ガムの原材料に動物性成分?ガムベースの原料について徹底解説&ヴィーガン対応商品の見分け方

ガムに含まれている原材料に、動物性の成分が一定数入っている?ヴィーガン対応ガムの見分け方、市販のガムがなぜヴィーガン対応でないのかを徹底解説いたします。

ガムは世界中で愛される嗜好品です。口が寂しいときや、虫歯予防のためにガムを噛んでいる人も多いことでしょう。

しかし、意外とも思われるかもしれませんが、ガムには動物性成分を原料としている場合があります。

 

この記事では、ガムに含まれている動物性成分とその見分け方を解説しています。

 

ガムの主な素材は植物性樹脂・合成樹脂

まず、ガムは、植物性樹脂もしくは合成樹脂から作られています。

植物性樹脂はコストがかかるため、現在コストの問題から多くのガムが合成樹脂であり、主に「ポリ酢酸ビニル」を原材料としています。

 

ポリ酢酸ビニルは、アセチレンという分子に酢酸を付加して作られる合成樹脂で、接着剤やビニールにも作われることがある素材でもあります。

 

そしてそのポリ酢酸ビニルに炭酸カルシウムを加え、堅さをつけたものを「ガムベース」と呼びます。

ガムベース自体は、動物性成分を含まないためヴィーガンの方が食しても問題はありません。

 

添加物に動物性成分が含まれていることがある

ガムベースに動物性成分は含まれていませんが、ガムの「添加物」に動物性成分が含まれていることがあるのです。

ガムの食感のみの特徴を持つガムベースに、甘さをつける「甘味料」や、また食感を変化させるための様々な成分を添加しますが、その中に動物由来の成分が入っていることがあるというわけです。

 

ガムに含まれている可能性がある動物性成分は以下の通りです。

  • ゼラチン
  • カーマイン・ラッカイン酸
  • グリセリン
  • ステアリン酸
  • レシチン

 

ゼラチンは、有名かもしれませんが、動物の豚や牛のひづめや関節、骨や皮から生成されます。

ゼラチンを使用することによってガムの歯ごたえを生み出していますが、ゼラチンが含まれている場合ヴィーガン非対応となります。

 

カーマインは、コチニールカイガラムシという虫由来の成分ですので、こちらもヴィーガン非対応。同様にラッカイン酸はラックカイガラムシという虫から作られているためヴィーガンの方は避けましょう。

カーマインもラッカイン酸も赤の色素ですので、全体が赤っぽい色のガムがあれば含まれている可能性が高くなります。

他の色素であれば、植物性のものが基本であるため、気にしなくても大丈夫です。

 

グリセリンは、動物の脂肪を加水分解した無色透明な液体であり、甘味料として利用されます。

ガムのおいしい甘みをのために添加されますが、甘さに加えて保水性も高いことからガムを滑らかにしますが、時に動物由来の場合があります。

グリセリンは基本的に植物由来なので入っていても大丈夫なことが多いものとなりますが、グリセリンが動物由来か植物由来かを確認することは困難です。

厳密に判断したい方は避けたほうがよいでしょう。

 

ステアリン酸は、牛の脂肪を由来とする動物性のワックス。

脂肪酸によって保水効果によってガムを滑らかな食感にしたり、粘度を安定させるという役割を持ちます。

牛の脂肪を由来とするためヴィーガン非対応です。ただし、ステアリン酸が含まれているガムはあまり多くないため、そこまで気にしなくてもいいかもしれません。

 

レシチンは、大豆もしくは卵黄から作られる乳化剤です。

レシチンには水と油を混ぜ合わせる働きがあるので、添加することによってガムがジューシーになります。

大豆由来のものはヴィーガン対応ですが、卵黄から作られるものはヴィーガン非対応です。

 

動物性成分が含まれていないガムを選ぶには?

それでは、動物性成分が含まれていないガムはどうやって選べばよいのでしょうか?

結論から言うと、ガムに動物性成分が含まれていないか上記のポイントを抑えた上で、原材料をチェックして選ぶということになります。

 

ガムに含まれている動物性成分の種類はそれほど多くないため、簡単な項目をチェックすることで回避可能です。

原材料は実際の製品の後ろにあるものを読んでもいいですし、商品名をネットで調べて見ることもできます。

 

ガムの動物性成分を避けるために、具体的に以下のポイントをチェックしましょう。

  • ゼラチンが含まれていないかをチェック
  • 甘味料をチェック
  • 着色料をチェック

 

ゼラチンが含まれていないかをチェックする

まずは、ゼラチンが使用されていないことを、原材料表をチェックして確かめましょう。

ゼラチンはほとんどの場合動物性成分ですので、原材料に含まれていたら避けましょう。

 

傾向としてゼラチンは、清涼感のあるガムよりも、フルーツ味などのお菓子系のガムに多く含まれています。お菓子系のガムは、ジューシーさを増して味を向上するために使うためです。

よって、ガムに含まれているゼラチンを避けたい場合はミントやメントール、シトラスといった味を選ぶと見つけやすいかと思います。

 

甘味料をチェックする

次に、甘味料にグリセリンが含まれているかどうかをチェックしましょう。

前述の通りグリセリンには動物脂肪から作られるものがあるため、ヴィーガン非対応です。

「甘味料()」という項目の()の中に書かれていますのでそこにグリセリンがないかをチェックします。

 

なお、甘味料に関しては、こちらの記事が王道でよくわかります。

21年間コンビニで販売している食品を欠かさずに調べ続けた私が選んだ、最も危険な食品添加物10選

 

着色料をチェックする

最後に、着色料に「コチニール色素」「ラッカイン酸」が含まれていないかをチェックします。どちらも虫から作られているため、ヴィーガン非対応です。

ガムの原材料には着色料という項目があるので「着色料()」にコチニール色素やラッカイン酸が含まれていないかを見ましょう。

 

また、どちらも赤い色素ですのでガムの色を見て、全体が赤みがかかっている場合は、原材料を見なくても判断できるかもしれません。

 

動物性成分が含まれている可能性の高いお菓子

ここからは、ガム以外にも、動物性成分が入っている可能性が高いお菓子を紹介していきます。

 

グミ

グミは多くの場合、動物性成分のゼラチンが含まれている製品であるため避けたほうが無難です。また、鮮やかに着色されているものが多いため、カーマインやラッカイン酸が使われている可能性も高いです。

ヴィーガンの方でグミを食べたい場合、植物由来成分「ペクチン」からできたペクチングミを選択しましょう。

ペクチングミは通常のグミと多少食感が異なりますが、グミのような味わいを楽しむことができる良い代替品です。

ハッピーキヌアではヴィーガン対応グミを扱っています。

ご購入はこちらから。

 

チョコレート

チョコレートもまた、動物性脂肪が含まれていることが多いため、ヴィーガンの方は避けたほうがいい食品です。

ヴィーガンの方でチョコレートを食べたい場合、動物性成分を使用していないチョコレート「ヴィーガンチョコレート」を探すとよいでしょう。

ヴィーガンチョコは、「カカオ」「カカオバター」を主原料としており、乳製品や砂糖を使用していないため、ヴィーガンの方でも安心して召し上がれます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

記事の内容をおさらいすると、ガムについては、食感の元となる「ガムベース」に動物性成分は含まれていませんが、「添加物」に動物性成分が含まれることがあります。

幸いにも、ガムに含まれている動物性成分の種類はそれほど多くないため、簡単な基準をもって原材料表示を見れば見分けることが可能です。

 

ハッピーキヌアではヴィーガン対応のお菓子を数多く取り扱っていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。(販売されてるすべての商品がヴィーガン対応です)

ご購入はこちらから

Amazonで購入できる「SIMPLY GUM」というガムはヴィーガン対応です。ご購入はこちらから

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ