ネスプレッソが実践するサステナブルな取り組みとは?内容を徹底解説

ネスプレッソが実践するサステナブルな取り組みとは?内容を徹底解説

カプセル式のコーヒーで有名なネスプレッソ社は、とてもサステナブルな企業です。その内容について、詳しく解説していきます。

ハッピーキヌア編集部
2021年08月07日

原材料はオーツ麦と酵素の2つだけ。自分で必要な分だけ作って楽しめる新しいオーツミルク Earth MILKを試してみませんか?今だけ初回お試しセットが¥7,860→¥2,360に。以下のリンクから限定で送料無料になります。この機会にぜひ。

サスティナブルなオーツミルクの通販サイト|Earth MILK
ネスプレッソが実践するサステナブルな取り組みとは?内容を徹底解説
カプセル式のコーヒーでおなじみのネスプレッソ(Nespresso)株式会社は、創業以来30年以上にわたって企業理念でもある「サステナビリティ(持続可能性)」を意識しながら、環境保全への取り組みを続けている企業です。

 

地球環境の保全につとめ、コーヒー豆の生産農家の方たちとのフェアトレードを徹底し、高品質なコーヒーを提供し続けているネスプレッソが実践しているサステナブルな取り組みとは?

その詳細について、みなさんに解説させていただきます。

 

2050年コーヒー問題とは

ネスプレッソのコーヒーメーカーは、本体に専用カプセルをセットした後、ボタンを押すだけで簡単にコーヒーを抽出することができるのが特徴です。

 

美味しいコーヒーをいれるためには、もちろん良質なコーヒー豆が必要不可欠ですよね。

しかし、近年の地球温暖化による気候変動などの影響により、コーヒーの産地であるコーヒーベルト(熱帯や亜熱帯地方)も、異常な暑さや干ばつなどに見舞われています。

 

気候の変化はコーヒーにとってもストレスとなり、さび病などの病気を引き起こしやすくなってしまいます。

その結果、コーヒーの栽培が困難になってしまったり、転作を余儀なくされるコーヒー農園も近年では増加傾向にあるようです。

 

このまま温暖化が進めば、2050年にはコーヒーの生産量が、現在の半分まで減少するともいわれています。

コーヒー豆の生産地や収穫量の減少は、そこで働く生産者たちにとっての死活問題であり、その地域の貧困にもつながりかねません。

 

地球環境の保全やコーヒー農家を守り、持続可能な高品質のコーヒーを提供するため、ネスプレッソは以下のことに取り組み続けています。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook