スターバックス日本上陸25周年!同社が掲げるサステナブルな取り組みを徹底解説

スターバックスが日本に上陸してから今年で25周年。地球環境への配慮や地域社会との共存共栄に力を入れ、さらなる成長を目指すスターバックスが今回発表した施策をご紹介します。

今年で日本上陸25周年を迎えるスターバックスジャパンより、先日「人・地域・地球環境を中心とした事業の強化のための施策」が発表されました。

 

1996年、アメリカのコーヒーチェーン店「スターバックス」の第1号店が銀座にオープンしてから25年。

国内のスターバックスの店舗数は1,655店舗(2021年6月末時点)まで増えています。

 

さらなるビジネスの成長とサステナブルな未来の実現へ向け、スターバックスジャパンが発表した今後の施策とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

新たなキャリア制度の導入

災害支援
https://www.starbucks.co.jp/socialimpact/glocallyresponsible/community/

スターバックスジャパンは、働くパートナー(従業員)が未来に向かって一層キャリアを追求していけるよう、2022年度より新しいキャリア制度をスタートさせることを発表しました。

 

その具体的な内容は以下の通りです。

  • これまでは、目標とするキャリアや転勤の有無によって「全国型」と「コミュニティ型」に分けられていた正社員のキャリア制度を廃止し、全国統一のキャリアパスに刷新。
  • 2022年春から、高校生アルバイトの採用と、高校卒業見込み者の正社員の登用を一部地域で開始。
  • 働く地域による給料面での格差をなくし、国内全店統一の給料体系へ。
  • 社員の定年年齢の引き上げ。

 

スターバックスがこのような新たなキャリア制度に移行する背景には、従業員全体の7割が女性という事情もあるようです。

 

これまでは、結婚や出産、転勤などのライフステージの変化を理由にキャリアを諦めざるをえないこともあったようですが、今後は、中長期的にその土地のリーダーとして認められるような人材を育成し、従業員が働きやすい職場環境づくりを目指していくことを目的としています。

 

新キャリアパスへの移行は、従業員のライフスタイルの充実が、地域経済の活性化や新たな顧客の獲得へとつながっていくという狙いもあるようです。

 

サステナビリティを追求した新店舗をオープン

和田倉噴水公園
https://fng.or.jp/koukyo/place/historical/ruins-gaien/wadakurafountainpark

2021年12月、環境省が管理する皇居外苑 和田倉噴水公園内に、サスティナビリティに重点を置いた新店舗がオープンします。

 

新店舗「皇居外苑 和田倉噴水公園店」は、環境負荷の低減に重点的に配慮した店舗デザインになっており、資源循環などの環境目標にアプローチするため、以下のようなアクションを積極的に取り入れています。

 

  • 自律分散型水循環システムを利用した手洗い用の水の循環利用。
  • 店内利用時は、基本的にくり返し利用できるグラスやマグカップでドリンクを提供する。
  • 国産木材を使用し、廃材を減らすために間伐材を使って作られた什器リサイクルガラスを利用して作られた照明などをインテリアとして設置。
  • 無料給水スポットの設置。

 

いまや「コーヒーチェーン」の枠を越えたスターバックスのエシカルな取り組みは、持続可能な未来の実現に向けて、多くの人々に強いメッセージを伝えています。

 

2030年までに廃棄物50%を削減

地球から資源を奪う量よりも生み出したり還元したりする量を増やす「リソースポジティブカンパニー」を目指すスターバックスでは、持続可能な未来の実現に向け、二酸化炭素や廃棄物の排出量、水の使用量を2030年までに半減させるという目標を掲げています。

 

今回、サスティナビリティ目標の達成へ向けた環境対策の一環として、以下の方針が発表されました。

 

  • 使い捨てプラスチックの削減のため、2021年9月からフラペチーノ商品のストローを紙製に順次切り替えていく。
  • プラスチックカップを含む使い捨て容器の代わりとして、リユーザブルカップでドリンクを提供すること。(東京丸の内エリアの店舗で2021年秋よりスタート予定)
  • 店舗から出される廃棄物であるコーヒー豆のかすを肥料としてリサイクルし、今後3年間でコーヒー豆のかすのリサイクル率を50%に上昇させる。

 

このようにスターバックスでは、資源の循環や再利用に積極的に取り組んでいます。

スターバックスの取り組みについては、ハッピーキヌアヴィーガンメディアのこちらの記事にもご紹介しています。

スタバ50周年!植物ベースにシフトに向けての試みへ | ハッピーキヌア ヴィーガン情報 

 

地域とつながり、愛される店づくり

スターバックスジャパン新宿御苑店
https://store.starbucks.co.jp/detail-1838/?mode=concept

自宅(ファーストプレイス)や職場(セカンドプレイス)ではない、第3の居場所「サードプレイス」としての存在価値。

スターバックスは、開業から現在に至るまで、人の心を豊かにする「居心地の良い空間」を提供することを大切にしながら、順調に店舗数を増やしてきました。

 

これからも、店舗のある地域や、地元の人とのつながりを大切にし、訪れた人たちが安心して利用できる店内環境をつくり、2024年末までに国内2000店舗を目標に掲げています。

 

今後、より一層地域とつながり、経済を活性化させるため「JIMOTO フラペチーノ」のような地域限定商品のさらなる開発や、サービス拡充などを推進していくようです。

 

47都道府県にあるスターバックス各店舗の、個性あふれる店づくり、そして彼らが大切にする一杯のドリンクを通じたコミュニケーションに、今後も期待ができそうです。

 

スターバックスのおすすめヴィーガン商品については、ハッピーキヌアヴィーガンメディアのこちらの記事でご紹介しています。

【保存版】スタバで買えるヴィーガン商品7選 | ハッピーキヌア ヴィーガン情報

 

まとめ

今から50年前に、アメリカのシアトルで始まったスターバックスの歴史。

「一杯のコーヒーを通じて、人と人とのつながりの瞬間を重ねる」をミッションに、日本に上陸してから25年が経とうとしています。

 

都市部を中心に、今では日本の47都道府県すべてに店舗を構え、誰もが知るコーヒーショップとして順調に店舗数を増やしています。

 

今回、さらなるビジネスの成長と、サステナブルな未来の実現のための、「人、地域、地球環境へのポジティブな貢献を追求した、重点取り組み」が発表されました。

 

地元とのつながりを大切にしながら、2024年末までに2,000店舗を目指し、さらに2030年末までに廃棄物を50%まで減らすという大きな目標の達成に向けて、今後の動きからますます目が離せませんね。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ