【東欧・中欧編】航空各社のヴィーガン機内食(ロシア、オーストリア、ポーランド、スイス、チェコ)

【東欧・中欧編】航空各社のヴィーガン機内食(ロシア、オーストリア、ポーランド、スイス、チェコ)

東欧・中欧ヨーロッパにおける5つの航空会社から、ヴィーガン機内食の内容や申込方法について紹介します。

ハッピーキヌア編集部
2022年09月01日
 

ご自宅で手軽に作れる安心安全のオーツミルク。今なら以下リンクから、初回お試しセットが70%オフの2,360円でお楽しみいただけます。いますぐチェック!

【東欧・中欧編】航空各社のヴィーガン機内食(ロシア、オーストリア、ポーランド、スイス、チェコ)
旅行やビジネス目的でヨーロッパに行く場合、飛行機はメジャーな交通手段です。

長時間のフライトでは、各航空会社で機内食のサービスが提供されます。

しかし、乗客の中には、宗教や健康上の理由から食事内容に制限のある方もいるでしょう。

動物性食材を避けるヴィーガンにも、特別な配慮が必要です。

そこで、この記事では東欧・中欧諸国の航空会社に注目し、ヴィーガン対応の機内食について取り上げます。

 

【東欧・中欧編】航空各社のヴィーガン機内食5選

ヨーロッパの中でも、東欧・中欧にあたる国の航空会社では、どのようなヴィーガン機内食が用意されているのでしょうか。

ロシア、オーストリア、ポーランド、スイス、チェコの5か国をピックアップしました。

 

1. アエロフロート・ロシア航空

この投稿をInstagramで見る

 

Аэрофлот(@aeroflot)がシェアした投稿

アエロフロート・ロシア航空は、モスクワを拠点とするロシアの代表的な航空会社です。

ロシア国内だけでなく、ヨーロッパやアジアなど世界各国に就航しており、接客サービス面でも高い評価を得ています。

 

ヴィーガン機内食として、ヴィーガンミールやジャイナ教徒向けのメニューを選ぶといいでしょう。

また、フルータリアンなら、フルーツプラッターミールを注文できるところが嬉しいポイントです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Аэрофлот(@aeroflot)がシェアした投稿

ヴィーガンミール(VGML) 動物由来の食材、卵、牛乳を一切使用しないヴィーガン対応のメニュー
ヴィーガン・ジャイナ教徒向けミール(VJML) 肉や魚、乳製品を一切使用しないメニュー。

野菜やフルーツ、ナッツ、穀類、キノコ類を含む。

フルーツプラッターミール(FPML) 新鮮なフルーツのプレート

 

【申込方法】
モスクワ出発便の24時間前まで フライトのオンライン予約時に特別食コードを入力

アエロフロート・ロシア航空公式サイト 特別機内食

 

2. オーストリア航空

オーストリア航空は、ルフトハンザドイツ航空の傘下にあるオーストリアの航空会社です。

ウィーン国際空港をハブ空港とし、日本では成田空港との間に航路を結んでいます。

 

乗客の宗教や健康事情に配慮し、特別機内食のニーズに幅広く対応。

ヴィーガンを含む、ベジタリアン向けの食事も充実しています。

オンラインの予約ページからリクエストすれば、誰でも簡単にサービスを利用できますよ。

 

ヴィーガンミール(VGML) 卵や乳製品を含まない、ヴィーガン向けのメニュー
ジャイナ教徒向けミール(VJML) 動物由来の食材、および根菜を含まないヴィーガン向けのメニュー

 

【申込方法】
出発便の24時間前まで 予約ページから食事コードと一緒に注文
もしくはフライトのオンライン予約時に指定

オーストリア航空公式サイト 特別機内食

 

3. LOT(ロット)ポーランド航空

この投稿をInstagramで見る

 

LOT Polish Airlines(@flylot)がシェアした投稿

90年以上の歴史を持つLOT(ロット)ポーランド航空は、ポーランドの首都・ワルシャワを本拠地としています。

ヨーロッパ各国や北米、アジアに路線を広げており、日本でも成田空港から利用することが可能です。

 

食事療法の必要な方や宗教上の制約がある方に向けて、特別機内食を取り揃えています。

ヴィーガンミールもきちんと用意されているので、事前に予約しておきましょう。

 

ベジタリアン・ヴィーガンミール(VGML) 卵や乳製品を含まない、ヴィーガン向けのメニュー

 

【申込方法】
出発便の24時間前まで LOTコンタクトセンターに連絡(連絡先はこちら

LOTポーランド航空公式サイト 特別機内食

 

4. スイス インターナショナル エアラインズ

スイスインターナショナルエアラインズは、ルフトハンザドイツ航空の子会社として運営されています。

チューリッヒ空港と成田空港の経路では、直行便も出ていますよ。

 

アレルギーや食事制限、宗教上の決まりなど、乗客のリクエストに応える特別機内食を用意しています。

ヴィーガン対応の機内食はもちろん、ベジタリアン向けのメニューも多彩です。

 

ヴィーガンミール 肉や魚、乳製品、卵を使用しない西洋風のメニュー

 

【申込方法】
出発便の24時間前まで SWISSサービスセンターに連絡(連絡先はこちら
もしくはフライトのオンライン予約時に指定

スイス インターナショナル エアラインズ公式サイト 特別機内食

 

5. チェコ航空 ※ベジタリアン向け

この投稿をInstagramで見る

 

Czech Airlines(@czechairlines)がシェアした投稿

プラハを拠点とするチェコ航空は、ヨーロッパやアメリカ、カナダなどに就航。

 

完全にヴィーガンに対応している特別機内食はありませんが、ベジタリアン向けのメニューを利用できます。

ホットかコールド、お好きなテイストを選んでくださいね。

 

またフルーツ中心の軽食メニューもあるので、ヴィーガンやフルータリアンの方はこちらを注文してもいいかもしれません。

 

ホットベジタリアンメニュー 野菜中心の温かい食事メニュー
コールド ベジタリアン メニュー 野菜や乳製品を含む冷製の食事メニュー
フルーツセレクションプレート フルーツの盛り合わせ

 

【申込方法】
出発便の24時間前まで フライトのオンライン予約時に指定

チェコ航空公式サイト 特別機内食

 

まとめ

ロシア、オーストリア、ポーランド、スイス、チェコの航空会社では、ヴィーガンの方も安心して機内食サービスを利用できますよ。

 

また、下記の記事では、東南アジアの航空各社で提供されるヴィーガン機内食についてまとめています。

【東南アジア編】航空各社のヴィーガン機内食
【東南アジア編】航空各社のヴィーガン機内食(インドネシア、タイ、香港、マカオ)
【東南アジア編】航空各社のヴィーガン機内食(フィリピン、ブルネイ、ベトナム、インド)

 

長時間のフライトを終えた後は、観光や食事を思いきり楽しみたいですよね。

 

近年、欧米諸国を中心に、ヴィーガン対応のホテルやレストランが増えています。

ヴィーガンの方はこちらの記事を参考にして、旅行先を検討してみてはいかがでしょうか。

さらに、ギリシャハワイでは新しくヴィーガンホテルがオープンし、注目を集めています。

 

飛行機の予約と併せて、快適なヴィーガンツーリズムを計画しましょう。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook