未来のために、環境活動家として世界を巻き込み奮闘するグレタ・トゥーンベリを徹底解説

未来のために、環境活動家として世界を巻き込み奮闘するグレタ・トゥーンベリを徹底解説

スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさん。完全菜食主義のヴィーガンでもある彼女の生い立ちや、気になるエピソードなどを、ご紹介します。

ハッピーキヌア編集部
2023年01月22日
未来のために、環境活動家として世界を巻き込み奮闘するグレタ・トゥーンベリを徹底解説
2019年9月23日、国連気候変動サミットで、当時16歳の「グレタ・トゥーンベリ」さんによるスピーチが行われました。

大気中の温室効果ガスがもたらす急激な気候変動によって、このまま地球温暖化が進めば、生活環境は悪化し、持続可能な未来は望めません。

 

持続可能な未来の地球のために、私たちができることとは?

 

未来の世代へと受け継がれる地球環境を守るため、情熱的に活動を続けるスウェーデンの若き環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんを、ご紹介します。

 

若き環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんとは

この投稿をInstagramで見る

 

Greta Thunberg(@gretathunberg)がシェアした投稿


環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんは、2003年1月3日、スウェーデンの首都、ストックホルムで生まれました。

彼女の父は、元俳優のスヴァンテ・トゥーンベリ、母は、有名なオペラ歌手のマレーナ・エルンマンで、グレタさんの2歳下の妹のベアタさんは、スウェーデンの歌手として活躍されています。

 

グレタさんは、11歳の時「海洋プラスチックゴミのドキュメンタリー」映像を見たことがきっかけで、気候変動を知ることになりました。

それからというもの、地球の未来に不安を抱いてしまい、摂食障害で何度も入院することになってしまいました。

 

その後、生活習慣を変え、自然環境保護のために自らヴィーガンになった彼女は、15歳の時、ストックホルムの国会議事堂の前に一人で座り込み「気候のための学校ストライキ」を始めたのです。

 

現在、20歳になった彼女は、環境保護活動家のリーダーとして世界中で活躍しています。

 

ヴィーガンになったきっかけとは

この投稿をInstagramで見る

 

Greta Thunberg(@gretathunberg)がシェアした投稿

卵や乳製品ハチミツなどを含む、動物由来の食品を一切摂取しない食事をする方たちを「ヴィーガン」とよびます。

グレタさんは、12歳の時、地球環境を守るために、自ら肉を食べるのをやめました。

 

食肉(特に牛)を育てるためには、大量の水やエサなどの資源が必要ですし、たくさんの温室効果ガスが排出されるため、自然環境に悪いと考えたからです。

 

その後、グレタさんの両親も、彼女の説得や信念に影響を受け、2016年からヴィーガンの食生活に切り替えたようです。

 

初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら ソイミート7種の実食レビュー記事はこちら

LINE

Facebook