キューピーが国内初の代替卵商品を開発!詳細をご紹介

国内発となるベジタリアン卵がついに発売されます。いったいどんな商品?味や食感は?どこで買える?開発企業キューピーのサステイナブル活動とともに気になる情報を深堀りします。

マヨネーズでお馴染みのキューピーが、日本初となるプラントベース卵商品のリリースを発表しました。

アレルギーなど、さまざまな理由で卵を食べない方でも安心して食べられる、食の多様性に配慮した卵の代替品「ほぼたま」が、キューピーのプラントベースフード第一弾 として、2021年6月30日に発売されます。

 

商品情報

ほぼたまってどんな食材?

ほぼたまは、大豆をメインとする、植物性原材料を使用して作られた、プラントベーススクランブルエッグ風食品です。

開発に2年、試作139回を費やしたという、キューピー渾身の卵代替食品第1作目です。

 

独自の技術で、半熟卵のようなふわとろ食感が再現されており、メニューに映える鮮やかな色調は、ほぼスクランブルエッグです。

1袋120g入り、冷凍で1年間保存でき、解凍後そのまま使用可能です。

 

何で出来ている?

卵を使わずに卵の食感や味わい、とはとっても不思議ですが、どんな材料で出来ているのでしょうか?

原材料をチェックしてみましょう。

【原材料名】
豆乳加工品(国内製造)、植物油脂、食塩、酵母エキスパウダー/トレハロース、加工でん粉、ゲル化剤(アルギン酸ナトリウム)、乳酸カルシウム、クチナシ色素、増粘多糖類、調味料(アミノ酸)、香辛料抽出物、(一部に大豆を含む)

 

ほぼたまのメリットとデメリット

ほぼたまは、多様化する食のニーズに対応可能な商品で、さまざまな味付けに合うよう、プレーン味になっており、メニューの汎用性があります。

ほぼたまの価格は卵の3倍ほどとの事です。

多様な価値観がある中で、これが高いか安いかは、消費者によって意見が分かれそうですが、少なくとも卵の摂取が出来ない人にとっては価格以上の価値があることは間違いないでしょう。

 

どこで買える?

現在のところ、ほぼたまは、ホテルやファストフード店、学校給食などに向けた業務用商材としての扱いのみとなっています。

家庭向けの開発についても検討されており、今後の発表が期待されます。

 

キューピーの一般向け卵不使用商品には、マヨネーズタイプ調味料のエッグケアがあり、こちらはスーパーマーケットなどで購入可能。

キューピー独自技術により、卵なしでも卵の風味とコクが再現されています。

ほぼたまと組み合わせれば、卵不使用のタマゴサラダ風が作れるので、コラボメニューも楽しみですね。

 

キューピーは今後、卵代替食品を中心に、プラントベースフードのラインナップを拡充し、さまざまな選択肢を提供する取り組みを広げる方針であると発表しています。

 

キューピーのサステナブルな取り組み

キューピー 社会・環境報告書 2018

 

サステナビリティ目標

キューピーの掲げるサステナビリティ目標は、「資源の有効活用・循環」、「気候変動への対応」、「食と健康への貢献」の3つに大別され、グループ全体で取り組まれています。

将来にわたって豊かな環境と自然の恵みを残し、次の世代へ繋げる事業活動を行うことを使命ととらえ、製品づくりを通して持続可能な社会に貢献することを目標としています。

具体的な数値目標としては、野菜未利用部の有効活用、CO2排出量削減率の2カテゴリーを既に達成しており、今後の取り組みにも期待されます。

 

工業用プラスチックにおける循環・有効活用

 

プラスチック使用量削減

キューピーでは、主力製品のマヨネーズ容器、ドレッシング容器の軽量化に成功。従来のボトルに比べ、強度やデザイン性を落とすことなく、プラスチック使用量を削減することが出来ています。

離乳食製品においては、プラカップの蓋をなくすパッケージ改良を行い、使用プラスチック10%の削減に成功しました。

リサイクル

2021年6月より、ドレッシング容器の一部に、再生プラスチックを採用しています。

また、スティックタイプドレッシングの外装フィルムに15%の再生プラスチックを使用しており、資源の再利用と、環境負担の少ない製品づくりををすすめています。

※再生プラスチックの原料は主に清涼飲料水用ペットボトルで、回収後に洗浄、粉砕、熱処理を加えて再生されます。

 

環境に優しいプラスチック

キューピーでは、商品製造におけるプラスチック容器や包装の更なる削減を推進し、環境に優しい再生プラスチックや、植物の「非可食部分」から作られるバイオマスプラスチックを積極的に導入することで、石油由来原料や温室効果ガスの削減を可能にしています。

 

野菜の可食部は食用に、非可食部はパッケージ用プラスチックにするとは、素晴らしいアイデアですね。

まとめ

国内初となる卵代用品のリリースを通し、キューピーの知られざる社会貢献活動にもフォーカスし紹介してきました。

ほぼたまの発売は、もうすぐ開幕する東京五輪大会に向け、ベジタリアン対応を行う飲食事業者にとっては朗報、一般の方にとっては驚きのニュースだったでしょう。

 

今後ますます多様化する食の価値観や選択肢に対応するため、日本の老舗トップ企業が開発・販売に乗り出したのは大変大きな一歩と言えます。

 

外食でプラントベース卵を見かけたら、それはほぼたまかも知れません。

キューピー渾身の製品をぜひ味わってみたいですね。

 

 

2.7万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新してます🐰

食品からアパレルまで、800を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアストアをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されますので、お楽しみに。

↓ お買い物はぜひ、ハピキヌストアで ↓spot_img
↓ ハピキヌの公式インスタはこちら ↓spot_img
- ハピキヌストアへのリンクはこちら -spot_img
- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img
spot_img
spot_img
spot_img
spot_img

新着記事

人気投稿

記事カテゴリー

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

おすすめ記事