Well-Being(ウェルビーイング)とは?用語や話題の取り組みを徹底解説

Well-Being(ウェルビーイング)とは?用語や話題の取り組みを徹底解説

Well-Being(ウェルビーイング)とは何か?今なぜ注目されているのか?国内外のウェルビーイングに対する取り組みについて解説します。

ハッピーキヌア編集部
2021年11月21日
 

ご自宅で手軽に作れる安心安全のオーツミルク。今なら以下リンクから、初回お試しセットが70%オフの2,360円でお楽しみいただけます。いますぐチェック!

Well-Being(ウェルビーイング)とは?用語や話題の取り組みを徹底解説
Well-Being(ウェルビーイング)という言葉をご存じでしょうか。

ウェルビーイングは、私たちの身近な健康といった問題から、社会の中でより幸せに生きてくための考え方に深く関わっています。

私たち個人だけでなく、企業が経営において、生産性を上げたり、人材不足を解消したりするために、ウェルビーイングを取り入れる事例も増えています。

 

ウェルビーイングとは何か、なぜ注目されているのか、そしてウェルビーイングの話題の取り組みについて解説します。

 

Well-Being(ウェルビーイング)とは?

ウェルビーイングとは、日本語で「満足のいく状態、幸福、福利」という意味の英語です。

ウェルビーイングという言葉は、一般的な英語表現ではありませんでしたが、世界保健機関(WHO)の憲章(1946年)の中で使われて、知られるようになります。

 

「健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること(ウェルビーイング)をいいます」

(世界保健機関(WHO)憲章、日本WHO協会仮訳)

引用: 公益社団法人日本WHO協会ホームページ(カッコと太字ハッピーキヌア編集部)

 

ウェルビーイングはこの3点が大切で、肉体だけでなく、精神的、社会的にも満たされているという、広い意味の幸福のことを言います。

 

なぜ、今ウェルビーイングが注目されているの?

ウェルビーイングが注目されている背景には、国際機関の動きと、社会の変化があります。

国際機関がそれぞれの立場で、ウェルビーイングの重要性を唱えたことや、社会の情勢にから浮かび上がる問題がウェルビーイングにつながっているのも、関心が高まっている理由です。

 

国際機関の動きと社会の変化の、主な現象を2つ見ていきましょう。

 

1. 国際機関の動き

世界経済フォーラム2021

2021年の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)について、世界経済フォーラム創設者であり会長のクラウス・シュワブ氏は、「人々のウェルビーイングを中心とした経済に考え直すべきだ」と述べています。

参考:『日本経済新聞』2020年10月29日「幸せ中心社会への転換(1)『ウェルビーイング』の重要性」

 

OECD「教育2030」

OECD(経済協力開発機構)は、2030 年に子どもたちに求められる能力や技能、適性について概要書をまとめました。その序文に、「友人や家族,コミュニティや地球全体のウェルビーイングのことを考えられなければならない」と記しています。

参考:OECD Education 2030 プロジェクトについて

 

2. 社会の変化

多様性社会のウェルビーイング

近年、性別や国籍、趣向や個性、人格など、さまざまな背景を持つ人々が集まり、多様な価値が存在しています。

個人の個性や考え方を理解、尊重することが、これまで以上に大切になった今、すべての人がウェルビーイングであることは、重要な意味を持っています。

 

働く人のウェルビーイング

日本では少子高齢化が進み、中核の労働力となるような年齢の人口が減少している状況の中、育児や介護と仕事を両立するなど、働く人のニーズは多様化しています。

 

この課題を解決するため、「働き方改革」を推進するための法律が定められました。厚生労働省は、この改革を通じて、働く人の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現することを目指しています。

働く人の意欲や能力を存分に発揮できる環境、ウェルビーイングが課題になっているのです。

参考:厚生労働省ホームページ


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook