【医師監修】CBDオイルとは?医学論文でわかっている効果や機能を徹底解説

【医師監修】CBDオイルとは?医学論文でわかっている効果や機能を徹底解説

天野医師監修、最近良く聞くCBDについて、研究論文や研究成果をもとに徹底解説していきます。

ハッピーキヌア編集部
2021年10月14日
 

ご自宅で手軽に作れる安心安全のオーツミルク。今なら以下リンクから、初回お試しセットが70%オフの2,360円でお楽しみいただけます。いますぐチェック!

【医師監修】CBDオイルとは?医学論文でわかっている効果や機能を徹底解説
近年世界中で人気が出てきているCBDオイル、一度は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

アメリカやヨーロッパではかなり浸透しているものの、まだまだ日本ではメジャーでなく、どのように使ったらいいのかわからないと、いった声もよく聞きます。

そういった疑問を解決すべく、今回はエビデンスなどに基づいた医師監修を踏まえ、CBDオイルの効果や使い方を徹底解説していきます。

 

はじめに、CBDオイルとは?

まず初めに、CBDオイルとは、大麻草からカンナビジオール(CBD)と呼ばれる成分を摘出し、オイルと混ぜて作られたものを指します。

大麻と効くと大丈夫?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、カンナビジオール(CBD)には、精神活性作用(THCというハイになる成分)が含まれていないことから、CBD商品は合法とされています。

このTHCが含まれていないことが、販売されているCBD商品の絶対条件になっており、市場で販売されている商品は、すべて厳しい検査・承認を受けて発売されています。

 

カンナビジオールには、リラックス効果が含まれ、自律神経を整える手助けの効果が期待されます。

 

CBDの効果は?医学的には大丈夫?

次に、CBDの効果を医学的観点を踏まえ、日頃ハッピーキヌアの医師監修記事をまとめてくださっている、Dr. Amanoに聞いてみました。海外レファレンスを纏めてくださっています。

Dr. Amanoのプロフィール

天野 方一
医師/公衆衛生学修士(MPH)/博士(公衆衛生学)
帝京大学大学院公衆衛生学研究科非常勤講師、帝京大学ちば総合医療センター第三内科(腎臓内科)非常勤医師、ルサンククリニック非常勤医師、2018年9月よりハーバード大学公衆衛生大学院に留学。予防医療に特化したメディカルクリニック、及び複数企業の嘱託産業医としても勤務。

資格
認定内科医、腎臓専門医、抗加齢医学専門医、日本医師会認定産業医、公衆衛生学修士(MPH)、博士(公衆衛生学)

天野医師監修のハッピーキヌアの記事はこちらから

 

CBDの効果としては、以下のことが分かっています。

  • 小児のてんかん疾患(アメリカの食品医薬品局FDAが治療薬として認めている)
  • 不安症、不眠症、関節の痛みの軽減(動物実験、経皮的)
  • 抗炎症作用があり、肌や髪の毛にも有効(ニキビ跡、乾燥、痒みなどに効果あり)

レファレンス:Cannabidiol (CBD)-what we know and what we don’t

 

逆に以下のような副作用がある可能性も指摘されています。

  • 嘔気、食欲不振、胃腸障害など

 

また、387人の現在または過去にCBD商品を使った人に対して行われたオンライン調査によると、回答者の多くはCBDの使用によりストレス、不安、不眠に対して効果があると返答していることがわかっています。

レファレンス:Reasons for cannabidiol use: a cross-sectional study of CBD users, focusing on self-perceived stress, anxiety, and sleep problems. J Cannabis Res. 2021 Feb 18;3(1):5.

 

同論文によると、CBDを使う目的のトップ4は、不安(42.6%)、睡眠障害(42.5%)、ストレス(37%)、および一般的な健康と幸福(37%) であることがわかっています。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook