海外で人気爆発中!急成長中のサステナブルスニーカーブランド5選

今回は、海外で人気爆発中のサステナブルスニーカーブランドを5選をご紹介していきます。今後サステナブルスニーカーを選んで履いていきたいという方はぜひ参考にしてみてください。

ファッション業界は、世界で二番目に環境を汚染している産業と国連貿易開発会議で発表されています。

多くの水資源を使い、温室効果ガス排出量が全業界の10%以上を占めるなど問題は山積みの業界なのです。

そんなファッション業界に結び付けられている「地球環境汚染問題」を解決すべく、大企業や意欲的なスタートアップが様々なサステナブルスニーカーを販売しています。

 

今回は、海外で人気爆発中のサステナブルスニーカーブランドを5選をご紹介していきます。

今後サステナブルスニーカーを選んで履いていきたいという方はぜひ参考にしてみてください。

 

サステナブルスニーカーとは?

サステナブルスニーカーとは、地球環境へ配慮した持続可能な素材や製法で作られたスニーカーのことです。

明確な基準や定義はありませんが、具体的には以下の条件をクリアしているものがサステナブルスニーカーと呼ばれています。

  • 再生可能な素材
  • 生分解性の高い素材

また、サステナブルスニーカーの多くが低価格から中価格に抑えられており、消費者が求めやすいことも企業が重要視しているポイントです。

 

再生可能な素材

サステナブルスニーカーの1つ目のポイントは、再生可能な素材を使用しているという点です。

再生可能な素材とは、廃棄された素材を再度材料として使いまわせること。新たな採掘をしないため、地球資源の使用を抑えることが可能です。

また、石油由来の素材で製造しないため、温室効果ガス(二酸化炭素)の発生を抑えられます。

製品だけでなく使用済みの古いタイヤやプラスチックごみといった、多用途の廃棄物を素材にすることも多くあります。

 

生分解性が高い

サステナブルスニーカーは、生分解性が高いことも重要です。

生分解性が高いほど廃棄された際にすぐ分解され環境にとどまる期間が少なく、環境に対する悪影響も少ないためです。

逆に生分解性の低いスニーカーであれば、廃棄された際に土壌や水質を汚染することが多くなります。

 

サステナブルスニーカー5選

今回ご紹介するサステナブルスニーカーを販売しているブランドは、以下の5社です。

  • Ethletic(エスレチック)
  • Genesis(ジェネシス)
  • Rens(レンズ)
  • On(オン)
  • NIKE(ナイキ)

 

Ethletic(エスレチック)

Ethletic公式HP

 「Ethletic(エスレチック)」は、天然で再生可能な原材料のみを使用しているスニーカーブランドです。

エスレチックで使用するコットンは、フェアトレード「GOTS」の認定を受けたコットンであり すべて公正な取引により入手されています。

 

農家が保護されている上に、オーガニックコットンですので農薬や殺虫剤といった化学物質も使用していません。

地球や人、すべてにやさしい素材でできているのがエスレチックのスニーカーです。

 

また、動物性の素材を一切使用していない100%ヴィーガンのスニーカーでもあります。ヴィーガンの方でも安心して選ぶことができるブランドです。

公式サイトはこちら

 

Genesis(ジェネシス)

Genesis公式HP

ドイツ生まれのスニーカーブランド「Genesis(ジェネシス)」が販売するスニーカーは、すべてが持続可能な素材でできています。

様々な素材を研究したジェネシスのスニーカーで使用するのは、廃棄されたファッション製品やカキの殻、バナナの葉、パイナップルの葉など多様な再生可能素材。 

また、製造元の工場では公正で倫理的な労働環境を厳守しています。

 

ジェネシスの創設者であるJens Huesken氏はこう語っています。

「私は、中途半端なことは何もしないのが私の性質です。それが持続可能な靴である場合、すべてが持続可能なものでなければなりません。靴に使用されるすべての材料だけでなく、パッケージ、輸送、POS材料など、箱を密封するために使用するテープに至るまでです」

ジェネシス創設者の思いによって、公正で人にやさしい労働環境や、環境団体への配慮など包括的なサステナブルを実現しました。

公式サイトはこちら

 

Rens(レンズ)

Rens公式HP

フィンランド生まれのスニーカーブランドである「Rens(レンズ)」は、コーヒーかすと再生プラスチックを素材としたサステナブルスニーカーが話題のブランドです。

レンズのスニーカーは21杯のコーヒーから廃棄されたコーヒーかすと、6本相当のペットボトルから製造されています。

このサステナブルスニーカーは2021年の「Reddot Award for Outstanding ProductDesign」を受賞するなど、非常に評価されました。

 

さらに、次の後続のサステナブルスニーカーの開発にも非常に意欲的であり、Rens(レンズ)は今後さらなるイノベーションが期待されているブランドです。

公式サイトはこちら

 

On(オン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

On(@on_running)がシェアした投稿

スイス生まれのスポーツブランドである「On(オン)」は、スニーカーの保有を廃止するという形でサステナブルを実現しています。

オンの商品はサブスクリプションモデルで、その使用料は月額29.95ユーロ。

オンの販売するCyclonランニングシューズは、使い終わったら返却する必要があるため保有はできず、もしスニーカーの寿命が尽きた場合はメーカーで新しいシューズと交換されます。

 

そして、消費者には新たなスニーカーが配送され、古いスニーカーは製造工場で溶かされペレットに変換、再度スニーカーに生まれ変わります。

この一連のプロセスは石油素材の採掘や廃棄を大きく減少させることが可能です。

ご購入はこちら

 

NIKE(ナイキ)

世界的に有名な「NIKE(ナイキ)」もサステナブルスニーカーを販売しているシューズブランド。

ナイキは2030年までにスニーカーやサッカースパイクといったすべての靴を99%再利用する「MOVE TO ZERO」という意欲的な目標に向かって努力しています。

ただし、2021年現在ではまだ、ナイキのサステナブルスニーカーは全スニーカーのうちのほんの一部です。

 

そのうちの一つが、現在発売している「クレーターインパクト」。

↓クレーターインパクトは全体の25%以上にリサイクル素材を使用しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ESSENCE(@essence_info)がシェアした投稿

クレーターインパクトは、リサイクル素材を多く使用しているほか、廃棄の出にくい素材や接着剤を使用しないなど多くの工夫によって生まれています。

サステナブル素材を使うことによりロゴやスティッチなどに制限がありますが、それを逆手に取ったシームレスなデザインが美しさを感じさせますね。

詳しくはこちらの記事をご覧ください!
廃棄物ゼロへと踏み出すシューズ、ナイキのサステナブルスニーカーとは?

ご購入はこちら

 

まとめ

今回は海外発のサステナブルスニーカーを販売する企業をご紹介しました。

すべての企業が持続可能な経済を目指していますが、それぞれ素材や実現する方法は多種多様です。

幅広い選択肢から、自分が重視するポイントを多く満たすスニーカーを選びましょう。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ