クロックスがヴィーガン仕様に!?クロックス社が発表した2030年に向けた目標とは?

クロックスがヴィーガン仕様に!?クロックス社が発表した2030年に向けた目標とは?

この記事ではCrocs(クロックス)社が積極的に進めている各種サステナブルな取り組みについてご紹介していきます。

ハッピーキヌア編集部
2021年10月16日
クロックスがヴィーガン仕様に!?クロックス社が発表した2030年に向けた目標とは?
ポップでカラフルなサンダルが特徴的なクロックス。そんなサンダルを生み出すクロックス社が、2021年末までにすべての製品をヴィーガンに切り替えるという発表をしました。

サステナブルな取り組みを急速に進めているクロックスの取り組みや、目指していく姿についてご紹介していきます。

合わせて、昨今注目されている「ヴィーガンレザー」のトレンドも解説します。

 

クロックス社が2021年末までにヴィーガンに!

クロックス社が2021年末までにヴィーガンに!
2021年も後半に差し掛かった今、なんと「今年中に全商品をヴィーガンにする」というクロックス社のニュースが入ってきました。

クロックスというと、あのプラスチック製の軽くて可愛らしい彩りのサンダルをイメージする方も多いかもしれません。

 

すでに商品ラインアップのほとんどが動物由来の素材を使っていないクロックス社でしたが、コレクションの一部にレザーを使っていたのです。

エコフレンドリー企業として急速に取り組みを進めているクロックス社ですが、今年中にはすべてのレザー商品を停止するとは思い切った宣言です。

 

クロックス社が目指している2030年の目標とは

「2021年末までに全商品をヴィーガン対応にする」という宣言をしたクロックス社ですが、この発表は大きな目標に向けた一歩でしかありません。

同社は、2030年までに環境に優しい「ネット・ゼロ・カンパニー」を目指すという大きな目標を掲げ、サステナブルな取り組みを着々と進めています。

 

この「ネット・ゼロ」とは、カーボンフットプリントをゼロにするということ。

この大きなターゲットに向けて、発表された取り組みは以下の通り。

  • よりエコフレンドリーな素材を探すこと
  • 商品の梱包を見直すこと
  • 再生可能エネルギーへの投資をすること
  • 使い終わった商品(古くなった靴)をどのように扱うのか

 

カーボンフットプリントをゼロにするというのは、かなり大きなハードルではありますが、CEOのAndrew Ree氏(アンドリュー・リー氏)は、すごく前向きにプロジェクトを進めています

「とても良いチーム、積極的な改革、協力的なパートナーがいるからこそ、2030年のターゲットは目標達成できるはず」とコメントしました。

 

初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら ソイミート7種の実食レビュー記事はこちら

LINE

Facebook