【アメリカ】工業畜産から人道的な食糧システムへ、「農場システム改革法(FSRA)」を掲げるコリー・ブッカー上院議員とは

【アメリカ】工業畜産から人道的な食糧システムへ、「農場システム改革法(FSRA)」を掲げるコリー・ブッカー上院議員とは

米政治家のコーリー・ブッカーが、2023年の農業法案で工場農場を禁止し、すべての人にとってより人道的な食料システムを構築しようと試みています。

ハッピーキヌア編集部
2022年12月15日
【アメリカ】工業畜産から人道的な食糧システムへ、「農場システム改革法(FSRA)」を掲げるコリー・ブッカー上院議員とは
アメリカニュージャージー州上院議員のコリー・ブッカー上院議員は、農場システム改革法(FSRA)を提案しました。

これは、畜産業を工業型畜産から移行させることを目的とした法案です。

 

2019年に、2014年からヴィーガンである彼は、2023年の農業法案で工業型畜産を禁止し、すべての人にとってより人道的な食料システムを構築するよう取り組んでいます。

 

農場システム改革法とは

FSRAは、新たな大規模な集中動物飼養事業 (CAFO)の開始を禁止し、食肉および乳製品部門におけるCAFOを、制限しようとしています。

また、2040年までに最大のCAFOを段階的に廃止し、大規模な食肉加工業者に、それらが生み出す汚染の責任を負わせることも目指しています。

 

 

現在の農業法は、食肉産業が記録的な利益を上げている一方で、供給が需要を上回っています。

それにもかかわらず、年間の余剰を生み出すように、食肉および乳製品産業を奨励していると批判されています。

 

ブッカー上院議員は 2021年に FSRAを再導入し、来たる2023年の農業法案に照らして、アメリカの畜産業界を変革するための支援を得るために取り組み、ブッカー上院議員と多数の擁護団体が法案の優先事項に影響力を行使しようと試みています。

 

ニュージャージー州上院議員、コリー・ブッカー

出典元:booker.senate.gov

コリー・ブッカー上院議員は、2020年アメリカ大統領選の際に、大統領選に向けての民主党予備選への出馬表明したこともある、53歳のニュージャージー州上院議員です。

ブッカー上院議員は、ニュージャージー州初のアフリカ系上院議員でもあります。

 

彼は1992年からベジタリアンとなり、2014年からヴィーガンになりました。

民主党予備選の際は、初のヴィーガン大統領となるかと話題にもなりました。

 

ブッカーは、取り残され、置き去りにされ、声を出せずに取り残された人々のための声になるために政治家として働き続けています。

ヴィーガンでもある彼は、人間と同じくらい動物にも情熱を注いでおり、動物愛護のためにも戦っています。

 

工場農場の禁止は人種的正義の法案

アメリカ議会が 2018年の農業法案を通じて、約4,300億ドルの公共支出を承認して以来、COVID-19パンデミックや食料品のインフレなど多くの予期せぬ危機が、国の食料と農業システムに影響を与えてきました。

 

ブッカー上院議員は食品ジャーナリストと、特に公衆衛生と人種的正義に関連する問題として、これらの問題に対処し、工場農業を終わらせることの重要性について話し合いました。

 

上院農業委員会で奉仕した最初のヴィーガンであるブッカー上院議員。

彼は公民権団体と会うとき、黒人とラテン系の支持者にとって、健康的な食品へのアクセスを優先事項にすることの重要性を強調しています。

 

ブッカー上院議員にとって農場法案は、人種的正義の法案でもあるのです。

 

初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら ソイミート7種の実食レビュー記事はこちら

LINE

Facebook