サステナブルジーンズとは?ジーンズ生産を取り巻くサステナビリティ

サステナブルジーンズとは?ジーンズ生産を取り巻くサステナビリティ

ジーンズの生産、リユースなどサステナブルなジーンズ生産を取り巻く現状、ブランドをご紹介いたします。

ハッピーキヌア編集部
2021年07月29日
サステナブルジーンズとは?ジーンズ生産を取り巻くサステナビリティ

サステナブルジーンズとは?

ジーンズはサステナブルな時代へ向かっています。今までの製造技術は地球環境にダメージを与えるものでした。

2020年代に入ってデニムは環境問題と対峙して、ジーンズブランドはサステナブルなウエアとして急速に前進しています。

デニム・ジーンズの今までの製造法と、これから求められるサステナブルな製造法、すでに取り組んでいるブランドをご紹介します。

 

今までのジーンズの製造

 

環境問題を考える上でデニム産業は一部から「汚いビジネス」と言われています。その理由はデニム・ジーンズの製造は、残念ながら環境に負荷をかけている率か高いからです。

ジーンズを一着製造するのに6,800リットル~10,000リットル以上の水を使用するが必要があり、その水の廃棄処分のやり方も問題があります。

製造業者の健康に害を及ぼす可能性がある多数の化学物質(農薬や合成染料を含む)を要し、汚染度が極めて高くなっています。

水の消費は環境問題と深い関わりがあり、大量の使用後の汚染された水は、飲み水に影響を与え野生動物たちへも害を与えることもあります。

 

これからのジーンズは?

それらの問題に取り組むジーンズブランドが近年増えてきていて、ローウォーターという手法を使っている企業があります。

最も水を消費する工程はジーンズの染料を洗い流しと仕上げです。そこで、革新的なテクノロジーのレーザー機器などを使うことにより、染料を洗い流しや漂白する工程で水の使用量を最大65%削減することを実現しました。

 

また、原料には一般的なコットンより化学薬品や水の使用量が少ないオーガニックコットンを用い、製造工程では極力薬品を使わず、再生可能なエネルギーを用いる工場で生産をしています。

 

さらにサステナブルな方法は、新しいものを買うのではなく、すでに持っているデニムを修復・リメイクしながら着続けることです。

古着を購入する場合ではヴィンテージデニムを購入したり、フリマアプリで購入するのも一つの方法です。

リサイクル素材を使った商品を購入する 100%リサイクルコットンなど、リサイクルされた素材を使っているものも環境に優しい選択です。

 

サステナブルなデニムを購入するポイントは?

オーガニック・有機といった名前は良く耳にするようになりました。その中で安全基準を得た物への信頼はただオーガニックと書かれたものではなく認定商品を選ぶことをお勧めします。

画像:GOTS Facebook

 

GOTS(オーガニックテキスタイル世界基準)やOEKO-TEX/エコテックス、日本のエコマークなど厳しい基準の認証があるものです。

 

さらに環境問題だけでなく従業員や生産者への配慮をし、透明性のあるエシカルな製造をしている企業を優先して選びましょう。

ブランドの中には寄付やリサイクルを率先して導入しているところがあり、ブランドの着なくなった衣服を持って行くと割引があることもあります。

 

初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら ソイミート7種の実食レビュー記事はこちら

LINE

Facebook