【東南アジア編】航空各社のヴィーガン機内食(フィリピン、ブルネイ、ベトナム、インド)

【東南アジア編】航空各社のヴィーガン機内食(フィリピン、ブルネイ、ベトナム、インド)

飛行機の国際線で提供される機内食は、事前に申し込むことで特別機内食に変更可能です。そこで、今回はフィリピン、ブルネイ、ベトナム、インドの東南アジア4か国に注目し、航空各社のヴィーガン機内食を紹介します。

ハッピーキヌア編集部
2022年07月29日
 

ご自宅で手軽に作れる安心安全のオーツミルク。今なら以下リンクから、初回お試しセットが70%オフの2,360円でお楽しみいただけます。いますぐチェック!

【東南アジア編】航空各社のヴィーガン機内食(フィリピン、ブルネイ、ベトナム、インド)
老若男女問わず、飛行機は多くの人に利用されています。

とりわけ国際線では、乗客の様々な事情を考慮し、柔軟に対応することが求められるでしょう。

 

例えば、完全菜食主義であるヴィーガンの方にとって、通常の機内食は食べられない恐れもあります。

そこで利用したい航空会社のサービスが、特別機内食です。

ヴィーガンに対応した機内食なら、フライト中も安心して食事ができますよね。

 

この記事では、東南アジアの航空会社でどのようなヴィーガン機内食が提供されているのか、詳しくみていきます。

 

ヴィーガン機内食でサステナブルな旅を!

近年、あらゆる分野でSDGsの達成に向けた動きが活発化しています。

地球環境に配慮しながら豊かな暮らしを実現できるように、一人ひとりがサステナブルな取り組みを意識したいところです。

 

観光業においても、「サステナブルツーリズム」という考え方が広がっています。

 

国連世界観光機関(UNWTO)によると、サステナブルツーリズムとは「旅行者と業界、観光地それぞれのニーズに対応しつつ、現在および将来の経済・社会・環境への影響を十分考慮する観光のあり方」のこと。

観光業の利益を優先するあまり、環境汚染や自然破壊が引き起こされ、現地住民の生活が脅かされるような事態は避けなければなりません。

(参考先:持続可能な観光の定義 – UNWTO

 

サステナブルツーリズムの実践にあたっては、航空会社の選び方がひとつのカギとなります。

飛行機は二酸化炭素を多く排出するため、その削減には工夫が必要です。

 

カーボンオフセットを導入したり、環境負荷の少ない飛行機開発を支援したりと、脱炭素を推進している航空会社を選びましょう。

 

また、ヴィーガン機内食を選択できるかどうかも、要チェックです。

環境とヴィーガン双方に優しい航空会社を通じて、サステナブルな旅を楽しんでくださいね。

 

サステナブルツーリズムについて詳しく知りたい方は、以下の記事も併せてご覧ください。

サステナブルツーリズムとは?内容とSDGsとの関わりを徹底解説
【最新トレンド】欧米で急上昇中の「ヴィーガンツーリズム」をご紹介

 

【東南アジア編】航空各社のヴィーガン機内食4選

ここでは、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、インドの東南アジア4か国から、航空各社のヴィーガン機内食を紹介します。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook