【ヴィーガン対応】話題の植物性代替肉、4選徹底比較(ビヨンドミート、ネクストミーツ)

【ヴィーガン対応】話題の植物性代替肉、4選徹底比較(ビヨンドミート、ネクストミーツ)

話題のヴィーガン完全対応の植物性代替肉の魅力を、4選比較して徹底解説。本当に肉のような味がするのか、健康には問題ないのか、様々な疑問を解決する情報をお届けします。

ハッピーキヌア編集部
2020年09月25日
 

ご自宅で手軽に作れる安心安全のオーツミルク。今なら以下リンクから、初回お試しセットが70%オフの2,360円でお楽しみいただけます。いますぐチェック!

【ヴィーガン対応】話題の植物性代替肉、4選徹底比較(ビヨンドミート、ネクストミーツ)
皆さん、植物性代替肉(だいたいにく)をご存じでしょうか。ヴィーガンの方でも、肉の食感・味を楽しめるヴィーガン生活を続けるうえで欠かせないものです。

世界中の食肉加工会社が、植物性代替肉の研究開発・販売を行っており、最近では、ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が大豆由来の代替肉を用いたフライドチキンを販売するなど、話題となっています。

今回は、そんな植物性代替肉の中でも、「肉の代用品」という概念を超えた、肉とほぼ同じ味・食感を楽しめる話題の植物性代替肉4つを比較しながら紹介します。

 

そもそも代替肉とは何なのか

画像:Beyond Meat

代替肉をひとことでいえば、「肉の代わりになる食材」のこと。動物細胞を培養して製造された培養肉や、昆虫でさえも、肉の代わりに用いるのであれば、代替肉です。

つまり、豆腐やこんにゃくも、使い方次第では立派な代替肉ということになります。

 

その中でも植物性代替肉は、「植物由来の素材(プラントベース)を100%用いた代替肉」です。

有名なもののほとんどは、大豆などの豆類からつくられていることが多く、ヴィーガンやベジタリアンの方でも安心して口にすることができます。

 

また、ヴィーガンの方に限らず、カロリーの高い肉を避ける目的から、豆腐ハンバーグや冷凍こんにゃくなど、ダイエット界隈でも代替肉は注目を集めています。

しかし、これらはあくまでも「肉の代用品」というイメージが強く、肉と同じ味がするかというと、そうではないですよね。

 

健康に良さそうなイメージがある反面、「本当に肉の味がするの?」「美味しいの?」などと疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。

 

そんなイメージを払拭する「肉の代用品」という概念を超えた、肉とほぼ同じ味・食感を楽しめる話題の植物性代替肉4つを紹介していきます。

 

想像を超えて肉!植物性代替肉4選

1.ビヨンド・バーガー(ビヨンド・ミート)

画像:Beyond Meat

ビヨンド・ミート(Beyond Meat)」社は、2009年にアメリカのカリフォルニア州で誕生したスタートアップ企業です。

ヴィーガン対応のプラントベーストミートを開発しており、最も人気の代表商品は、肉汁溢れるジューシーな、バーガー用の「ビヨンドバーガー」です。「生肉」の状態で販売されており、その見た目も肉そのもの。

 

その他に販売している商品としては、ケンタッキー・フライド・チキンにも用いられている「ビヨンドチキン」や、味がついているので熱を加えればそのまま食べてもおいしい「ビヨンドソーセージ」、そぼろやミートボールなどバーガー以外にも幅広く使える「ビヨンドビーフ」など、数多くのバリエーションがあります。

カロリー高め、ジャンキーな印象のあるケンタッキーのフライドチキンも、ビヨンドチキンで植物由来となると、より親しみやすくなりますね。ベジタリアンや健康志向の方にもおすすめできる商品です。

ビヨンドソーセージは、プレーンのもの以外にも、味がついているものも幾つかあり、使いたい状況に合わせて選べるところも、便利でおすすめです。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook