2020年ヴィーガン人気度世界9位!カナダのヴィーガン最新情報をご紹介!

カナダ人の22%が肉食を控えたいと考えている?ヴィーガン・ベジタリアンが増え続けているカナダのヴィーガン最新情報を徹底解説。エシカルファッションを展開する「MATT &NAT」や話題のヴィーガンプリン専門店、その他特色あるヴィーガン商品も併せてご紹介。カナダ産メープルシロップの情報もお届けします!

カナダと言えば、ヴィーガンアパレル「MATT &NAT」をはじめ、世界で唯一のヴィーガンプリン専門店があるなど、ヴィーガンが浸透している国でもあります。

英国のニュースサイト「プラント・ベース・ニュース」が、グーグルトレンドを利用して、各国の「ヴィーガン嗜好調査」を行った結果でも、第9位に入っていますので、やはりヴィーガンは多いと言えそうです。

そこで今回は、カナダのヴィーガン最新情報や、気になるヴィーガン商品、そして、メープルシロップに関してもご紹介します。

 

カナダのヴィーガン最新情報

カナダの中でも、バンクーバーはヴィーガンやベジタリアンが比較的多く、それらの需要に合わせた専門店も多くあり、「ヴィーガン」という存在を身近に感じる場所でもあります。

カナダには、「Vegan Society of Canada」も存在するため、その公式サイトにある、ヴィーガンの哲学とライフスタイルを、簡単にご紹介します。

「私たちの使命は、人間、動物、および環境への害を減らす達成をするために、ヴィーガンライフスタイルの採用を促進することです。

ヴィーガンライフスタイルの推進は、公衆の健康と環境の両方を保護、および維持するという私たちの二重の慈善目的を達成します。」

(出典:Vegan Society of Canada「Vegan philosophy and lifestyle」

 

このような協会が存在することも、カナダでヴィーガンの生き方に共鳴する方が増えている証ですが、カナダでのヴィーガンへの関心を示す、以下のような記事がありますので、併せてご紹介します。

 

カナダ人が気になるヴィーガントピックは?

「Googleのデータによると、カナダではヴィーガンフード、ライフスタイル、有名人関連の検索が増加しています。

また、ミレニアル世代とZ世代(1990年代後半から2000年生まれの世代)がヴィーガンである可能性が最も高いとされています。

最近のGoogleのデータによると、2016年以降、カナダではプラントベースの検索とヴィーガン関連の検索が、113%急増しています。

ヴィーガンの食品や食事、ライフスタイル、有名人の検索は、昨年だけでも25.73%増加しています。

データを照合したマーケティング分析ソフトウェア会社SEMrushによると、ブリティッシュコロンビア(BC)が関心のある地域をリードしています。」

(出典:livekindly「Canada Sees 113% Spike In Vegan Interest」

冒頭でご紹介したバンクーバーは、ブリティッシュコロンビア州に位置しています。データから見ても、その関心が高まっていることがうかがえますね。

 

 

「西部の州では、100万人あたり平均1,446件の検索が行われました。

オンタリオはブリティッシュコロンビア(BC)に続き、100万人あたり1,257回の検索回数となっています。

London Free Pressは、全体として、ヴィーガン関連の検索が2019年2月から2020年1月の間に劇的に増加したと報告しました。

ヴィーガン食品、特に『ヴィーガンチーズ』の検索は、月平均5317回で最も多く、『ヴィーガンバナナブレッド』は、月平均5000で2番目に検索されました。

多くの消費者は、食べ物や食事に関する質問に加えて、ライフスタイル関連の検索も行っています

ヴィーガン化粧品』の検索数は2018年から2019年の間に14.6%増加しました。

一方、『ヴィーガンレザー』と『ヴィーガンファッション』の検索数は、2016年以降それぞれ94%と、40%近く増加しています。

カナダ人はまた、ヴィーガンや植物ベースの食生活を送る有名人からのインスピレーションを求めています。

最もよく検索される有名人は、トムブレイディ、アーノルドシュワルツェネッガー、アリアナグランデ、ホアキンフェニックスで、オスカーの演説に続いて急上昇しました。」

(出典:livekindly「Canada Sees 113% Spike In Vegan Interest」

オンタリオ州は、カナダ東部にあり、カナダ最大の都市であるトロントがあります。

 

以上から、ここ数年で、カナダ全体でヴィーガンへの関心が急上昇していることが、お分かり頂けたと思います。

ヴィーガンの食品や食事、ライフスタイル、有名人と検索される幅も広く、特に、「ヴィーガンレザー」と「ヴィーガンファッション」への関心も高い点は、エシカル消費を考える人も増えているようで、嬉しい動きですね。

 

「ヴィーガンレザー」・「ヴィーガンファッション」・「エシカルファッション」に関する詳しい記事も参考にしてくださいね。

 

カナダのヴィーガンの年齢層は?

また、世代に関する記事もご紹介します。

Angus Reidによる2019年の世論調査によると、カナダの消費者の95%はすでにヴィーガンミートの代替品に精通しています。

しかし、植物ベースの食品に取り組んでいるのは、特にカナダのミレニアル世代とZ世代です。

若いカナダ人の約70%は、ヴィーガンミートは継続すると信じており、58%はすでにそれを試したと言っています。

世論調査はまた、肉を食べるカナダ人の22%が、肉の摂取量を減らしたいと望んでいることを明らかにしました。

18〜35歳の場合、この割合は39%に上昇します。『かなりの世代間格差があるようです』とAngus Reidは述べています。」

カナダ人の22%が、肉の摂取量を減らしたいと感じているということは、

 

「2018年のDalhousie Universityの調査によると、35歳未満の人々は、49歳以上の人々よりもヴィーガン、または菜食主義者であると考える可能性が3倍高くなっています

これは、カナダのヴィーガンの3人に2人が、Z世代またはミレニアル世代のどちらかであることを意味します。

『あなたがどこにいても、誰であるかに関係なく、あなたは食事をしなければなりません。カナダでは人々の食事の仕方にますます変化が見られます』とビジネス経済学部のサイモン・ソモギ博士は述べています。」

(出典:livekindly「Vegan Canada」

 

カナダの若者がヴィーガンに関心を示す理由

若い世代においてヴィーガンへの関心が高まっているのは、近年深刻化している、気候変動問題にあることを示すニュース記事もご紹介します。

 

「カナダ人の若者たちは、気候変動問題と戦うために、菜食主義者またはヴィーガン(完全菜食主義者)になりつつあります。

17歳のミア・ケリーさんは、昨年秋のオタワでの気候変動問題ストライキに参加した後、菜食主義者になることを決心しました。

『ストライキに参加した後、気候変動問題は私の頭の中に残りました。』と彼女は言います。

『そして、菜食主義者、またはヴィーガンへの切り替えが、私が個人としてできる最大のことであることに気づきました。』

彼女の友人であるネルソン・オーザー・スモールさん(17歳)も菜食主義です。

『正直なところ、今ではヴィーガンやベジタリアンになるのは、一種のトレンドでもあります。』と彼は述べています。

『私の友人の多くは、気候変動問題に大きな関心を持っており、肉を減らすことがこの問題の解決に役立つことを知っています。』

また2人は、菜食主義者であることは、これまでのところ簡単だったとも述べています。」

(出典:nationalobserver「Young Canadians are becoming vegetarian or vegan to fight climate change」

 

カナダのみでなく、世界の多くの若者たちが、環境問題の関心からヴィーガンやベジタリアンの生き方を選択する傾向は強いようです。

若いエネルギーが世界を変える可能性は大いにありますので、今後の動きにも注目したいものです。

 

 

このようにヴィーガンが増えているカナダでは、ヴィーガン食品はもちろん、ヴィーガンレザーを取り扱うブランドも増えてきています。

 

カナダのヴィーガンブランド・商品を一挙紹介

ヴィーガンアパレル「MATT&NAT」

 

View this post on Instagram

 

A post shared by MATT & NAT (@mattandnat)


今カナダで注目されるヴィーガンアパレル「MATT&NAT(マットアンドナット)」を次にご紹介します。

 

「MATT&NAT(マットアンドナット)」は、1995年にカナダのモントリオールで設立されたヴィーガンアパレルブランドです。

「美しく生きる」をモットーにしており、商品には動物由来の素材を使用していません。

 

「MATT &NAT(マットアンドナット)」の名前は、Material(素材)+ Nature(自然)からきています。

こちらで取り扱う製品には、リサイクルナイロンや、段ボール、ゴム、コルクなど様々なリサイクル素材が活用されています。

 

素材や機能面でのこだわりはもちろん、デザインもシンプルで洗練され、末永く愛用出来ること間違いなしの品ばかりです。

 

商品に関する詳しい記事もありますので、参考にしてください。

【ヴィーガン】注目ブランド「MATT&NAT」のバッグを一挙紹介!

 

続いては、ヴィーガンの「食」に関して、世界で唯一のヴィーガンプリン専門店をご紹介します。

 

ヴィーガンプリン専門店 Vegan Pudding & Co


詩人でもある高山宙丸さんが、奥様と始められた、バンクーバーのヴィーガンプリン専門店「Vegan Pudding & Co」。

スタートは、ケータリングでのプリン販売だったようですが、その後、オーダーはどんどん増えていき、小さなテイクアウト専門のプリン店をオープンされたようです。

そして、今ではオーガニック専門のスーパーマーケットやカフェ、レストランでも、こちらのプリンを楽しむことができ、なんと東京にも店舗があります。

 

世界で一番美味しいヴィーガンプリンは、有機素材にこだわっており、その証として、オーガニック認証されています

また、使用しているカップやスプーンは、土に還るBPAフリーのプラスチックのようです。

 

日本の方が、海外でヴィーガンプリンの販売をされていたとは、驚きと共に、嬉しい限りです。

今後も、東京のみでなく、日本の主要都市、そして世界にも展開されることを期待したいですね。

 

こちらのヴィーガンプリンは、オーガニック、グルテンフリー。

オリジナル・バニラ、チョコレート、抹茶、アールグレイ・ティー、ストロベリー、炒り黒ゴマ、ほうじ茶、コーヒーなどの種類が揃っています。

 

主原材料:カボチャ、ココナッツミルク、100%ピュアカナディアンメープルシロップ、ココナッツシュガー

特徴:オーガニック認証済み、白砂糖・乳製品・卵、大豆不使用、グルテンフリー

 

カナダに足を運べなくても、東京でこの幻のヴィーガンプリンをお楽しみ頂けますよ!

【詳細情報】
店舗名:ビーガン・プディング&コー 東京店 (TRIPLE R内にて販売)
住所:〒101-0031 東京都千代田区東神田1-2-10 秦岳ビル102
営業時間: 午前8時~午後8時
定休日:毎週月曜日
TEL:03-3865-3868

 

続いて、カナダのヴィーガンオンラインショップで販売される、人気のヴィーガン食品をご紹介します。

 

カナダのヴィーガンオンラインショップ FAIR / SQUARE

 

View this post on Instagram

 

A post shared by FAIR/SQUARE (@fairandsquarecanada)


ヴィーガンによって完全に所有、および運営されている独立した中小企業である「FAIR / SQUARE」は、カナダで製造されたヴィーガン製品を取り扱っています。

また、年間収益の10%を、地元のサンクチュアリやヴィーガン志向の組織に寄付しています。

 

この「FAIR / SQUAREのショッピングサイト」での人気商品3点をご紹介します。

 

1.Eggcitables | Gluten-free Vegan Egg

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Eggcitables (@eggcitables)

Eggcitablesは、ドライミックスの植物ベースの卵の代替品です。

当社の製品はすべてヴィーガン認定を受けており、グルテンを含む上位8つの最も一般的なアレルゲンをすべて含んでいません。

食材の97%はカナダのサプライヤーから調達されており、70%はカナダの農家から直接調達されています。

 

原材料:ひよこ豆粉、オート麦粉、タピオカ澱粉、栄養イースト、ベーキングパウダー、ニンジンパウダー、黒塩、キサンタンガム。

中でも、ニンジンパウダーは、甘くてコショウのような味わいのバランスの取れたスパイスとして使用され、 全体的な栄養を高め、本物の卵の味にできるだけ近づけるために使用しています。

 

2.Noble Jerky | Plant-based Jerky – Teriyaki

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Noble Vegan Jerky (@noblejerky)


海外でも人気の照り焼きフレーバーのヴィーガンジャーキーです。

大豆たんぱく質、ヴィーガンシュガー、スパイス、海塩、カノーラオイル、米酢のみを使用しています。

本物の肉のテクスチャーに近いため、ヴィーガンやベジタリアンでない方にも十分楽しんでもらえるようです。

 

原材料:非GMO大豆タンパク質、蒸発したサトウキビジュース、黒豆、米酢、スパイス、非GMOカノーラオイル、海塩。

 

3.Main Vegan Deli | Applewood Smoked Chedd-aah

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Main Vegan (@mainvegandeli)


アップルウッドで自然に燻製し、ウイスキーで熟成させた英国風チェダーです。

このカシューベースのチーズは、シャープな仕上がりの成熟した風味があります。

MainのVeganDeliの製品は、倫理的かつ地元で調達されたオーガニックで、常に非GMOであり、すべて、伝統的なチーズ製造方法を使用して手作りされています。

 

原材料:カシューミルク、ココナッツオイル、アーモンドミルク、酵母、タピオカ粉、カッパカラギーナン、ウイスキー、塩、パプリカ、ホワイトミソ、ヘンプシードオイル、マスタードシード、オニオンパウダー、寒天パウダー。

よく「ヴィーガン食品=ヘルシー」と思われる方も多いですが、原材料をチェックするとそうでもない場合も多いものです。

そのため、特に食品の場合は、「ヴィーガン」の表示に惑わされないよう、しっかり原材料をチェックすることも大切です。

しかし、こちらの商品は、ヴィーガンでありながら、厳選された材料で作られる体に優しい食品のようですから、本物志向の方々に支持されているようです。

 

次に、ギター部品の象牙を代替するために作られた、「TUSQ」と呼ばれる人工象牙をご紹介します。

 

Graphtech TUSQ(人工象牙)

カナダには、ギター部品の象牙を代替するために作られた「TUSQ」と呼ばれる人工象牙を販売する、Graphtechという会社があります。

骨と象牙のナットとサドルに、至高の音響性能を求めて、精密に設計されたTUSQが開発されたようですので、ヴィーガンを元から意識していたわけではなく、アクシデンタリーヴィーガンに近いかもしれません。

人口象牙 TUSQは、100%有機ポリマーでできており、また、油や動物の副産物を含まずに作られており、天然素材に頼らず品質が一定で、調和のとれた豊かな音色を提供してくれます。

 

TUSQ製品には、ナットやサドル以外に、ブリッジピンやピックもあるようです。

天然象牙に勝るとも劣らないクリアでリッチな音響であり、安価なプラスチック製のものより「はるかに音の伸びが良い」と、評判は上々のようです。

 

音楽を楽しむヴィーガンの方には、朗報ですよね!

ギターだけでなく、バイオリンの弓にもヴィーガン製品が登場しているようですから、今後は接着剤など含めて、完全にヴィーガンな楽器が登場してくると、より嬉しいですね。

 

最後に、カナダと言えば、やはりメープルシロップ

ヴィーガンは白砂糖を避けることもあり、お砂糖の代替品として、メープルシロップを使われる方も多いと思います。

詳しくは、「砂糖」に関する記事も参考にしてください。

 

そこで、気になるメープルシロップの情報もご紹介します。

カナダのメープルシロップ情報!

メープルシロップは、砂糖楓(かえで)という、カナダと北米の一部にある楓の樹液を採取し、煮詰めた、100%天然の食品です。

 

「メープルシロップが生産されるのは、サトウカエデの原生林(シュガーブッシュ)が広がる、カナダ南東部を中心とする、ごく一部の地域に限られています。

夏は暑く、冬はマイナス30℃にもなるほど寒さが厳しいこの地域の寒暖差のある気候が、樹液の生産に適しているためです。

カナダは世界のメープルシロップの74%、2019年は約5,888万kgを生産しました。

ケベック州、オンタリオ州、ニューブランズウィック州、ノバスコシア州の4つの州で生産されていますが、中でもケベック州はカナダ最大の生産地。

カナダ産の約91%がケベック州産です。

また、カナダはメープルシロップの輸出でも世界第1位を占め、輸出先は63カ国ほどにのぼります。

そのうち対日本輸出は第3位にあたります。」

(引用:Maple from Canada

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by kochimi (@m_table_setting)

カナダでは、メープルシロップの質は、等級 (Grade) に分けられています。

等級を決める基準は、色・風味・糖含量にあり、琥珀色が薄く、風味が繊細なほど高級となるようです。

  • Canada No. 1 ・・・エキストラ・ライト (Extra Light)
  • Canada No. 1 ・・・ライト (Light)
  • Canada No. 1 ・・・ミディアム (Medium)

以上のNo. 1 等級は、糖分66%以上に煮詰めたものであり、混ぜ物はまったくなく色のみが異なります。

  • Canada No. 2 – アンバー (Amber)
  • Canada No. 3 – ダーク (Dark)

No. 2は、料理や焼き菓子など使われ、一番使い勝手の良いメープルシロップとなります。

No. 3は、風味が芳醇で、甘みはあまり無いため、お肉・お魚料理などに使われるようです。

(出典:Wikipedia「メープルシロップ」

メープルシロップには、コーンシロップにメープルの風味づけをしたものもあるため、注意が必要です。

純正のものには、「メープルシロップ」・「カエデ樹液」・「楓糖液」などと書かれていますので、原材料名表示を必ずチェックし、等級もチェック出来れば完璧ですね。

 

カナダ産メープルシロップのお値段をカナダと日本で比較

 

View this post on Instagram

 

A post shared by kana chibana/3t06 (@libratlier)


メープルシロップ大国ならば、お値段も安いの?と考える方も多いと思います。

そこで、カナダ産メープルシロップのお値段をカナダと日本で比較してみました!

ただし、同ブランド・同品質での比較は難しく、同級である普段使いの「Amber」と、同ブランドですが、一方は「Organic」である商品との比較となります。

 

【カナダでの価格】

  • 100% Pure Maple Syrup  Grade A.Amber, Rich Taste. 250 ml glass bottle(Amazon
    ・・・CDN$ 7.72(約633円ほど
    →日本で販売されている商品と同級のAmberですが、ブランドが違います。

  • Decacer Organic Pure Maple Syrup 250 ml glass bottleWal-Mart Canada Corp.
    ・・・CDN$4.97 (約407円ほど
    →日本で販売されている商品とブランドは同じですが、Organicです。

※日本円の価格は、為替レートにより多少の変動があることをご了承ください。

日本での価格

  • Decacer pure Maple Syrup Grade A.Amber, Rich Taste. 250 ml glass bottle楽天市場) ・・・ 950円

 

やはり、メープルシロップの輸出世界第1位だけあり、お安く買えるようで羨ましいですね。

※全く同じ商品ではないため、目安として参考にしてください。

 

まとめ

カナダでは、若い世代を中心に、ヴィーガンという生き方に関心が広がっているようです。

自然豊かで恵まれた環境が身近にあるからこそ、近年深刻化している環境問題にも真剣に向き合うことが出来るのかもしれません。

今後、カナダの若者たちにより、世代を超えたヴィーガンの広がりをもたらすことを、大いに期待しています。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ