アンジェリーナ・ジョリーが蜂まみれに?彼女の人権問題への取り組みを解説

アンジェリーナ・ジョリーが取り組むミツバチに関する問題や、人権問題への取り組みについて解説していきます。

2021年5月20日に、アンジェリーナ・ジョリーが蜂まみれになっている衝撃的な写真が公開されました。

 

ナショナルジオグラフィックが撮影したこの写真には、どういった意図や目的があるのでしょうか。

アンジェリーナの取り組むミツバチに関する問題や、そのほか人権問題への活動について解説していきます。

 

ミツバチ保護を訴えるキャンペーン

 

この投稿をInstagramで見る

 

National Geographic(@natgeo)がシェアした投稿

この強烈な写真は、ミツバチの保護を訴えるキャンペーンとして撮影されたものです。

ドキュメンタリーの制作で有名な「ナショナルジオグラフィック」が撮影したもので、減りゆくミツバチを守る意識を周知させる意図があります。

 

写真が公開された5月20日は、国連によって2017年に制定された「World Bee Day(世界ミツバチの日)」でした。

写真の中で、ミツバチが素肌のアンジェリーナ・ジョリーを覆っていることは、ミツバチと人間の共存を意味しているとのことです。

 

大変な撮影

撮影時にアンジェリーナ・ジョリーは、ミツバチを攻撃的にさせないために様々な苦労をした様子。

 

まず、撮影前の3日前まで、シャワーを浴びずシャンプーや香水などの人工的な香りを避けました。

ケミカルな香りが、ミツバチを刺激してしまう可能性があるためです。

 

本番も、数百匹のハチが飛び交い、顔や体にまとわりつくなか、まったくの無防備な状態で撮影しました。

その際にも、ミツバチに敵意を持たせないよう微動だにしなかったようです。

 

努力の結果、蜂に刺されることなく撮影を終えたとのこと

 

ミツバチを保護する必要がある

人間の行動が原因で、世界中でミツバチが大量失踪する蜂群崩壊症候群が起こっています。

 

蜂群崩壊症候群の発生は、ヨーロッパ、アメリカ合衆国、日本、インド、ブラジルなど地域を問いません。

多いところでは、養蜂場の90%以上のハチがいなくなってるとのことです。

 

原因は諸説ありますが、農薬によって抵抗力の落ちた寄生キノコである可能性が高いとされています。

寄生キノコに乗っ取られた蜂が帰巣本能を失い、巣に戻ってこれなくなったという説です。

 

ただし、確固たる証拠や、どのような農薬が悪さしているかというのはまだ特定はできていません。

とはいえ、現代の社会が招いている結果である可能性は高く、しっかりと対処していかなければならない問題です。

 

多くの食品産業はミツバチに頼っている

ハチが減ることによって打撃を受けるのは養蜂場だけではありません。

「ミツバチ」という存在は、多様な産業に関係し、重要な役割を果たしています。むしろ、多くの産業がミツバチに依存しているといっていいほどです。

 

ミツバチが関係する食品は、野菜・果物など多岐にわたり、人間の消費する食品のうち3/4ほどだと言われています。

種子や果物の受粉といった直接的な関係に加え、それらを介する食品の全てに関係するのです。

 

さらに、世界の農地の3割以上がミツバチに依存した農業をしているため、ミツバチが減少する影響は計り知れないことでしょう。

 

女性の養蜂家を育成する

写真は、アンジェリーナ・ジョリーがアンバサダーを務めるプロジェクト「Women for Bees(ウーマン・フォー・ビー)」を周知させるという目的もあります。

 

「Women for Bees」は、フランス発の美容ブランド「ゲラン」と国際連合教育文化機関「ユネスコ」が共同した、「女性を養蜂家にする」プロジェクトです。

 

2025年までの5年間で、50人の女性を養蜂家に育て、25のユネスコ生物圏保存地域にミツバチの居場所を作るという目標にしています。

 

具体的には、イタリア、スロベニア、ロシア、フランス、カンボジア、エチオピア、中国などに、2500の巣箱を設置し、ミツバチ1億2500万匹の保護を目指しているとのこと。

さらに「Women for Bees」は、ミツバチを保護するだけでなく、貧しい地域に住む女性へ仕事を見つける、経済的な支援の意味合いもあります。

 

アンバサダーを務めるアンジェリーナ・ジョリー自身も、2021年夏にフランスで養蜂家の訓練を受ける予定です。

 

アンジェリーナ・ジョリーの人権問題への取り組み

これまで様々な人権問題、社会問題に取り組んできたアンジェリーナ・ジョリー。

発端は2000年に公開された主演映画「トゥームレイダー」の撮影地としてカンボジアへ訪れたことだったといいます。

その日の暮らしさえままならないカンボジアの現状を目の当たりにしたアンジェリーナは、まず最初にカンボジアの支援のための基金を立ち上げます。

 

マドックス・ジョリー・ピット基金プロジェクト

トゥームレイダーの撮影から3年後、カンボジアで「マドックス・ジョリー・ピット基金プロジェクト(Maddox Jolie-Pitt Foundation Project)」を立ち上げました。

 

このプロジェクトは、カンボジアの産業やインフラ整備、教育や医療など多くの分野の発展に寄与しました。

なお、「マドックス・ジョリー・ピット基金プロジェクト」の由来は、自身と恋人ブラット・ピットの名前に、カンボジアから迎え入れた養子マドックスくんの名前を加えたもの。

 

UNHCR特使に任命される

2012年4月に、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)より特使として任命されます。

2001年にUNHCR親善大使に任命されて以降行ってきた、数々の献身的な活動が評価された形です。

UNHCR特使になったアンジェリーナは、各国の難民、避難民の現場視察に加え、スピーチなども任されています。

 

継続的な人道的支援

その後も1年に1~2度ペースで、アンジェリーナはあらゆる人道支援の現場へ訪れています。

直近の2021年6月20日「世界難民の日」には、西アフリカのブルキナファソに来訪。

ブルキナファソは、西アフリカ全体の難民危機の影響を強く受けた、アフリカでもっとも貧しい国と言われています。

 

そこでアンジェリーナは、「今現在世界中でどれほど難民として苦しんでいる人が多いか」や、「それに対する取り組みの少なさ」を一般の人に向けて語りました。

 

まとめ

アンジェリーナ・ジョリーが蜂まみれになっている衝撃的な写真は、ミツバチ保護キャンペーンの一環でした。

ミツバチは、世界中の食糧を循環させる重要な媒介者です。

今後ミツバチの失踪による食糧問題を避けるためにも、ミツバチ保護の意識・行動は非常に大切になってきます。

また、アンジェリーナ・ジョリーは人権問題をはじめとする多くの社会問題に取り組んでいます。難民への人道支援の現場訪問、スピーチは今後も続いていくことでしょう。

 

2.7万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新してます🐰

食品からアパレルまで、800を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアヴィーガンストアをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されますので、お楽しみに。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ