Well-Being(ウェルビーイング)とは?用語や話題の取り組みを徹底解説

Well-Being(ウェルビーイング)とは何か?今なぜ注目されているのか?国内外のウェルビーイングに対する取り組みについて解説します。

Well-Being(ウェルビーイング)という言葉をご存じでしょうか。

ウェルビーイングは、私たちの身近な健康といった問題から、社会の中でより幸せに生きてくための考え方に深く関わっています。

私たち個人だけでなく、企業が経営において、生産性を上げたり、人材不足を解消したりするために、ウェルビーイングを取り入れる事例も増えています。

 

ウェルビーイングとは何か、なぜ注目されているのか、そしてウェルビーイングの話題の取り組みについて解説します。

 

Well-Being(ウェルビーイング)とは?

ウェルビーイングとは、日本語で「満足のいく状態、幸福、福利」という意味の英語です。

ウェルビーイングという言葉は、一般的な英語表現ではありませんでしたが、世界保健機関(WHO)の憲章(1946年)の中で使われて、知られるようになります。

 

「健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること(ウェルビーイング)をいいます」

(世界保健機関(WHO)憲章、日本WHO協会仮訳)

引用: 公益社団法人日本WHO協会ホームページ(カッコと太字ハッピーキヌア編集部)

 

ウェルビーイングはこの3点が大切で、肉体だけでなく、精神的、社会的にも満たされているという、広い意味の幸福のことを言います。

 

なぜ、今ウェルビーイングが注目されているの?

ウェルビーイングが注目されている背景には、国際機関の動きと、社会の変化があります。

国際機関がそれぞれの立場で、ウェルビーイングの重要性を唱えたことや、社会の情勢にから浮かび上がる問題がウェルビーイングにつながっているのも、関心が高まっている理由です。

 

国際機関の動きと社会の変化の、主な現象を2つ見ていきましょう。

 

1. 国際機関の動き

世界経済フォーラム2021

2021年の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)について、世界経済フォーラム創設者であり会長のクラウス・シュワブ氏は、「人々のウェルビーイングを中心とした経済に考え直すべきだ」と述べています。

参考:『日本経済新聞』2020年10月29日「幸せ中心社会への転換(1)『ウェルビーイング』の重要性」

 

OECD「教育2030」

OECD(経済協力開発機構)は、2030 年に子どもたちに求められる能力や技能、適性について概要書をまとめました。その序文に、「友人や家族,コミュニティや地球全体のウェルビーイングのことを考えられなければならない」と記しています。

参考:OECD Education 2030 プロジェクトについて

 

2. 社会の変化

多様性社会のウェルビーイング

近年、性別や国籍、趣向や個性、人格など、さまざまな背景を持つ人々が集まり、多様な価値が存在しています。

個人の個性や考え方を理解、尊重することが、これまで以上に大切になった今、すべての人がウェルビーイングであることは、重要な意味を持っています。

 

働く人のウェルビーイング

日本では少子高齢化が進み、中核の労働力となるような年齢の人口が減少している状況の中、育児や介護と仕事を両立するなど、働く人のニーズは多様化しています。

 

この課題を解決するため、「働き方改革」を推進するための法律が定められました。厚生労働省は、この改革を通じて、働く人の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現することを目指しています。

働く人の意欲や能力を存分に発揮できる環境、ウェルビーイングが課題になっているのです。

参考:厚生労働省ホームページ

 

ウェルビーイングの話題の取り組み

ウェルビーイングは、国内外で積極的に取り組まれています。

団体や法人、企業などの活動の一部をここでご紹介します。

 

1. 国際的な取り組み

「SDGs」

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)とは、持続可能でより良い社会の実現を目指す世界共通の目標です。

2030年を達成年限とし、17のゴールと169のターゲットから構成されています。

そのゴールのうちの3[保健]では、「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する」とあり、「健康と福祉(ウェルビーイング):GOOD HEALTH AND WELL-BEING」に、ウェルビーイングというキーワードが含まれています。

 

2. 日本の取り組み

国内外のウェルビーイングに関する研究技術分野への助成

「健康」とは、WHOが定義しているように、肉体的・精神的・社会的にウェルビーイングであること。公益財団法⼈Well-being for Planet Earthでは、この社会の「健康」を促進するための研究活動を助成しています。

 

日本版 Well-being Initiative

日本版 Well-being Initiativeは、日本経済新聞社と、公益財団法人Well-being for Planet Earth、そして有志の企業や有識者・団体等と連携して発足した団体です。

実感としての豊かさをあらわすウェルビーイングを経済社会に起こすことで、持続可能な経済を考え、ウェルビーイングを高める経営の在り方の検討をしています。

 

3. 企業の取り組み

Googleのデジタルウェルビーイング

デジタルウェルビーイングとは、テクノロジーに振り回されるのではなく、生活とのバランスを取って、より役に立つように使用するという、2018年にGoogleが始めた取り組みです。

スマホで受け取る通知の数を管理したり、オフラインで過ごす時間をつくることができる、デジタルウェルビーイングというアプリを開発しています。

 

アシックスグループ丸井グループPwCグループ

いずれの企業も、「健康経営」を柱にしたウェルビーイングに取り組んでいます。

 

「従業員とその家族のウェルビーイング」「すべての人の幸せ」「従業員一人一人が心身とも健康で、高いモチベーションで仕事に取り組める環境づくり」などを掲げて活動をしています。

 

ウェルビーイングはこれからの社会のキーワード

ウェルビーイングとは、「満足のいく状態、幸福、福利」という意味ですが、身体の健康や精神的、社会的にも満たされているという、広い意味の幸福を言います。

近年、国際機関がウェルビーイングについて提言したことや、現在の社会情勢から、今、すべての人々が満たされる社会への関心は高まっています。

 

健康や福祉を促進する、多様性を認め合うなど、ウェルビーイングは、これからの社会を考えていく上で、ますます重要になるでしょう。

人々がウェルビーイングであるためには、どのような社会であるべきなのか。私たち一人ひとりが、自分のウェルビーイングとは何かを考えることから始めてみるのも良いかもしれません。

 

あわせて読みたいハッピーキヌアの健康関連記事の一覧

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ハッピーキヌアブランドがお届けする、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
睡眠や集中力アップのお供に、リラックスや忙しい時向けの2タイプで大人気です。今だけ限定で25%オフ。今すぐ以下をチェック!
▼100%Vegan 欧州産高級CBDオイル▼spot_img
 
さらに、ヴィーガン生活に最適なハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。
ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

2.9万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill's Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

29,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ