【イギリス】ブライトンが「ヴィーガンの首都」として栄冠に輝く、その理由とは?

【イギリス】ブライトンが「ヴィーガンの首都」として栄冠に輝く、その理由とは?

イギリスのビーチリゾート都市ブライトンが、今年、初めて「ヴィーガンの首都」に輝きました。ブライトンの魅力と、ヴィーガンの首都たる由縁を解説します。

ハッピーキヌア編集部
2022年10月02日
【イギリス】ブライトンが「ヴィーガンの首都」として栄冠に輝く、その理由とは?
ヴィーガン発祥の地・イギリス。

各地でヴィーガンカルチャーが根付いています。

 

今年、最もヴィーガンカルチャーを牽引する都市であるとされたのが、ブライトンです。

ビーチリゾートとして名を馳せる、ブライトンが、なぜ、ヴィーガンの首都と呼ばれるまでになったのでしょうか。

その魅力を調査してみました。

 

ブライトンとはどんな都市?

イギリスの、イングランド南東部、イースト・サセックス州にある都市、ブライトン。

ここは、国内外でも有名な、リゾート地です。

 

ロンドンから電車で1時間ほどのビーチリゾートですので、週末を楽しむために、気軽に訪れることもできます。

 

観光都市としてのブライトン

ビーチはもちろん、マリーナもあり、さまざまなアクティビティが楽しめます。

海岸線に沿って、ホテルやショッピングセンター、遊園地など、観光施設も多くあります。

 

また、大小のシアターに、美術館や博物館、劇場などのアートを楽しめる場所が、多くあります。

一方で、パブやライブハウスなども多く、イギリスの、音楽シーンの礎を担うような面も持っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

VisitBrighton(@visit.brighton)がシェアした投稿

建物も、街並みも、非常に個性的です。

カラフルでポップな外壁の建物が並ぶエリアがあると思えば、アンダーグラウンドなウォールペイントが施されたエリアもあります。

 

かと思えば、ロイヤル・パビリオンや、クイーンズ・パークといった、クラシカルな建物や公園も。

観光に訪れたら、どこもかしこも新鮮で、見飽きることのない都市です。

 

生活圏としてのブライトン

この投稿をInstagramで見る

 

VisitBrighton(@visit.brighton)がシェアした投稿

ブライトンは、さまざまなカルチャーを受け入れ、発展した地でもあります。

代表的なものとして、LGBTQにも懐が深く、多くのコミュニティが存在しています。

 

毎年8月には、プライド・パレードが開催され、世界各地からブライトンに訪れます。

多様な信仰、人種、民族への理解も多大で、LGBTQとともに、数多くの支援団体があります。

 

また、ブライトン大学やバーンディーン大学をはじめ、語学学校や、サマースクールの拠点など、学生が多く集まる都市でもあります。

地区ごとに、小学校や高校も多く、子育てをするにも申し分ありません。

 

北部には、自然保護区を有しており、キャンプ地やゴルフ場もある、多彩なブライトン。

居住区と、アクティビティエリアの両方を楽しめるため、住むにも遊びにも適したエリアです。

 

参考:Visit Brhiton ホームページ

Visit Brhiton インスタグラム

 

初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら ソイミート7種の実食レビュー記事はこちら

LINE

Facebook