み出される可能性を感じます。

 

ドイツは、健康志向や環境問題に関心の高い人が多く、オーガニックの商品を扱うスーパーやマーケットも多いようです。

そこで、ドイツのヴィーガン事情を知るうえで気になる、スーパーマーケットを次にご紹介します。

 

初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら ソイミート7種の実食レビュー記事はこちら
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook