JUST Egg(ジャストエッグ)が目標金額30億ドルでのIPOを予定!注目情報をお届け

急成長中のヴィーガン卵「JUST Egg(ジャストエッグ)」。スタートアップ企業「Eat Just(イートジャスト)」は、30億ドル(3,000億円)もの新規株式公開が間近とされています。

世界人口は2050年までに100億人近くになると概算されており、食糧不足が予想されています。

さらに、現在の畜産のシステムは地球環境に多くの悪影響を及ぼす問題があるため、その両方の問題を解決する「持続可能な食料」の登場が急がれています。

 

そんな中で、持続可能な食料として大きな期待がかかるのが、ヴィーガン卵「JUST Egg(ジャストエッグ)」です。

「JUST Egg(ジャストエッグ)」を主力商品とするスタートアップ「Eat Just(イートジャスト)」は、30億ドル(3,000億円)ものIPOが間近とされています。

この記事では、ジャストエッグの最新情報をお届けします。

 

JUST Egg(ジャストエッグ)とは?

JUST Egg(以下ジャストエッグ)とは、アメリカスタートアップ「Eat Just(以下イートジャスト)」の開発する、「植物性卵」です。

緑豆由来のヴィーガン卵であるジャストエッグは、溶き卵のような製品であり、加熱することで様々な卵料理になります。

例えばスクランブルエッグやオムレツ、キッシュといったものです。

 

ジャストエッグは、緑豆タンパク質から製造されています。

緑豆は、日本でおなじみの「もやし」の種。

ヴィーガンプロテインとして知名度がある、「ピープロテイン」のような豆のタンパク質の抽出物からできています。

 

ジャストエッグの特徴

ジャストエッグには以下のような特徴があります。

  • 地球環境にやさしい
  • ヴィーガンの方の健康維持として
  • ヴィーガンの方でも卵を食べられる

 

地球環境にやさしい

ジャストエッグは、畜産をせずに製造し、二酸化炭素の排出量など発生を抑えられるため地球にやさしいというメリットがあります。

従来の畜産には以下のような問題があり、代替タンパク質が模索されていました。

  • 二酸化炭素を多く排出する
  • 大量の水資源を使用する

 

畜産の過程でとうもろこしや小麦といった餌の輸送により、多くの二酸化炭素が発生します。

また、水の大量消費は水の枯渇や水質汚染を引き起こすため、改善が急がれているのです。

 

その一方で、ジャストエッグは畜産による同量のタンパク質生産に対して、以下のような資源削減が可能。

  • 水の使用量:98%減
  • 二酸化炭素:93%減
  • 土地の使用面積:86%減

参考:ジャストエッグ公式サイト

 

ジャストエッグは、2021年7月時点で、1億6000万個の卵に相当するヴィーガン卵を販売してきました。

これにより畜産で同等のたんぱく質を製造すること比較して、2,300万kgの二酸化炭素、9,400エーカー(約38平方キロメートル)の土地、58億ガロンの水を削減できたと発表しています。

 

ヴィーガンの方の健康維持として

また、ジャストエッグはヴィーガンの方が不足しがちなタンパク質を補給できるということもメリットです。

タンパク質は動物性食品に多く含まれているため、ヴィーガンの方であれば意識して摂取しないと不足しがちな栄養素。

ですが、ジャストエッグであればおかずとして無理なく摂取できます。

また、コレステロールがゼロかつ、動物性食品に豊富に含まれる飽和性脂肪も含まれていないことも、ヘルシーで嬉しいポイントです。

 

ヴィーガンの方でも卵を食べられる

ジャストエッグなら、卵を食することができないヴィーガンの方でも安心して卵料理を楽しむことができます

ジャストエッグは、徹底した管理の元、原材料のほかにも一切動物性の素材を使用していないためです。

ただし、ジャストエッグは溶き卵のような形態であるため、目玉焼きやポーチドエッグといった黄身と白身が分離した卵料理は作ることができません。

 

ジャストエッグの味は?

多くのメリットがあるジャストエッグですが、肝心の味はどうなのか気になるところですよね。

日本、海外の体験記事を見てみると、ジャストエッグの味は「ほとんど卵」とのこと。

特にスクランブルエッグであれば本物の卵と変わりないという意見が多くありました。

 

その一方で、食感に関しては卵とはほど遠い部分もあるようです。

これは、ジャストエッグは卵白のような粘り気がある成分がないことが原因のようです。

 

「Eat Just(イートジャスト)」は新規株式公開(IPO)を検討中!

2021年6月、イートジャストのCEOであるジョシュテトリックは、「新規株式上場公開する意向」を明らかにしました。

具体的には、「2021年末までの売り上げが、目標に達成したら」とのこと。

ですが、現在のイートジャストの好調具合からIPOは確実視されています。

今期既に卵1億個分のジャストエッグを販売したイートジャストの業績は極めて良好であり、このペースでいけば目標を達成するためです。

 

元々、ジャストエッグは2020年のパンデミックの影響で景気後退が予測されていたため、IPOには消極的でした。

しかし、そんな2020年でも売上は伸び、2021年も好調であることから、需要を確信しIPOに踏み切るようです。

なお、IPOは早くて2022年の初頭と見られており、多くの投資家やヴィーガンの方の注目を集めています。

 

時価総額30億ドルになると予想される

もし新規株式上場すれば、30億ドル(3,000億円)もの時価総額になると予想されています。実現すれば超大型のIPOとなることでしょう。

なぜここまでの金額が予想されているかというと、開発の遅れている「ヴィーガン卵」を牽引し、巨大な市場を作る可能性を秘めているからです。

 

ヴィーガン卵は植物ベースの中でも市場規模が小さく、最も開発の遅れている植物ベースタンパク質でした。

これまでのヴィーガン卵は、味や安全性といった食べ物としての質の部分で難しさがあったためです。

 

しかし、十分な味と質を持つと認定されたジャストエッグはこれらの問題を解決し、ヴィーガン卵の巨大産業へとって変わることを期待されています。

新規株式上場で得た潤沢な資金により今後のジャストエッグの生産量を増加させる計画があります。

さらに、テトリック氏は、今後コストを下げるためによりタンパク質の抽出量を上げる方法を研究しているとのことです。

 

まとめ

ヴィーガン卵「JUST Egg(ジャストエッグ)」を主力とするスタートアップ「Eat Just(イートジャスト)」は2021年6月に新規株式公開(IPO)を検討していることを示唆しました。

実際に決定するのは2021年度の売上が出てからですが、現状の売り上げからほぼ確実と見られています。

もしこのIPOが実現したら30億ドル(3,000億円)以上の調達額となる予定で、ヴィーガン卵市場を大きく牽引することが期待されています。

 

ジャストエッグの売り上げが拡大すれば、日本のヴィーガンの方にもお求めやすい価格で上陸する可能性があります。続報を待ちたいところです。

こちらの記事もご参照ください。

【驚異の植物性フード】アメリカ西海岸発のJUST Eggの魅力を徹底解説

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ