【動物性素材不使用】ヴィーガンレザーとは|植物性レザー8種紹介

最近注目を集めている「ヴィーガンレザー」の特徴を徹底解説。ヴィーガンレザーの中でも特に注目される「植物性レザー」8選をご紹介いたします。

エシカルやエコへの関心が高まっていることから、動物性の素材を避ける「ヴィーガン」の生き方が近年注目されつつあります。

ヴィーガンのライフスタイルを選ぶモチベーションは人によって様々ですが、健康への配慮に加えて、環境や動物愛護などの理由を掲げる方も多く、食材のみならず化粧品や日用品、衣類についても動物性の素材を使用していない製品を選ぶ方が多いです。

そんな中、関心を集めているのが、動物性の素材を用いずに作られた「ヴィーガンレザー」です。

 

ヴィーガンレザーには3種類ある

ヴィーガンレザーとは、ヴィーガン(動物性のものを用いない)のレザーという名前の通り、動物性の素材を用いずに作られたレザー状の素材のことです。

ヴィーガンレザーは主に、「合成皮革(ひかく)」「人工皮革」「植物皮革」の3種類があります。

 

1. 合成皮革

生地や織物を基布とし、ポリウレタン樹脂等で表面を加工したもの。安価に作れて大量生産に向いていることに加え、色や素材感のバリエーションを出しやすいというメリットがあります。

一方、品質は皮より劣っているケースも多いです。3年ほど経つと経年劣化で加水分解してしまい、表面がボロボロになってしまうこともあります。

 

2. 人工皮革

化学繊維を立体的に織ったものにポリウレタン樹脂を染み込ませています。合成皮革よりも皮に近い構造なので、手触りや風合いはより皮に近く、耐用年数は6年ほどとなっています。合成皮革よりは多少高価ですが、皮よりは安価に作ることができます。

一方で、合成皮革同様に経年劣化によりひび割れやベタつき等が発生します。

 

3. 植物皮革

合成皮革と人工皮革が化学繊維や樹脂を使って作られているのに対し、植物皮革は、天然素材を用いて作られます。まだまだ量産体勢はできておらず価格も比較的高価ですが、環境に優しい素材として徐々に注目を集めています

植物性の皮が市場に出回り始めたのはわずか数年前ということもあり、経年劣化に関する十分なデータは集まっていないのが現状です。しかし、植物皮革のブランドの発表によると、品質としてはかなり丈夫で、使い込むと動物性の皮のように風合いが生まれます。

 

植物皮革はどんな植物から作られる?8つ紹介します

植物皮革と一口に言っても、その素材になる植物は様々です。こちらでは、近年特に注目を集めている植物レザーの素材を8つ紹介いたします。

 

1. パイナップルの葉

 

View this post on Instagram

 

A post shared by HFS COLLECTIVE (@thehfscollective) on

パイナップルの葉から取れる繊維は非常に丈夫で、衣服としての加工や使用にも十分耐えうる素材であるため、レザーとして製品化され、欧米で「ピニャテックス」として愛されています。

食べ物を作る際に従来廃棄していた副産物なので、環境にも優しいことが特徴です。

 

2. きのこ

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Bolt Threads (@boltthreads) on

写真をご覧いただいて分かる通り、風合いのあるかっこいい皮素材であるこちらは、なんと、きのこから作られたものです。きのこの中でも食用になることが少ない地中構造部分を、レザーに加工しています。「Mylo」という名前で製品化されています。

 

3. りんご

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Veggani (@veggani) on

先ほどご紹介したパイナップルのレザーは葉から作られていましたが、こちらはりんごの果実から作られているレザーです。写真はイタリアのオーガニック栽培されたりんごから作られたレザーバッグです。手触りがとても柔らかく、使い込んだ皮のような肌触りです。

 

4. ぶどう

 

View this post on Instagram

 

A post shared by VEGEA (@vegeacompany) on

ワインづくりの副産物である「ぶどうの搾りかす」を用いて作られたヴィーガンレザーです。イギリスの高級車ベントレーともコラボしており、シートなどの内装にグレープレザーが用いられています。

 

5. ココナッツウォーター

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Malai (@malai.biomaterials) on

ココナッツウォーターの中に溶け込んだセルロースを抽出し、布状に加工した製品です。既存の皮製品の模造品というよりは、全く新しい素材といった趣きです。今後ヴィーガンのみならず、ファッションに敏感な方の間でも広まりそうな素材です。

 

6. サボテン

メキシコ発のヴィーガンレザーであるこちらは、なんとサボテンから作られています。近年世界では、水不足の問題が取り沙汰されていますが、サボテンは非常に少ない水で育つ植物であることから、水問題の解決にもつながるかもしれません。

 

7. 桑の葉

 

View this post on Instagram

 

A post shared by GUNAS NEW YORK | Luxury Vegan (@gunas_newyork) on

桑の葉と言えば、シルクを作る蚕のエサになる葉っぱですが、蚕の力を借りなくても、実は上質な素材を作ることができるのです。それがこちらの桑から作られたレザー。丈夫なことに加え、光沢があるため、高級感があることも特徴です。

シルクは一般的にヴィーガンではありませんが、桑の葉であればヴィーガン対応なので嬉しいですね。

 

8. バナナの茎

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Youyang Song (@youyang_song) on

動物性のレザーでは出せない薄いテクスチャーと透け感があるこちらは、バナナの葉っぱから作られたレザーです。バナナの葉の繊維自体が丈夫であることから、こういった遊び心のある小物も作ることができます。 こちらも本来であれば廃棄される部分を再利用しているため、環境にも優しいレザーです。

 

実は日本でも購入できる植物レザー

まだまだ実店舗で見かけることが少ない植物レザーですが、実は、楽天等の通販サイトで購入できるものも一部あります。

例えばこちらの写真は、パイナップルのレザーであるピニャテックスを使用したお財布。色もナチュラルとブラウンの二色展開されており、自分用にもプレゼント用にもぴったりです。

購入はこちらから(楽天市場)

 

まとめ:植物性のレザーが身近になる日も近い

本記事で紹介したヴィーガンレザーは、価格もまだ高く、広く流通しているものではありません。

しかし、エシカルな選択をする人が増えつつある今、こういった植物レザーの需要は高まることが予想されます。日本でもデパートなどで気軽に手に取れるようになる日が来るのが待ち遠しいです。

以上、ハピキヌ編集部からのお届けでした。

 

2.3万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新しています🐰

食品からアパレルまで、650を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されます、お楽しみに。

お買い物はこちらから。

↓ お買い物はぜひ、ハピキヌストアで ↓spot_img
↓ ハピキヌの公式インスタはこちら ↓spot_img
- ハピキヌストアへのリンクはこちら -spot_img
- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img
spot_img
spot_img
spot_img
spot_img

新着記事

人気投稿

記事カテゴリー

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

おすすめ記事