オーガニック・有機栽培とは?定義や違いを徹底解説

オーガニックや有機栽培の定義や違いとは?今さら聞けないヴィーガン必見の情報を徹底解説。有機という言葉の由来や、オーガニックとヴィーガンの違いなどの様々な疑問に答え、おすすめオーガニック商品の紹介まで、幅広く情報をお伝えします。オーガニックについてもっと知りたい方必見の情報をまとめています。

オーガニック・有機栽培ってなに?

ヴィーガンの方は特に日頃よく耳にすると思います。

オーガニックや有機栽培と聞くと、自然派・健康志向・安心といったイメージを浮かべませんか?今ではオーガニック生活を送る方が急増し、テレビや雑誌などでも多々特集されています。

 

そんな今注目のオーガニックについて徹底的に解説します。

今さらオーガニックについて?と思う方もいるかもしれませんが、おすすめ商品も紹介しているので必見です!

また、その定義や違いなどを詳細にご紹介していきますので、再学習の意味も込めてチェックしてくださいね。

 

オーガニック・有機栽培とは

オーガニック・有機栽培という言葉の由来・意味

オーガニック・有機栽培の定義についてですが、まず「Organic(オーガニック)を日本語に訳すと有機」であり、元は同じ意味の言葉です。

オーガニック・有機栽培では「化学的に合成された肥料及び、農薬の使用を避ける」とあります。

 

この説明通り、オーガニック・有機栽培とは、化学的ではないもの肥料・農薬を使用しない栽培方法、すなわち、生物由来の有機物から生成された肥料を使用するため、”有機” 栽培と呼ばれるわけですね。

 

ここでちょっと、より理解を深めていただくためにも、言葉の意味・由来に関する説明をさせてください。

化学に詳しい方は、有機物・無機物という言葉には馴染みがあると思います。

有機物とは、主に炭素を含む化合物のことで、生物に由来する物質は一般的に「有機物」と分類されます。一方で、生物ではなく、生命力の宿らない鉱物などに由来する物質を「無機物」と分類します。

”(または”器”)や、”organ” は、生物のことを指し、生物には炭素が豊富に含まれていますから、機が含まれている(有る)物質は有機物(organic)」と呼ばれ、機が含まれない(無い)物質は、「無機物(inorganic)」と呼ばれるわけです。

 

このことからも、オーガニック・有機栽培は、無機物由来の化学肥料を用いず、生物由来の有機肥料を用いた農法、農産物などを指すことがお分かりいただけると思います。

 

さらに、オーガニック・有機栽培という言葉は、土壌の力を活かして、環境への負荷をできる限り減らす特定の条件下で生産される農法野菜や果物農畜産物や加工食品などを直接指すこともあります。

現在では、農法や食品にとどまらず、オーガニックコットン、オーガニックコスメ、有機空間など、衣・食・住に関係する言葉として広がってきていますね。

 

オーガニック・有機栽培の定義

さて、言葉の意味が分かったところで、農法にフォーカスして説明していきます。

以下に、オーガニック・有機・無農薬の定義についてまとめてみました。加えて最近よく耳にするボタニカルや、無農薬の定義についても触れておきます。

  • オーガニックの定義
    健全な自然環境と社会環境を実現するために、栽培から加工まで、自然の力・恵みのみで作られた食品や生産方法
  • 有機の定義
    「有機」と「オーガニック」は意味は同じですが、「有機」には有機農産物、有機加工食品、有機畜産物、有機飼料の4種類があり、有機JAS規格として認められる公的基準です。

使用できる肥料や食品添加物、栽培や製造方法などを、この公的基準を元に決めていきます。

認証基準は世界各国の各団体で異なり、それぞれ厳しい審査基準を満たしたもののみ「有機」または「オーガニック」と語ることができます。

 

似たような言葉で、無農薬やボタニカルという言葉がありますが、こちらについても紹介します。

  • 無農薬の定義 

無農薬はその名の通り、「農薬が無いという意味」で農薬を一切使用していないということになります。

  • ボタニカルの定義

ボタニカルは「植物由来の」を意味し、植物から抽出した成分を使用して作られているということ。

成分表示の中に一つでも植物由来の成分が配合されていれば、その商品は「ボタニカル」と名付けることができます

 

それぞれの違いについて解説

これまで、定義についてご説明しました。

なんとなくわかったような、わかんないような…という方の為にも、それぞれの違いについてご説明します。

 

無農薬とオーガニックの違い

国内には、有機栽培の農作物の他に「無農薬」として売られているものもありますが、オーガニックと無農薬はちょっと違います。

日本で「オーガニック」として売ることができる農作物の栽培には、JAS規格で定める31種類の農薬(化学的に合成されていない農薬)は使用でき、全く農薬を使わないわけではありません。

無農薬の農作物は、農薬が完全に使用されない環境で栽培されたものに限られます。

つまり、「オーガニック=有機=無農薬」とイメージされがちですが、実は有機認定されているものでも一部の農薬の使用が認められています(もちろん、化学合成農薬の使用は禁止されています)。

 

ボタニカルとオーガニックの違い

先程ご説明した通り、ボタニカルとは、植物由来の成分が少しでも含まれていれば、ボタニカルを名乗ることが出来ます。

ということは、ボタニカルであっても、オーガニックであるとは限らないわけですね。

オーガニックとボタニカルは、ナチュラルな自然派のイメージから、同じように思われている人も多くいますが、全く別なものとなります。

 

これらの違いを知っておくと、品物を選ぶ時にとても役に立ちますね。

 

遺伝子組み換えなしとオーガニックとの違い

遺伝子組み換えなしは、NON-GMOとも表記されることもありますが、その名の通り「遺伝子組み換えを行っていない作物」のことを指します。

遺伝子組み換えなしはオーガニックなの?と思われていることもありますが、遺伝子組み換えなし=オーガニックとなるわけではありません。

ただし、食品においてオーガニック規格では「遺伝子組み換え使用不可」の為、有機マーク保有の食品は遺伝子組み換えなしと捉えることが出来るでしょう。

オーガニック食品は、栽培から加工まで、自然の力のみで作られた食品です。日本では「有機JAS認定」を受けていなければ、オーガニック食品の扱いにはなりません。

さらに、土壌では最低2年以上使用禁止資材不使用であること、遺伝子組み換えでないこと等、厳しく定めらた規定をすべてクリアして、はじめて有機JAS認定を受けることができます。

 

その「有機JAS認定マーク」をご存じの方、ご覧になっている方は多いはずです。

 

画像:有機食品の検査認証制度:農林水産省

有機JASマークは、有機栽培された農産物で、有機JAS規格の条件を満たしている食品にのみついている安心・安全の信頼の証であると言えます。

 

有機加工食品の基準

現在日本ではオーガニック加工食品の数は海外ほど多くありませんが、お醤油や味噌・調味料・パンやお菓子・お茶や珈琲・ジャムや佃煮などのオーガニック食品が出回っています。

そうしたオーガニック・有機加工食品の基準はどうなっているのか見ていきましょう。

 

原材料の95%が有機栽培されたもの

有機加工食品としての認定を受ける基本は、水と食塩を除く原材料の95%がオーガニック栽培されたものであることです。

さらに、加工の過程でも、洗剤や化学薬品、農薬などで汚染されないように、きちんと管理された場所での製造が鉄則です。

有機栽培原材料は日本では5%までは許容範囲とされていますが、オーガニック認証先進国の米国などは、表示の基準も細かく規定されています。

認証された商品には「USDAマーク」と、通常の95%有機「Organic」の表記に加え、100%有機では「100% Organic」や70%以上有機の場合「Made with Organic」といった表記になります。

 

無添加とオーガニックの違い

 

この投稿をInstagramで見る

 

はっちゃん(@harumi_organiccafe)がシェアした投稿

似たような食品に関する表示の中で、無添加という表示を見ることも多いのではないでしょうか。

果たして、オーガニック・有機は、無添加を意味することになるのでしょうか。

 

結論から言うと、JASマークがついた食品=無添加ではありません。

原材料の95%は有機JASマークが認定された農産物が使用されていますが、100%全てが有機原材料ではありません。

残り5%には、有機でない食材や食品添加物が含まれていても問題ないのです。

 

現在、日本では無添加表示には決まりがありません。JAS規格では、以下の条件付きで食品添加物を使用することは可能です。

・JASで使ってもよいと認めた食品添加物であること(使ってもよいと認められた食品添加物は60余りあります。(有機加工食品検査認証制度ハンドブック

・その食品を製造するのに必要であること

・添加物を使用する場合は、必要最小限度とすること

・配合割合は、有機でない原材料と食品添加物を合わせて5%以下であること

例えば有機豆腐の原材料に、「にがり」が使われますがにがりは海水からとれる塩化マグネシウムが含まれ、食品添加物に属しますが、JASでは使用が認められています。

それは、その食品を製造するのに必要であるからなのです。

 

ただ、原則として、「食品添加物の使用を避けることを基本とする」とされています。

添加物が100%悪いと言うことではなく、こうした点をふまえて認識していると良いですね。

 

 

オーガニック・有機栽培であればヴィーガンなの?

結論から申し上げますと、オーガニック・有機栽培であればヴィーガンというわけではありません。

というのも、オーガニックの肉や卵が存在するからです。

オーガニックとは、主に栽培方法などことなので、有機飼料で畜産された肉や卵は、オーガニックになり得るのです。

一方でヴィーガンは、卵や乳製品を含む、動物性食品を一切取り入れないスタイルです。さらに、食だけではなく、身の回りのものからも可能な限り動物由来のものを排除します。

つまり、オーガニックであればヴィーガンという条件は、成り立ちません。

 

ヴィーガンは、オーガニックでなくてはならないということではありませんが、健康・環境問題などを強く意識するヴィーガンは、積極的にオーガニック製品を選ぶ方が多いのが実情です。

私たちの健康や自然環境にとって、有害なものを極力排除することを目的とするオーガニックは、ヴィーガンに通じることです。

 

オーガニック商品は年々人気が上昇中

世界と比べて有機栽培を実践する農家の割合がまだまだ少ない日本でも、農水産相の調査によると日本の有機食品市場は2009年は1,300億円、2017年では1,850億円となっています。(出典:農林水産省

さらに、2020年には10年後の2030年の見通しの算定では3,283億円を目標と設定しました。

有機食品市場は成長を続け今後もその伸びが期待されていることになります。

また、アメリカでは、オーガニック食品市場は約4兆8千8百億円(2017年)と巨大市場になっていて、今もなお、毎年約10%の成長を続けています。全世界では10兆円規模に躍進をし続けています。

つまり、近年では食品だけではなく衣類や生活用品も含めて、オーガニック商品市場は人気とともに上昇中だと言うことです。

 

オーガニック市場成長の背景

オーガニックは病気のリスクを下げ、より身体によいものを取り入れて健康への効果があると注目されています。

有機栽培された農作物が、消費者から選ばれる背景には「食の安全」や「健康」に加えもう一つ、環境保全的な側面を持ちます。

 

有機栽培が支持される4つの理由

世界各国において国家レベルで有機栽培が推進され、オーガニック食品が消費者から支持される背景には、有機栽培をすることで4つのメリットがあることが関連しています。

  1. 体内に入る化学物質を減らせること
  2. 農業従事者の健康面の改善が望めること
  3. 自然環境への影響を軽減できること
  4. 美味しさは健康へ繋がるということ

 

今後、日本を含めて世界中で、さらなる普及が予測されるオーガニック食品ですが、その背景もより詳しく確認しておきましょう。

従来の慣行栽培は、化学合成農薬が作物についたままの残留農薬問題や、窒素系化学肥料から出る硝酸塩などが収穫時の作物から検出される問題などがあります。

有機栽培は、化学合成された肥料や農薬を使用しないことで、有害物質を身体に取り込むのを減らせることになり、農家の人たちの健康面の改善にも繋がります。

有機栽培された作物は、従来の栽培方法で作る作物より、特定のビタミンやミネラルや抗酸化物質(ポリフェノールなど)が多く含まれているという研究データもあります(出典:taylor and francisジャーナル)。

 

また、オーガニック野菜は、自然の力・恵みのみで作られているので、野菜本来の味が濃く美味しいという話もあります。

野菜を毎日摂り入れるヴィーガン・ベジタリアンの方にとっては、こうした違いは大きなメリットになっています。

また、有機栽培は、環境への影響を小さくしたり、人間だけでなく野生動物たちの生態系を極力崩させないためにも繋がります。

 

化学物質による危険な環境汚染

慣行栽培で使われる化学肥料や合成農薬などの化学物質は、空気中や土壌にも浸透しています。その有害物質は土壌を通じて川や池に放出され、さらに川から海へと流れて汚染の原因となります。

慣行栽培によって、本来ならば自然界に存在しない化学物質が、地球の隅々まで行き届いてしまっていることは確かなことです。

化学物質が、生態系にどこまで悪影響を及ぼすかは未知数で、まだはっきりとした実態の解明には至っていませんが、確実に汚染しているのは事実のようです。

汚染物質を出し続けるのではなく、環境保全上で最大限自然に配慮する努力のひとつが、有機栽培です。

こうした環境問題にも関心を持つ人が増え、オーガニック市場の人気が今後も上がっていくことは世界的規模で間違いないと言えますね。

 

オーガニック・有機栽培の商品

オーガニック・有機栽培の製品に興味を持っている人は多いはず。すでに毎日の食事に取り入れている人や、オーガニック製品を使っている人も増えています。

オーガニック商品であるかを見極める日本の認定基準は、先にご紹介した食品では有機JAS認定です。

世界では食の有機統一基準について原案を作ったIFOAM -オーガニック・インターナショナルが117カ国に800社の関連会社を維持しています。

衣類などのアパレル・繊維製品ではオーガニックテキスタイル世界基準認証 Global Organic Textile Standard(GOTS)とオーガニックテキスタイルのための Organic Content Standard認証(OCN)。

日本のNOC(日本オーガニックコットン流通機構)があります。

NOC 日本オーガニックコットン流通機構
画像:NOC

 

また、生活用品では主にコスメなど化粧品に関して、日本オーガニックコスメ協会独自の基準が定められています。

JOCA推奨品マークは、日本国内のオーガニックコスメメーカー28社が取得し、普及活動を支援しています。

17年収穫マハラニヘナ/石臼挽きヘナお徳用袋500g
画像:JOCA

 

これらの認証・推奨マークを目安に品質を確かめることができます。

それでは、ここからオーガニック・有機栽培の商品を例に挙げてご紹介していきます。

 

1. オーガニック食品

 

この投稿をInstagramで見る

 

@kwnrmがシェアした投稿

オーガニック食品は野菜、果物でいただくものの他、お米・調味料・油・飲み物・冷凍食品・レトルトやインスタント食品などの加工品まであります。

その中で消費が多い人気商品は、野菜に次いでオリーブオイルや調味料、お米などです。

オンラインで買える通販店も増え、オーガニック野菜の宅配サービスも人気ですね。

 

ハッピーキヌアのセレクトショップでもヴィーガン食品の購入が出来ます!

プラントベース体験Box ¥5,400

プラントベースの人気商品を詰め合わせたBOXで、オーガニック食を始めたい方にピッタリ!商品内容(10~12個)は一例ではありますが、以下の通りです。

ライスミルク or アーモンドミルク1,000ml・玄米ラーメン・ヴィーガンラーメン・各種ソイミート・カリフラワーライス・豆乳マヨ・麻婆豆腐の素・ヴィーガン野菜ブイヨン・セイタンを使用した五目煮
など

 

また、オーガニック食品は安心・安全・美味しいとオーガニック・有機栽培専門店も全国的になってきました。

大型百貨店のいわゆるデパ地下や、大手スーパーもオーガニック野菜、有機栽培野菜専門のコーナーなどがあり、以前より手軽に購入できます。

また、大きなオーガニックスーパー以外にも、それぞれの街に、小さいけれどオーガニック野菜や食材を扱うショップも見かけます。

中にはカフェや雑貨を併設しているショップもありますよね。都内の一店舗をご紹介。

 

カフェスロー 【東京・国分寺市】

 

この投稿をInstagramで見る

 

カフェスロー(@cafeslow_9)がシェアした投稿

国分寺駅南口から徒歩5分の「カフェスロー」は、日替わりランベジチプレートや、ヴィーガンスイーツ、テイクアウトやケータリングも対応していている人気のカフェ。

ドリンク類も新メニューオーガニックホットチリココア、森のコーヒー生豆を手焙煎したコーヒーもおすすめです。また、カフェでも使用している有機無農薬・有機栽培のお野菜を販売しています。

身近にあるオーガニック食品のお店に出向いて、新鮮で美味しい品々をぜひ試してみましょう。

 

 

2. オーガニックな衣類や布製品

オーガニックは繊維業界でも注目され、体にいい、地球にいい、そんなコンセプトのものがファッション界でも広がりつつあります。

大手のブランドもエコフレンドリーを意識したラインなどを発表し、一流デザイナーやクリエイター達からも支持されています。

一部をご紹介します。

 

NADELL

 

この投稿をInstagramで見る

 

NADELL(@nadell_official)がシェアした投稿

エシカルなもの作りをしているブランド「NADELLナデル)」は、人や自然に優しいスタイル。

ナチュラルだけど少しだけモードをテーマとしたシンプルなデザインが、大人の女性に人気です。オーガニックコットンや天然素材にこだわったラインナップです。

ロングセラーのおうちパンツやオーガニックコットンマスクがおすすめです。

NADELL kyoto 本店 〒604-0903 京都市中京区河原町通夷川上る指物町330-2📞075-708-6552

NADELLオンラインショップ

 

MADE IN EARTH.

オーガニックコットン専門店MADE IN EARTH(メイド・イン・アース)」。

地球に生まれ、地球に還るをコンセプトにした、純オーガニックコットンを使う製品を扱うブランド。ベビー製品や靴下、タオル、シーツなどの肌触りが抜群と高評価を受けています。

レディス・メンズ・キッズ・べビー衣類、タオル、寝具類、雑貨、小物、布ナプキン、天然の洗剤・せっけん、国産の家具シリーズ(イス・ベッド)、などを展開中。

MADE IN EARTH. のオーガニックタオルケットの購入ページ(Amazon)

 

Will’s Vegan

我々ハッピーキヌアがおすすめする「Will’s Vegan(ウィルズ ヴィーガン)」は、創設者のウィル・グリーン氏によって2012年に設立されて以来、ヴィーガンファッションの最前線に立つエシカルな企業です。

コットン製品などは、オーガニックなものを積極的に使っています。

コットン製のローファーなども、オーガニックコットンを使用していますよ。

 

3. オーガニックな生活用品

最近はオーガニックな生活用品を取り扱う店も増え、身近に手に入ります。また、持続可能という意味の「サスティナブル」や「SDGs」というキーワードも注目されています。

地球を守ろうという動きは食べ物だけでなく、生活用品、住まいやコスメなどさまざまな分野で広がってきています。

毎日使うものだからこそオーガニックにこだわりたい製品は、ヘアケア・スキンケア・オーラルケアのからだに関係したものや、洗剤・アロマ・ペット製品まで多々あります。

 

その中で、ヴィーガン対応のオーガニックシャンプーのご紹介。

イブニングシャンプー & コンディショナー  ¥3,190~

John Master Organics(ジョンマスターオーガニック)は、世界中で愛されるUSDA認証のオーガニック製品を扱っています。

シャンプーの種類は主に6種類。スペアミント&メドウスイートやジン&セージはスッキリした香りで男性にもおすすめです。

H&Hヘアシャンプー ハニー&ハイビスカスには、ハチミツが配合されているので要注意です。

商品の購入はこちらから(Amazon)

 

オーガニックな生活用品が揃うおすすめのショップ

クレヨンハウス 表参道

絵本やおもちゃで有名な、表参道近くにあるクレヨンハウスは、オーガニック食品・有機野菜・オーガニックコスメ・オーガニックコットンを店舗とオンラインショップで販売しています。

3Fのオーガニック&女性の本の専門店はオーガニックコスメ&ファッション、布ナプキン、女性の視点で選んだ本の数々があります。

地下1Fにある、Crayonhouse HIROBA(クレヨンハウス ヒロバ)はオーガニックレストラン。レストランの隣にある「野菜市場」で新鮮な有機野菜や食材を買う事もできます!

 

その他 オーガニック製品を扱うお店一覧

・東京ロハス 東京 田端・駒込エリアにあるセレクトショップ オーガニックスキンケア・食品・雑貨

・おもちゃ箱 自由が丘のアンテナショップ 食品・日用品・画材玩具など日常生活全般

・ピープルツリー 自由が丘店・川高島屋S.C. フェアトレード専門ブランド 板チョコが有名!

・エコストア アトレ恵比寿西館 エコロジックなホームケアブランド ニュージーランド発

・THREE Life(スリーライフ)品川/戸越 優しいエシカル系セレクトショップ ライフスタイルグッズ

 

など、様々なお店がオーガニックな商品を販売するようになっています!

これからも注目され続けること間違いなしですね。

 

まとめ

アメリカやヨーロッパに比べて、オーガニック市場がまだまだ追いついていない日本ですが、最近では、有機栽培や無農薬・減農薬の食材や、オーガニックを支持する人たちは確実に増えています。

おうち時間が長くなり、料理する機会も増えてきていますよね。こんな時だからこそ免疫力アップに効果のある、オーガニック食材や有機栽培野菜メニューを作ってみてはいかがですか?

近くにオーガニックショップがない方でも、ハッピーキヌアでもオーガニック食材を多く取り扱っていますよ🐰

 

2.3万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新しています🐰

食品からアパレルまで、650を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されます、お楽しみに。

お買い物はこちらから。

↓ お買い物はぜひ、ハピキヌストアで ↓spot_img
↓ ハピキヌの公式インスタはこちら ↓spot_img
- ハピキヌストアへのリンクはこちら -spot_img
- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img
spot_img
spot_img
spot_img
spot_img

新着記事

人気投稿

記事カテゴリー

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

おすすめ記事