ザラが炭素放出から作られたパーティー用ドレスをリリース?詳細を徹底解説

ザラが炭素放出から作られたパーティー用ドレスをリリース?詳細を徹底解説

世界最大のファストファッションブランド・ZARA(ザラ)が炭素排出から作られたパーティー用ドレスをリリースしました。今注目を集めているバイオテクノロジー会社とのコラボレーションによって生まれたドレスコレクションについて解説していきます。

ハッピーキヌア編集部
2021年12月24日
ザラが炭素放出から作られたパーティー用ドレスをリリース?詳細を徹底解説

近年、アパレル業界全体でサステナブルな商品作りとシステムの改善への取り組みが加速しています。

ファストファッションの流行によって安価で衣類が手に入るようになった一方で、大量生産・大量消費・大量廃棄のシステムが環境に大きな影響を与えていることが明らかになったからです。

 

特に、アパレル業界における炭素排出量は世界の年間炭素排出量の10%を占めていることが明らかになっています。

これは、航空業界と運送業界の合計を超える量に当たります。

参考:UNEP「UN Alliance For Sustainable Fashion addresses damage of ‘fast fashion」

 

世界が脱炭素社会を目指す中、アパレル業界全体が二酸化炭素排出量を減らし、カーボンニュートラルを実現していくことが重要視されています。

脱炭素については「脱炭素って知ってる?内容と身近で取り入れる事ができる実現方法を徹底解説」で詳しく解説しています。

 

そんな中、世界最大のファストファッションブランド・ZARA(ザラ)が炭素排出物から作られたドレスを販売することを発表しました。

 

ZARAが炭素排出から作られたパーティドレスをリリース

今回ZARAから発売されるパーティ用ドレスは、アメリカのスタートアップ企業LanzaTech(ランザテック)と提携して作られました。

通常であれば化石燃料から作られるポリエステル糸の代わりに、製鉄所から排出された炭素をリサイクルして作られた生地を使用しているのが特徴です。

 

LanzaTechとは

LanzaTechは排出された炭素をエタノールに変換し、そのエタノールをポリエステルなどの新素材を生産する新しい炭素回収技術を開発したバイオテクノロジー企業です。

ビールが糖を酵母によって発酵させて作られるように、独自の発酵技術によって排出された炭素をエタノールに変換します。

このように排出される炭素を新たな資源として再利用できる技術は、脱炭素を目指す社会に大きく貢献すると注目を集めています。

 

 

初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら ソイミート7種の実食レビュー記事はこちら

LINE

Facebook