ヴィーガン代替肉が動物由来の食肉より優れている理由を科学的根拠を基に徹底解説

ヴィーガン代替肉が動物由来の食肉より優れている理由を科学的根拠を基に徹底解説

ヴィーガン代替肉は、健康また環境的側面から見て、有能性が示されていることが新しい研究で明らかになりました。ヴィーガンの方はもちろん、植物性食品に興味のある方は必見です。

ハッピーキヌア編集部
2022年08月26日
 

ご自宅で手軽に作れる安心安全のオーツミルク。今なら以下リンクから、初回お試しセットが70%オフの2,360円でお楽しみいただけます。いますぐチェック!

ヴィーガン代替肉が動物由来の食肉より優れている理由を科学的根拠を基に徹底解説
皆さんは、ヴィーガン肉を始めとする、植物性食品にどのような印象をお持ちでしょうか。

一部では、植物由来の肉や乳製品は、「不自然」または「過度に加工されている」という物議も醸されています。

 

一方、科学雑誌Future Foodsに掲載された新しい研究によると、食肉と比較して、プラントベースの肉は環境に優しく、より好ましい栄養的側面を持っていることが発表されました。

 

本記事では、その詳細に迫ります。

ヴィーガン代替肉の健康効果とは

植物性食品の健康性に焦点を当てた研究では、動物性食品に比べて植物性食品は、栄養的側面で優れている傾向があることが分かりました。

 

英国の栄養組成に基づくレポートでは、従来の肉製品の 40% が、「健康に劣る」と分類されました。これに比べ、植物ベースの代替品は、わずか14%という結果が出ています。

 

【参考】こちらの記事も併せてご覧ください。

ヴィーガンと健康|WHOも認める赤肉摂取とがんリスクの関係について解説

 

また、植物ベースの肉や乳製品が、減量と筋肉量の増加に効果があり、特定の健康状態を持つ人々にも有効性があることが発見されています。

同時にコレステロール低下効果があり、腸内環境を改善するのに役立つことも示されました。

 

【参考】ヴィーガンと減量、また腸内環境については、ハッピーキヌア過去の記事にてそれぞれ詳しく紹介しています。

 

 

更にある論文では、植物由来の肉を毎日食べると股関節骨折のリスクが 49% 低下することが示唆されています。

また、真菌由来の食物たん白質並びに繊維源である「マイコプロテイン」から作られた肉代替品は、鶏肉と比較して、インスリン反応が大幅に減少する可能性があることが分かりました。

【参考】ヴィーガンと健康の関連性について、こちらの記事をご覧ください。

 

 

また報告書では、多くの場合、植物由来の食材は加工をすることで栄養価が高まることを指摘しています。

マメ科植物は、植物由来の肉に加工することで、消化しやすくなる利点が挙げられているようです。

 

 

現在、ヴィーガン市場で活躍する企業に加え、これからのスタートアップ企業は、

 

 

などの成分を植物ベースの食品に加えることで、アミノ酸、ビタミン B ・ E、抗酸化物質などの特性を高める点に注目していくでしょう。

 

 

バース大学博士号取得者であり、レポートの著者のクリス・ブライアントは、

「ヴィーガンミートは、消費者が求めている味、価格、利便性などの重要な要因を満たすことができる点から、今後、需要が高まる可能性が大いにあります。その他のプラントベース食品と比較しても、動物性製品の需要を、植物性ミートに移行させる可能性に大いに期待できるでしょう。」

と、コメントしています。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook