脱炭素って知ってる?内容と身近で取り入れる事ができる実現方法を徹底解説

近年話題となっている「脱炭素社会」の実現は気候変動などの環境問題の解決に大きく関わります。では消費者の私たちには何ができるのでしょうか?脱炭素の意味と身近に取り入れる事ができる簡単なアクションを徹底解説していきます。

皆さんは、「脱炭素」という言葉を聞いたことはありますか?

最近、街中やテレビなどで、SDGsや気候変動について話題になる機会が増えてきましたよね。

 

実は、脱炭素は、深刻化していく地球温暖化に密接に関わりがあります。

脱炭素化を達成する社会、すなわち「脱炭素社会」では、政府や企業の取り組みに加えて、私たち消費者の一人ひとりの力が欠かせません。

 

そのため、脱炭素について知ることは、これからの地球の未来を救う第一歩に繋がります。

本日は、初見では少し難しく聞こえるかもしれない「脱炭素」について、少しでも身近に感じていただけるように、その本質や概念関連するキーワード、そして身近で実践できるアクションについて、分かりやすく解説していきます。

 

脱炭素とは

脱炭素とは、地球温暖化*の大きな原因となる温室効果ガス*(炭素を含むガス)の排出量をゼロにする(する)という、温暖化対策のことです。

そして、脱炭素社会は、全世界で達成を目指していく共通の目標でもあります。

 

*地球温暖化:地球規模で、気温や海水温が上昇することで、生態系や地球環境に深刻な影響をもたらす現象

*温室効果ガス:地球の平均気温上昇の主な原因となるガス。太陽の光で温められた地上から、地球の外に向かう熱を、大気中に蓄積し、再び地上に戻す性質を持つ。

 

温室効果ガスの排出量をゼロにするということを聞いた時、そんなこと可能なの?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

脱炭素社会では、まずはできる限り、現在の温室効果ガスの排出量を減らす努力をすることが前提とされます。

 

例えば、企業が、エネルギー効率が向上された商品の開発(省エネ)、風力発電や太陽光発電などの再生可能エネルギーの利用などに積極的に取り組むことにより、今の温室効果ガスの排出量の削減は大いに期待できますよね。

 

しかし、最大限努力し、対策を行なった上でも、温室効果ガスが発生してしまうこともあるでしょう。

そんな時、二酸化炭素の吸収に役立つ植林やその育成など、他の活動によって、排出された温室効果ガスの量を埋め合わせる、これが脱炭素社会の中枢となる概念となります。

 

オフセット/ニュートラルとは?|カーボンオフセットフォーラム

 

つまり、脱炭素社会は、できるだけ温室効果ガスの排出を少なくし、それでも排出されてしまう量を、別の方法によって削減、吸収し、埋め合わせることを目指しています。

(出典:カーボンニュートラルとは – 脱炭素ポータル|環境省, 気象庁 Japan Meteorological Agency)

 

カーボンニュートラルとカーボンオフセット

脱炭素と同じくらい、カーボンオフセットカーボンニュートラルというキーワードもよく話題になっていますよね。

両方とも、基本的には脱炭素と同じ意味になりますが、それぞれ少しずつ考え方が異なります。

具体的には、カーボンオフセットは温室効果ガスの排出量の一部を埋め合わせる努力をすること、そして、カーボンニュートラルは温室効果ガスの排出量の全部を埋め合わせる努力をすること、といったように、排出量を埋め合わせる目標範囲が異なってきます。

すなわち、脱炭素化社会を目指す上では同じ概念となりますが、カーボンニュートラルの方が、より温室効果ガスの排出量をゼロにすることに焦点を当てているようです。

(出典 : カーボンオフセットフォーラム)

 

脱炭素の対象になる温室効果ガスについて

気象庁 Japan Meteorological Agency

地球温暖化に大きな影響を及ぼす主な温室効果ガスには、二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、そしてその他のガスが含まれます。全体の温室効果ガス排出量のうち、二酸化炭素とメタンの割合が約9割を占めています。

また、これらの温室効果ガス排出の原因は、化石燃料の使用や、森林破壊による土地利用など、ほとんどが人間の活動によるものだと言われています。

それぞれどのような特徴があるのかみてみましょう。

 

二酸化炭素(CO2)

二酸化炭素は、温室効果ガスの中で、もっとも地球温暖化に影響を及ぼすと言われています。石油の消費、セメントの生産などにより、空気中に大量に発生されます。植物などの光合成によって、大気中の濃度は減少します。

 

メタン(CH4)

メタンは、二酸化炭素の次に地球環境に影響を及ぼす温室効果ガスです。湿気のある土地で枯れた植物が分解される際、天然ガスの採掘、また家畜のゲップなどが、主な発生源となります。また、大気中のメタンの約60%は人間の活動によるものです。

動物性の食品の消費を極力減らす食事や、ヴィーガンのライフスタイルが地球環境に良いと言われているのは、この事実も関係しています。

詳しくはこちらの記事も参考にしてみてください。

 

一酸化二窒素(N2O)

一酸化二窒素はバイオマス燃焼、各種産業の工業課程において排出されることが多い温室効果ガスです。寿命が長いため科学的にも安定しており、大気中にバランスよく混合されていると言われています。

 

このように、温室効果ガスの中でも、特に二酸化炭素の排出を削減していくことが、脱炭素社会の実現にはかなり重要です。

3-1 世界の二酸化炭素排出量(2018年) | JCCCA 全国地球温暖化防止活動推進センター

日本は世界で5番目に二酸化炭素の排出量が多い国です。1位の中国、2位のアメリカと比べると排出量には差はありますが、2018年の日本の温室効果ガスの排出量は約11億3800万トンとまだまだかなり多いのが現状です。

(出典:気象庁 | 温室効果ガスWeb科学館, JCCCA 全国地球温暖化防止活動推進センター)

 

脱炭素に関わる協定やサミット

年々深刻化していく地球温暖化を抑制するため、毎年世界中で気候変動に対する国際会議が行われ、さまざまな目標や枠組条約が取り決められてきました。

本日はその中から、特に大きな前進となった協定やサミット、出来事をご紹介します。

 

「国連気候変動枠組条約締約国会議:COP」

まず、「国連気候変動枠組条約締約国会議」通称COP(コップ)と呼ばれる国際会議は、気候変動に対する目標を取り決める場として大変重要です。

漢字が多くて難しそうに聞こえるかもしれませんが、この会議では、世界中で地球温暖化の緩和に取り組んでいこうという目標を軸に、さまざまな対策が議論されます。

1995年より世界の各地で毎年開催されており、日本は環境大臣が全てのCOPに出席しています。

 

京都議定書(COP3)

過去には1997年12月に第3回COP(COP3)が、日本の京都で開催されました。

こちらの会議で、京都議定書と呼ばれる国際条約が採択されたのは、皆さんの多くもご存知ではないでしょうか?

主に先進国に対し、2008年から2012年の5年間で基準年の1990年と比較して5%以上の温室効果ガスを削減することが義務付けられました。日本の目標値は、6%と定められました。

しかし、温室効果ガスの排出量が多い先進国の取り組みを優先し、発展途上国に対しては削減が義務付けられませんでした。

また、法的拘束力を持ち、達成できなかった場合にペナルティが課される規約だったため、各国の温室効果ガス削減の目標値はあまり高く設定されなかったことが、課題として残りました。

このように、京都議定書の締約では課題が残りましたが、21世紀以降の地球温暖化問題に対して削減目標を取り決める初の機会となったため、今後の世界情勢の舵を取る大きな一歩になったと言えますよね。

(出典:京都議定書とは?合意内容とその後について |WWFジャパンl )

 

パリ協定(COP21)

京都でのCOP3以降もCOPは毎年開催され、地球温暖化に対する適応策が議論されてきましたが、史上的にも重要な会議となったのが、2015年12月、フランスのパリで開催されたCOP21です。

COP21では、初めて世界約200カ国が参加し、2020年度以降の温室効果ガスの排出量削減のための新たな国際的枠組みとして、パリ協定が採択されました。

共通の目標として、平均気温上昇を2℃未満に抑え、さらに1.5℃までに抑える努力をすること、そして、今世紀後半に温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする(脱炭素)ことが打ち出されました。

また、パリ協定の目的は、率先して高い目標を設置し、達成のために最大限の努力をしていくことであるため、京都議定書のようにペナルティが課されることなく、様々な国が参加しやすいものであったことも特徴的です。

削減目標は5年ごとに提出、そして更新することが必要とされ、国際的なレビューを受けることになります。

日本は、2030年までに26%、2050年までに80%の温室効果ガスの削減を目標値にパリ協定に署名しました。

また、同年9月には、国連で持続可能な開発目標、SDGs*も採択されたため、世界中でサステナビリティに対する意識が高まり、2015年はサステナビリティ元年と言えるでしょう。

*SDGs;Sustainable Development  Goals :持続可能な開発目標、地球上の誰一人取り残さないことを大きな目標として掲げ、17の目標と169のターゲットから構成される。

SDGsについてはぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

今さら聞けない「SDGs」とは|ヴィーガン必見のエシカルなトレンドを解説

(出典:パリ協定とは?脱炭素社会へ向けた世界の取り組み |WWFジャパン)

アメリカのパリ協定の脱退と復帰

パリ協定締約当初、二酸化炭素排出が世界2位となるアメリカは、2025年までに2005年と比較して、温室効果ガスの排出量を26%から28%を削減することを目標としていました。

しかし、2017年6月、トランプ政権下で取り決められたアメリカのパリ協定離脱が国連によって正式に受理され、気候変動に対して前向きに向かう世界各国にとって衝撃の事態となりました。

それに対し、バイデン大統領は大統領選挙活動時から、パリ協定の復帰を表明しており、就任式初日に国連に復帰を申請、そして、一ヶ月後の2月19日に正式に復帰が認められました。

そして、このアメリカのパリ協定への復帰が、のちに紹介する気候変動サミットへのきっかけなります。

 

菅内閣総理大臣の所信表明

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 菅 義偉 (@suga.yoshihide)

2020年10月、菅内閣が発足し、菅内閣総理大臣は、所信表明演説の中で、2050年までにグリーン社会、いわゆる、カーボンニュートラル、脱炭素社会を実現することを宣言しました。

菅首相は、環境対策を行うことは、社会経済を変革し、更なる成長を生み出すと主張しており、具体的には、グリーン社会に向けて、カーボンリサイクル*や、省エネルギーの徹底などさまざまな環境対策活動を遂行していくことを表明しました。

*カーボンリサイクル:炭素資源(カーボン)を再利用(リサイクル)する取り組み

(出典:令和2年10月26日 第二百三回国会における菅内閣総理大臣所信表明演説 | 令和2年 | 総理の演説・記者会見など | ニュース | 首相官邸ホームページ, カーボンリサイクルについて|資源エネルギー庁)

米国主催気候サミット

 

View this post on Instagram

 

A post shared by President Joe Biden (@potus)

気候変動サミットは、それぞれの国が地球温暖化に歯止めをかけるために挑戦していく目標を宣言する場です。

目標には、パリ協定同様、法的拘束力がないため、高い目標の設定がしやすく、そのことにより、目標に対してより前向きな姿勢を持ちやすくなります。

そして、米国のバイデン大統領主催により、今年2021年4月22日から23日にかけて行われた気候サミットは、世界40ヵ国の首脳が出席し、今後数十年の気候変動への道筋をあらわにする貴重な機会となりました。

日本からは、菅総理大臣が、2030年度までの温室効果ガスの排出量を、2013年度と比べて46%削減、そして、50%削減に向けて更なる対策を推進していく決意を表明しました。

パリ協定で日本が定めていた同年度の目標値は26%だったため、今回の設定値は7割以上の引き上げとなり、これはかなりの前進と言えるでしょう。

また、気候変動への取り組みは、社会や経済との調和、循環も大切になってきます。

菅総理大臣は、今回のサミットにて、政府が行う活動の中で、脱炭素電源などを最大限活用し、企業などにも投資を促す対策を考案していくことも宣言しました。

他国では、アメリカが、50%〜52%、カナダが、40%〜46%など、目標値の大幅な引き上げも目立ちました。

しかし、温室効果ガスの排出大国であるインドや中国は、脱炭素社会に向けての具体的な行動計画を示さなかったため、どれくらい踏み込んだ対策をしていくのか、今後注目されるでしょう。

(出典:気候サミット特集)

このように、2020年、そして2021年は今まで以上に、世界の気候変動への取り組みが活発になってきているように思います。

アースデイ(地球の日)の声がけや意識も、例年以上に際立ちましたよね!

来たる脱炭素社会の目標年は2050年になりますが、これはSDGsのゴール13、「気候変動に具体的な政策を」にも深く関わっています。

JAPAN SDGs Action Platform | 外務省

実際、環境省でも、”2030年までの今後の10年間が重要”としており、これからの行動が大切になってくることは明らかです。

(引用:カーボンニュートラルとは – 脱炭素ポータル|環境省)

では、私たち消費者はどのように脱炭素社会のために何ができるのでしょうか?

(出典:気候変動|外務省, 主要国の温室効果ガスの削減目標と実績|データ集|一般社団法人 海外電力調査会(JEPIC)

 

クールチョイスによる脱炭素化社会の実現

 

冒頭でも述べた通り、脱炭素化社会の実現には、私たち一人ひとりの取り組みが非常に重要になってきます。

その後押しをするのが「クールチョイス」です。

クールチョイスとは、温室効果ガスの排出量削減のため、脱炭素社会づくりに貢献する「製品への買換え」「サービスの利用」「ライフスタイルの選択」などの方面から、「賢い選択」をしていくことを指します。

どのように実践することができるのか、それぞれの分野ごとにご紹介いたします。

 

クールチョイス例①省エネ性能の高い商品の購入

照明、冷蔵庫、エアコンなどの家電製品の買換え時に、省エネ製の高いものを選択することで、家庭から発生される二酸化炭素の発生を低く抑えることができます。

具体的には、家電量販店などで、ラベルが表示されている、省エネ基準達成率が高い商品や、星の数が多い商品を選ぶことで、簡単に省エネ性の高い商品を選ぶことができます。

省エネルギーラベル・統一省エネルギーラベル | 省エネ家電で温暖化防止 | 省エネ家電 de スマートライフ -温暖化の影響と防止- (一般財団法人 家電製品協会)

通常、省エネ性の高い製品は、スタンダードのモデルに比べると値段も高価なイメージはありますが、これらの家電製品は、長い期間使うことができるので、購入時のコスト、ランニングコストを含めた最終的な金額を安く抑えることができます

これは地球にとっても、消費者の皆さんにとっても嬉しいことですよね。

 

また、まだ稼働中の家電の中にも、10年以上使っているものがあれば、買換えを検討することもおすすめです。

今使っている家電を、省エネに特化された家電に買い替えた場合の年間のCO2の排出量電気量の違いしんきゅうさんで簡単に計算することができるので、よければ試してみてくださいね。

 

他にも、車を購入する際には、温室効果ガスの発生を極力抑えるよう設計されているエコカーを選ぶこと冬は暖かく、夏は涼しく過ごせるように工夫されたエコ住宅を建てることも省エネ性能の高い商品の選択に含まれます。

 

クールチョイス例②効率を意識したサービスの利用

これには、公共交通機関や公共サービスの積極的な利用が例として挙げられます。

誰も乗客がいなくても電車やバスは時間通りに運行する必要があるため、その際にも乗り物からは、温室効果ガスが排出されています。

また、国土交通省のデータによると、運輸の際の二酸化炭素の排出量は日本の排出量全体の約19%を占めており、そのうち、自家用乗用車が約50%を占めています。

そのため、移動する手段が、自家用車と公共交通機関どちらかで選べる場合、公共交通機関を選ぶことで、温室効果ガスの発生量を削減することができるのです。

(出典:環境:運輸部門における二酸化炭素排出量 – 国土交通省)

 

他に、サービス利用のクールチョイスの例としては、宅配便の再配達防止対策なども含まれます。

オンラインショッピングの普及とともに、宅配便の需要も増えましたが、配達の際にも、トラックから温室効果ガスは発生しますよね。

そのため、最近では、「オープン型宅配ボックス」の利用が注目されており、建物に内蔵された宅配ボックスの利用や、コンビニなど自宅以外での宅配便の受け取りが可能になってきました。

これにより、ドライバーは再配達のために必要以上の労働を強いられることが減り消費者は出先から配達時間に気を使う必要がなくなります。また、配達回数が少なくなることで、トラックの稼働時間も短くなるため、温室効果ガスの排出量も削減されます

オープン型宅配ボックスの利用は、一石三鳥ですね。

 

これに加えて、配送が長距離、特に空輸となるオンラインショッピング際は、なるべくまとめて買うように心がけることも大切です。

ハッピーキヌアECストアでは、送料無料になる商品の購入金額を税込10,000円以上としており、まとめてのご注文をお待ちしております。

お買い物はこちらから。

市場のニーズとともに、私たちの周りに溢れるサービスは、昔よりも多様化してきました。これらを最大限に活用し、脱炭素化社会に向かっていきましょう。

 

クールチョイス例③ライフスタイルの選択

脱炭素のためにできる、一人ひとりが始められるアクションの3つ目として、より環境に優しいライフスタイルの選択やそれに柔軟に適応していくことが挙げられます。

 

 クールビズは代表的な例です。

クールビズは、夏の暑い日でも、軽装をした上で、適切な室温で快適に過ごすライフスタイルのことを意味します。

皆さんはエアコンをどれくらいの温度に設定しているでしょうか?

過度に設定温度を低くして、部屋を冷やしすぎてしまっていることはありませんか?

環境省が推奨している、クールビズの一般的な室内温度は28°Cと言われています。

この数字は目安ですが、時には扇風機を使用したり、体温を下げてくれる夏野菜などの食べ物を摂ったりすることで、エアコンの冷房に頼りすぎないようにすることも大切です。

 

同じことが暖房を使用する際にも当てはめることができ、これはウォームビズと言います。

ウォームビズで推奨される室温は20℃と言われており、保温性の高い素材が使用された衣類の着用や、温かい食べ物の摂取暖気が逃げないように窓やドアを閉めるなどを意識することで簡単に実践することができます。

 

また、家庭で1人1台エアコンを使用するのではなく、1部屋に集まって一緒に過ごしたり、公園や図書館など、快適だと感じることができる場所や施設に移動したりすることで、無駄な電力の使用を減らすことができます。

これを、クールシェア、ウォームシェアと言います。

コロナ禍で気軽な外出は難しいこともあると思いますが、三密を避けるように工夫しながら、ぜひ実践してみてくださいね。

 

先ほどご紹介したバスや電車など公共機関での移動を選択すること加えて、徒歩や自転車の移動の選択も脱炭素社会に繋がり、これをスマートムーブと言います。

もちろん、これらの移動は二酸化炭素の排出量はゼロとなりますので、究極のエコ活動と言えるでしょう。

スマートムーブは、環境に優しいだけではなく、体を動かす移動方法を選択することで健康にも良い影響を及ぼすため、地球にとっても自分自身にとっても嬉しいことですよね!

 

また、アメリカの一部地域では、レンタルスクーターの利用も人気があります。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

現地スタッフがご紹介! 気軽に試せる◎ アメリカのサステナブルな取り組み7選

 

ご紹介した例以外にも、冷蔵庫の食品ロスがなくなるように工夫した献立を考えることや、マイボトルやマイ袋を使用することで、使い捨てプラスチックの消費を少なくすることも含まれます。

皆さんの生活で、すでに実践できているものも多くあるのではないでしょうか?

このように脱炭素ライフスタイルへの転換のための鍵となるクールチョイスは、日々の生活に取り入れる事ができるのです。

 

また、クールチョイスはエシカル消費の一環でもあります。つまり、クールチョイスを実践することで、同時にエシカル消費も行うことができているのです。

エシカル消費についての詳しい内容については、ぜひこれらの記事も参考にしてみて下さい。

(出典:「COOL CHOICE」 地球温暖化対策、省エネ、エコで「賢い選択」, 脱炭素ポータル|環境省)

 

まとめ

脱炭素は、できる限り温室効果ガスの排出を減らす努力をした上で、避けられない排出の部分を他の活動によって埋め合わせていくことです。

これは、決して実現不可能なことでなく、一人ひとりが少し意識を向けるだけでも、大きな効果が望めます。すぐにパーフェクトな状態を求めていく必要はなく、クールチョイスを積極的に行い、少しずつでも毎日の生活に取り入れていくことが大切です。

地球の住民である私たちが、大切な住む場所を守れるよう、そして、これから先も環境を維持していけるよう、脱炭素を理解し、意識して行動することは、大きな前進となるでしょう。

そして、脱炭素化社会は、1人が百歩前進するよりも、10人が十歩、100人が一歩と、たくさんの人を巻き込んで、ムーブメントを起こすことでより大きな力へと繋がっていきます。

ぜひ、周りの人にも広めながら、一緒に脱炭素社会の実現を目指して行けたら素敵ですね。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ハッピーキヌアブランドがお届けする、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
睡眠や集中力アップのお供に、リラックスや忙しい時向けの2タイプで大人気です。今だけ限定で25%オフ。今すぐ以下をチェック!
▼100%Vegan 欧州産高級CBDオイル▼spot_img
 
さらに、ヴィーガン生活に最適なハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。
ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

2.9万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill's Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

29,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ