【驚異の植物性フード】アメリカ西海岸発のJUST Eggの魅力を徹底解説

【驚異の植物性フード】アメリカ西海岸発のJUST Eggの魅力を徹底解説

アメリカの西海岸発!話題のヴィーガン完全対応の卵JUST Eggの魅力を徹底解説します!本当に卵のような味わいなのか、主成分は何なのか、食べた感想交えてレビューいたします。

ハッピーキヌア編集部
2020年09月23日

原材料はオーツ麦と酵素の2つだけ。自分で必要な分だけ作って楽しめる新しいオーツミルク Earth MILKを試してみませんか?今だけ初回お試しセットが¥7,860→¥2,360に。以下のリンクから限定で送料無料になります。この機会にぜひ。

サスティナブルなオーツミルクの通販サイト|Earth MILK
【驚異の植物性フード】アメリカ西海岸発のJUST Eggの魅力を徹底解説
皆さん、100%植物由来の加工食品に多くの種類があることをご存じでしょうか。肉・魚・卵・乳製品を口にしないヴィーガンの方にとって欠かせないものです。

主に、自身の健康を考慮し、また環境保全や動物愛護の観点からヴィーガン生活を続け、植物性食品を口にしている方も多くいらっしゃいます。

そんな植物性食品の中でも、今回は話題のJUST Egg(ジャスト エッグ)をご紹介します。

 

100%植物由来「鶏から生まれていない卵」

JUST Eggパッケージ

JUST Eggは、その名称からわかる通り、一般的な卵とは大きく異なります。遺伝子組み換えを行っていない「緑豆(りょくとう)」を原料とした植物性食品です。いわば、植物由来、ヴィーガンの「鶏から生まれていない卵」です。

緑豆は、豆の一種ですが、大豆や小豆などと比べてその存在自体はあまり知られていません。しかし、私たちの身近なところには存在しており、日本ではこの緑豆の発芽した茎の部分が有名で、これは「もやし」として広く知られています。たんぱく質をはじめ、鉄分や食物繊維が豊富に含まれており、緑豆自体も健康的な食品として知られています。

JUST Eggは、卵はもちろん含まれていないのでコレステロールフリーでありながらも、たんぱく質豊富な緑豆を原材料として用いているため、一般的な鶏卵(けいらん)と比較しても栄養的に遜色ないものとなっています。

 

アメリカ西海岸カリフォルニア州で生まれる

California

JUST Eggは、アメリカの西海岸、サンフランシスコのスタートアップ企業「JUST」が開発しました。

JUST社は、過去にも卵を使わないヴィーガンマヨネーズ「JUST Mayo」など、植物性の鶏卵代替食品を開発してきました。卵を他の食品で置き換えることはそう簡単ではなく、今までも数多くの企業が開発に着手してきましたが、味や食感、栄養素などの問題から、なかなか完全に置き換えるような食品は出来ませんでした。

しかし、JUST社は長い年月をかけて、2017年に「JUST Egg」の開発に成功しました。豆で作ろうという発想が素晴らしいですよね!

 

アメリカのスーパーでは普通に販売されている

現在のアメリカでは、オーガニック系スーパーの最大手である「Whole Foods(ホールフーズ)」や「Walmart(ウォルマート)」など、一般的なスーパーマーケットでも販売されており、簡単に手に入れることができます。価格は、1本あたり$4.99と、お手頃なのも魅力的です。

 

使用感は鶏卵とほぼ変わらない

JUST Eggは、鶏卵のような形をしているわけではなく、溶き卵のような感じになっています。そのため、基本的には調理する必要があります。内容量は、1本で355mlであり、3食分のオムライスを作ることができる程度の量となっています。

 

調理は、通常の溶き卵と同様に扱うことができ、油を引いたフライパンに流し込めば、簡単にスクランブルエッグを作ることができます。

使用感としては、ボトルの蓋を開けてそのまま使えるのは非常に便利です。ボウルに入れて溶く必要がなく、手間も洗い物も増えないため、非常に便利です。また、要冷蔵ではありますが、消費期限は60日と通常の卵と比較しても長く、いっぺんに使い切らなくて済むのも嬉しいポイントです。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook