がん予防にはケトよりヴィーガンダイエットが効果的?その理由を徹底解説

がん予防にはケトよりヴィーガンダイエットが効果的?その理由を徹底解説

ヴィーガンかケトダイエット、どちらががん予防に適しているか、詳しく調べてみました。

ハッピーキヌア編集部
2022年08月25日
 

ご自宅で手軽に作れる安心安全のオーツミルク。今なら以下リンクから、初回お試しセットが70%オフの2,360円でお楽しみいただけます。いますぐチェック!

がん予防にはケトよりヴィーガンダイエットが効果的?その理由を徹底解説
日本三大疾病のうちのひとつであり、死因の第1位でもある病気、がん。

がんを予防するためには、生活習慣が鍵を握ります。

特に、食生活を改善し、肥満を防ぐことは、基本となるものです。

 

現在、ダイエットの効果がすごいと定評のある、ケトダイエット。

それと同時に、痩せ体質に変えるために、ヴィーガン食に移行される方も増えています。

 

似ているようで、まったく異なる、このふたつのダイエット。

がん予防にはどちらが適しているか、検証してみます。

 

がんの予防に良いとされること

がんは予防できても完全に防ぐことはできない

がんは、現在、日本において、死因の第1位です。

日本人の2人に1人は、生涯で一度はがんに罹患する計算になるとも言われています。

 

私たちのすぐそばにある、がんという病気ですが、急に病気になるわけではありません。

さまざまな要因が、複合的に絡み合い、結果としてがんになってしまうのです。

 

ですから、がんにならないためには、これをやったら大丈夫というものがありません。

しかし、科学的に根拠があるとされるものを、「予防法」として、アナウンスしています。

 

とはいえ、予防ができても、完全に防げるものでもありません。

 

現在は、治療法も確立されつつあり、早期発見における生存率は、かなり高くなっています。

 

がん予防には生活習慣が大切

では、がんのリスクを少しでも下げるためには、どうしたらよいのでしょうか?

 

国立がん研究センターや、厚生労働省では、がんの予防には、生活習慣が大事だとアナウンスしています。

 

禁煙、アルコールの節制をする。

運動や食生活で、適正な体重をキープし、肥満を防ぐ。

これは、がんだけでなく、さまざまな病気においても言えることかもしれません。

 

食生活においてのがん予防

食生活においては、がん予防の手段として、公表していることが、いくつかあります。

食物繊維をしっかりと摂ること。

熱いものを熱いまま口にしないこと。

偏りなく、栄養バランスの良い食事をとること。

です。

 

それとは別に、もうひとつ、見逃してはならないのが、動物性脂肪です。

国立研究開発法人 国立がん研究センターの公表している、がん予防のポスターには、明記されていません。

 

しかし、動物性脂肪のうち、特に獣肉や、乳製品などの多量摂取により、結腸がんや乳がんなどとの関係が報告されています。

直接的な関係はないとする研究データもあるため、予防法としての記載を避けています。

とはいえ、リスクとしては見逃せないため、厚生労働省のホームページ上では、「動物性脂肪の多量摂取は、結腸がん、乳がん等の危険因子である可能性が高い。」と、明言しています。

 

脂肪分を多く摂取し続ければ、がんのリスクと言われる、肥満にも繋がります。

 

反対に、動物性脂肪と言えど、魚油は、DHAやEPAを豊富に含むため、がん予防に有効です。

もちろん、植物性食品からも摂取できます。

ハッピーキヌアヴィーガンメディアの、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

 

出典:国立研究開発法人 国立がん研究センター 

厚生労働省 「がん」

厚生労働省 「令和2年(2020)人口動態統計月報年計(概数)の概況」

全国共済お役立ちコラム


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook