ネスプレッソが実践するサステナブルな取り組みとは?内容を徹底解説

カプセル式のコーヒーで有名なネスプレッソ社は、とてもサステナブルな企業です。その内容について、詳しく解説していきます。

カプセル式のコーヒーでおなじみのネスプレッソ(Nespresso)株式会社は、創業以来30年以上にわたって企業理念でもある「サステナビリティ(持続可能性)」を意識しながら、環境保全への取り組みを続けている企業です。

 

地球環境の保全につとめ、コーヒー豆の生産農家の方たちとのフェアトレードを徹底し、高品質なコーヒーを提供し続けているネスプレッソが実践しているサステナブルな取り組みとは?

その詳細について、みなさんに解説させていただきます。

 

2050年コーヒー問題とは

ネスプレッソのコーヒーメーカーは、本体に専用カプセルをセットした後、ボタンを押すだけで簡単にコーヒーを抽出することができるのが特徴です。

 

美味しいコーヒーをいれるためには、もちろん良質なコーヒー豆が必要不可欠ですよね。

しかし、近年の地球温暖化による気候変動などの影響により、コーヒーの産地であるコーヒーベルト(熱帯や亜熱帯地方)も、異常な暑さや干ばつなどに見舞われています。

 

気候の変化はコーヒーにとってもストレスとなり、さび病などの病気を引き起こしやすくなってしまいます。

その結果、コーヒーの栽培が困難になってしまったり、転作を余儀なくされるコーヒー農園も近年では増加傾向にあるようです。

 

このまま温暖化が進めば、2050年にはコーヒーの生産量が、現在の半分まで減少するともいわれています。

コーヒー豆の生産地や収穫量の減少は、そこで働く生産者たちにとっての死活問題であり、その地域の貧困にもつながりかねません。

 

地球環境の保全やコーヒー農家を守り、持続可能な高品質のコーヒーを提供するため、ネスプレッソは以下のことに取り組み続けています。

 

サステナブルなコーヒーのために

ネスプレッソでは、「AAAサスティナブル・クオリティプログラム」を2003年に開始し、以下の3つの「A」を大切に、環境に優しいサステナブルなコーヒー作りを心がけています。

 

1.品質(1つめのA)

世界中で生産されるコーヒー豆の中から、上位1~2%の厳選されたものが、ネスプレッソのグラン・クリュコーヒーの原料になります。

また、ネスプレッソのコーヒー農園で生産されたコーヒー豆のおよそ30%が、この厳しい基準をクリアしてグラン・クリュコーヒーの原料となります。

残りのコーヒー豆については、サステナブルコーヒーとして他のバリューチェーンに販売されています。

 

2.持続(2つめのA)

NPO環境保護団体SAN(サステナブル・アグリカルチャー・ネットワーク)の定める社会・環境水準(フェアトレード)にのっとり、生産者であるコーヒー農家の方たちの労働水準や環境の向上を心がけています。

この「フェアトレード取引」により、発展途上国の生産者の方たちが経済的に自立ができるよう支援を続けています。

 

3.生産性(3つめのA)

コーヒー農家の方たちの生産性が向上し、より利益が上がるようにサポートし続けること。

高品質なコーヒー豆の生産者には、市場よりも高額な報酬を保証するなど、結果にコミットするシステムを導入しており、そのことが生産者の保護や、高品質のコーヒー豆の生産につながっています。

 

ネスプレッソは、上記の3つのプログラムを実践することにより、持続可能で高品質なコーヒーを提供し続けているのです。

 

(出典:コーヒー・エスプレッソマシン ネスプレッソ公式)

 

リサイクル可能なコーヒーカプセル

楽天ネスプレッソ公式ストアより引用

 

ネスプレッソのコーヒーメーカーで使うコーヒーカプセルのパッケージには、無限にリサイクル可能な素材であるアルミが使用されています。

このカプセルに使われているアルミは、持続可能な製造過程で、炭素排出基準を守って生産されたものです。

 

現在、世界50カ国に10万ヶ所以上、ネスプレッソのカプセル回収地点があり、そこで回収されたパッケージは、飲料の缶や自転車、パソコンの部品などの新しいアルミ製品として生まれ変わります。

また、カプセルの中に入っているコーヒー粉には豊富な窒素が含まれているため、野菜などを育てるたい肥としても再利用されており、リサイクルとリユースで地球環境の保全にも貢献しているのです。

 

カーボンニュートラル達成のために

「カーボンニュートラル」とは、脱炭素社会という意味で、酸化炭素の排出量をプラス・マイナスゼロにして、大気中の二酸化炭素の全体量を増減させないという取り組みのことです。

 

ネスプレッソは、事業によって排出する二酸化炭素をプラスマイナスゼロにする「カーボンニュートラル」を2017年に達成しています。

また、2022年末までに、コーヒーやエスプレッソ飲料(カプセルを含む)をすべてカーボン・ニュートラルにすることを、目標に掲げています。

さらに、ネスプレッソは「最終的には全ての事業を100%再生可能なエネルギーでまかなうこと」を目標としています。

 

カーボンニュートラルについては、ハピキヌのこちらの記事も参考になさってください。

脱炭素って知ってる?内容と身近で取り入れる事ができる実現方法を徹底解説

 

森林の保全と再生への支援

ネスプレッソは、カーボンニュートラルの一環として、環境団体と連携し、コーヒー農園や周辺の土地などで植樹活動を行っています。

コーヒーの木の周辺に植樹することにより、木陰ができて日よけとなりますし、病害虫などからも守ってくれます。

 

さらに、樹木の根っこは、豪雨などで土壌が浸食されるなどの自然災害から守ってくれますし、有機物として土壌を肥やし、二酸化炭素も吸収してくれます。

コロンビアやコスタリカなどのコーヒー豆生産国において、引き続き植樹活動を続け、今後は、現在の3倍になるような植樹を目指していくようです。

 

まとめ

ネスプレッソは、地球や自然環境に配慮しながら、持続可能で高品質なコーヒーを提供し続けています。

また、コーヒー豆の栽培農家の方への技術の提供や農業システムの構築、フェアトレードなどのサステナブルな取り組みを通じ、生産者の方たちがより良い生活を送れるよう、サポートしています。

持続可能な未来への目標達成に向けて、地球環境にも、人にも優しいネスプレッソのようなサステナブルな企業が増えていくことを切に願います。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ