ドイツ人の42%がもう肉を食べない!?ドイツのヴィーガン事情

ドイツ人の42%がもう肉を食べない!?ドイツのヴィーガン事情

ドイツでお肉を食べない人が増えている意外な事実!その理由を徹底解説。ドイツのヴィーガン食品やスーパー、クリスマスマーケットなどについてもご紹介します。

ハッピーキヌア編集部
2020年11月25日
ドイツ人の42%がもう肉を食べない!?ドイツのヴィーガン事情

ドイツのスーパーマーケット事情

 

View this post on Instagram

 

A post shared by BIO COMPANY (@biocompanyofficial)

ベルリンには、ヴィーガンスーパーマーケット「Veganz」があります。

2,500以上の植物ベースの食品だけでなく、70以上の肉やソーセージの代替品、80の植物ベースのチーズの代替品、サーモンのヴィーガン代替品など、かなりの数のパッケージ化されていない革新的な製品を購入することが可能です。

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Veganz (@veganz)

また、ドイツには、ビオ(Bio)スーパーマーケットという、オーガニック専門のスーパーも多くあります。

「Bio」とはドイツ語の「Biologisch(ビオロギッシ)」の略であり、英語の「organic(オーガニック)」と同じで、「有機」という意味です。

ヴィーガン・ベジタリアン食品専門店ではありませんが、地産地消費を重視し、生鮮食品は近郊の農家で採れたものを中心に販売しているようです。

野菜や果物、穀物、魚介類、乳製品、調味料、そして、コスメや日用品なども売られています。

また、最近では環境問題を意識し、パッケージを減らすため、量り売りされた、ナッツやドライフルーツ、雑穀類、シリアル、お菓子などを扱う店舗も増えているようです。

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by BIO COMPANY (@biocompanyofficial)

このビオスーパーマーケットは、ドイツに多く展開しており、以下のチェーンが有名です。

  • Bio Company (ビオ・カンパニー)
  • Alnatura (アルナチュラ / アルナトゥーラ)
  • Basic (ベーシック)
  • denn’s Biomarkt (デンズ・ビオマルクト)

 

Bioスーパーに限らず、一般的なスーパーやマーケット、ドラッグストアでもBio商品が多く揃っており、ドイツでいかにオーガニック商品の需要があるのかが分かります。

 

参考までに、Bio製品にはBio認証マークがついています。

 

認証されるには、以下の様な厳しい基準が定められています。

  • 農薬や化学肥料を使っていない
  • 環境ホルモンや遺伝子組み換えも除いた有機製法で製造された製品
  • 家畜の飼育が適切な環境で飼料も有機のものを使用している

このような基準をクリアした商品を購入できるのは、エシカル消費を実践することにもなります。

 

「エシカル消費」に関する詳しい記事も参考にしてください。

 

ドイツと言えば、クリスマスマーケットですね。

クリスマスも近いですし、ヴィーガンの多い国ならではの「ヴィーガンクリスマスマーケット」に関して、次にご紹介します。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook