サステナブルな生分解性繊維、リヨセルについて徹底解説!

サステナブルな素材として注目される「リヨセル繊維」について、徹底解説。その特徴や製造工程、企業のエシカルな取り組みに加えて、「リヨセル繊維」を採用している有名ブランドもご紹介します。

地球にも優しい、サステナブルな繊維である「リヨセル繊維」をご存知ですか?

このリヨセル繊維は、持続可能な方法で調達した天然木材を原料としており、環境に配慮して生産されているため、ヴィーガンの方をはじめ、エシカルな消費を心掛けている方にも安心して使って頂ける素材です。

 

そこで今回は、このリヨセル繊維に関して徹底解説。その特徴や製造工程、そして、リヨセル繊維を使用しているブランドなどをご紹介します。

 

リヨセル繊維とは?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by テンセル TENCEL (@tencel_japan)

リヨセル(Lyocell)繊維とは、生分解性のある再生セルロース繊維のことで、木材パルプなどから採取した繊維素(セルロース)を化学処理で溶かして紡糸(溶剤紡糸法)し繊維化されます。

分類上は化学繊維(人造繊維)となりますが、石油を使った化学繊維と違い、限りなく天然繊維に近く、土の中で無害に生分解されるため、地球環境に優しい素材として注目され、多くの一流デザイナーや有名小売業者のコレクションで使用されています。

 

また、リヨセル繊維は汎用性に優れ、コットンやポリエステル、アクリル、ウールなどのような幅広いテキスタイル用繊維と組み合わせることで、生地のクオリティーや機能性を向上させることが可能となります。

 

リヨセル繊維の特徴

 

View this post on Instagram

 

A post shared by テンセル TENCEL (@tencel_japan)

【通気性】

リヨセル繊維は、優れた吸放湿性により、体の自然な体温調整機能を促進し、肌のドライ感とクール感を保ちます。

天然の原料に由来するセルロース繊維の微小なフィブリル(微細な毛のような小繊維)は、水分の吸収及び放出を調節する構造を持っており、生地の通気性を高めます。

 

【強度】

リヨセル繊維は、汎用性が高く、コットンやレーヨンと比較しても高い強度があり丈夫です。

また、コットンに匹敵する耐久性が得られ、クオリティーも持続します。

 

【なめらかさ】

リヨセル繊維の表面部分はなめらかであり、柔らかくドレープ性もあります。

また、生地にコシやハリ、弾力性があり、上品な光沢もあり高級感があります。

 

【細菌の繁殖を抑制】

リヨセル繊維は、吸放湿性を備え水分を効率的に吸収するため、合成繊維などと比較すると、繊維表面においての細菌の繁殖に必要な水分が少なくなります。

そのため、細菌発育抑制効果もあり、防カビや防ダニ、消臭効果が期待できます。

 

リヨセル繊維の製造工程

 

View this post on Instagram

 

A post shared by テンセル TENCEL (@tencel_japan)

①木質パルプを原料にして、天然セルロースの分子構造を分解させずに、人体に無害な化学処理で溶かして、フィルターでろ過する。

②不純物を取り除き、ノズル(細い孔の先)から原糸を紡ぎ出す。

以上のように、リヨセル繊維の製法はシンプルであるため、危険度が少なく、再利用も可能です。

 

製造工程の補足として、テンセルの公式サイトにある「リヨセル繊維のサステナブルな生産」もご紹介します。

 

【リヨセル繊維のサステナブルな生産】

テンセル™リヨセル繊維は、木材パルプを資源効率が高く、環境負荷の少ない方式でセルロース繊維に転換する、環境に配慮した*クローズドループ生産プロセスにより、好評を得ています。

*クローズドループ・・・生産時に発生した廃棄物や回収した自社の使用済み製品を、同じ品質の材料として再生し、同じ素材にリセットして無限に循環利用される手法。

 

この溶剤紡糸プロセスでは、工程用水をリサイクルしており、溶剤を99%を超える回収率で再利用します。

経済的有効性に優れたこの製造プロセスは、欧州委員会のEuropean Award for the Environment(欧州環境賞)の「持続可能な開発のためのテクノロジー賞」部門を受賞しました(2000年)。

 

また、テンセル™リヨセル繊維は、米国農務省(USDA)からバイオベース製品として認証を受けています。

さらに、すべてのレンチング繊維生産施設は、環境管理・労働安全衛生システム(ISO14001OHSAS 18001)認証に従って運営されています。

(出典:Tencel「サステナビリティ」

 

リヨセル繊維の原材料

 

View this post on Instagram

 

A post shared by テンセル TENCEL (@tencel_japan)

リヨセル繊維は、「木材及びパルプに関するレンチング社方針」に定める厳格なガイドラインに従い認証・管理された森林から得られた、持続可能な木材を原料とします。

 

原材料は、ユーカリなどの木材パルプであり、この木材は森林を伐採するのではなく、計画植林され、人が管理し栽培している木材を使っています。

ユーカリは成長が早く丈夫であり、化学肥料や殺虫剤も必要なく、狭い土地でも成長する環境に優しい植物です。

 

また、木材パルプは、製材する時に出る樹木の端材となり、木材としての価値はほとんどなく、これを原料にしている事が環境負荷が少ない理由の一つとなります。

 

テンセルとは?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by テンセル TENCEL (@tencel_japan)

リヨセル繊維を使用した製品の商品タグには、再生繊維(リヨセル)・再生繊維(テンセル)と表示されることが多いです。

また、公式サイトなどには「テンセル™リヨセル繊維」と表記されますが、この「テンセル」とは何かが明確ではないため、以下にご説明します。

 

テンセルは、衣料品、および家庭向けテキスタイル製品用の繊維であり、レンチンググループの特殊テキスタイルブランドです。

同製品ブランドのポートフォリオは、サステナビリティ、機能上の利点、自然な快適さにおいて新しい進化のステップを定義し、独特な日常使用や用途に対応しています。

テンセル™ブランドには、テンセル™アクティブ、 テンセル™デニム、テンセル™ホーム、テンセル™インティメイト、テンセル™リュクス、テンセル™ フットウェアが含まれます。

 

つまり、「テンセル」と「リヨセル」は同じ繊維となります。

このように、少々紛らわしい事になっているのには、以下のような歴史がありますので、ご紹介します。

 

リヨセルとテンセルの歴史

リヨセルの製法は、1972年にノースカロライナ州エンカにあった、米国エンカ社の繊維工場で開発されました。

2003年、この開発は米国繊維化学者・色彩学者協会(AATCC)からヘンリー・E・ミルソン発明賞を授与されています。

エンカ社ではこの繊維の運用名をNewcell(ニューセル)とし、*パイロットプラント規模まで開発を進めた後、作業を中止しました。

*パイロットプラン・・・工場における装置などの実稼働を達成するため、試験室的段階と実用の段階との中間の位置づけとなる施設のこと。

 

この繊維は、1980年代にイギリスのコベントリーにあるCourtaulds(コートールズ)ファイバーズとイギリスのグリムスビーにあるパイロットプラントでテンセル(Tencel™)としてさらに開発されました。

1998年、コートールズは Akzo Nobel(アクゾノーベル)に買収され、 アクゾノーベルはテンセル部門と他の繊維部門をアコーディスの旗の下に統合しましたが、その後、プライベートエクイティ(CVCパートナーズ)に売却しました。

2000年、CVCはテンセル部門をLenzing(レンチング)に売却し、同社の「Lenzing Lyocell」ビジネスに統合しましたが、ブランド名はテンセルのままで引き継がれています。

(出典:wikipedia「Lyocell History」

 

つまり、テンセルはイギリスのコートルズ社が持っていた商標、リヨセルはオーストリアのレンチング社が持っていた商標であり、ビジネスの統合を経て、レンチング社が、同じ素材に対して2つの商標を持ったということになります。

そのため、商標として使用する際は、「テンセル」とし、総称としては、「リヨセル」を使用するようになっているようです。

 

レンチンググループについて

 

View this post on Instagram

 

A post shared by テンセル TENCEL (@tencel_japan)

レンチング社(本社:オーストラリア)は、1892年に誕生し、今では世界各地に工場や支店を展開する「レンチンググループ」と呼ばれ、環境に優しいエコロジーな生地や製品を数多く生み出し続けるエシカルな企業です。

「テンセル™リヨセル繊維」の特徴である、生分解性や植物原料由来を挙げ、SDGsに適応したサステイナブルな繊維素材である事を積極的に打ち出してもいます。

 

同社の繊維素材は、エレガントな婦人服からデニム、高性能スポーツ衣料まで、様々なテキスタイルに使用され、その高品質さと生分解性の特徴から、衛生用品や農業用製品にも応用されています。

その活用幅の広がりから、世界中で注目されている企業です。

(出典:レンチング プレスリリース「レンチンググループについて 」

 

「エシカル」・「SDGs」に関しての記事も参考にしてください。

 

公式サイトはこちら:テンセル Japan

 

先にお伝えした通り、リヨセル(Lyocell)とは、生分解性のある再生セルロース繊維のことです。

しかし、「生分解性」と言われてもピンとこない方もいらっしゃると思いますので、この「生分解性」などについて次にご紹介します。

 

生分解(生分解性)とは?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Pak_Enviropedia (@pak_enviropedia)

生分解とは、菌類やバクテリア、その他の生物によって化合物が無機物まで分解されることで、生分解性とは、分解される性質を指します。

生分解性が高ければ、それだけ環境への負荷も低くなると言えます。

 

ほぼ全ての化合物は、やがて生分解され無機物となりますが、重要なのはそうなるまでに要する時間。分解速度です。

この速度に関係する要素としては、水や光、酸素や温度などの環境や、その物質自体が分解菌に利用されやすいなどの要因によります。

生分解は、化合物が微生物によって、二酸化炭素、水、アンモニアなどのより単純な物質に分解される過程であるとされています。

 

生分解性繊維

 

View this post on Instagram

 

A post shared by テンセル TENCEL (@tencel_japan)

生分解性繊維は、植物由来の繊維からなる地球にやさしい*バイオマス素材で、最も多く市販されている合成繊維は、ポリ乳酸繊維(PLA)というもので、トウモロコシなどのでんぷんを原料として製造されています。

*バイオマス・・・生物資源(bio)の量(mass)を表す概念であり、再生可能な生物由来の有機性資源。

 

このポリ乳酸繊維は、とうもろこしを発酵させて乳酸を作り、これを重合し、熱に溶かして繊維にします。

ポリ乳酸繊維は、ポリエステルと同等の強度で、ナイロンと同程度の柔らかさがあり、土の中で無害に生分解されるため、自然環境への負荷が低く、廃棄物処理問題の解決にも繋がるとされています。

 

生分解性プラスチック

 

View this post on Instagram

 

A post shared by テンセル TENCEL (@tencel_japan)

生分解性プラスチックとは、簡単に言えば、石油の代わりに植物などの生物を原料としたプラスチックのこと。バイオベースプラスチックとも呼ばれます。

生分解性プラスチックには、トウモロコシやサトウキビなどの植物から糖分を抽出してポリ乳酸(PLA)に変換する方法と、微生物を利用したポリヒドロキシアルカノエート(PHA)を原料とする方法があります。

 

PLAは食品包装などに、PHAは縫合糸や心臓血管パッチなどの医療機器によく使われています。

PLAは、エタノールなどを製造している大規模な工業施設から産出されることが多いため、生分解性プラスチックの中では最も安価な原料で、ペットボトルや食器、繊維製品などに使用されています。

 

ポリ乳酸の燃焼時に排出されるCO2量は少なく、原料である植物が成長する際に大気中からCO2を吸収するので、他のプラスチックに比べて地球温暖化の原因と考えられるCO2の排出量を大幅に削減し、有毒ガスも排出されません。

生分解性プラスチックは、微生物の働きによって最終的に水と二酸化炭素にまで分解されることから、廃棄物処理問題の解決につながると期待されています。

 

リヨセル繊維のことが分かったところで、この素材を使用した製品を販売しているブランドを3つ次にご紹介します。

 

リヨセル繊維を使用しているブランドを紹介!

 

H&M

 

View this post on Instagram

 

A post shared by H&M (@hm)

スウェーデンのアパレルメーカーが展開するファッションブランド、「エイチ・アンド・エム 」。

低価格かつファッション性のある衣料品を扱う、いわゆるファストファッションの一翼を担う企業のひとつです。

主力商品は、お手頃な価格の衣料品ですが、ステラ・マッカートニーや、カール・ラガーフェルドなどの有名デザイナーによるラインナップや、マドンナ、カイリー・ミノーグとのコラボレーションによる商品も発売したこともある話題性の高いブランドでもあります。

 

【リヨセル繊維を使用している商品例】

  • ツイルスーツパンツ
    →40%アグラループ™・ヘンプ・バイオファイバー™・ 30%オーガニックコットン ・30%テンセル™リヨセル
  • ウールブレンドタキシードジャケット
    →42%テンセル™ x リフィブラ™ ・22%リサイクルポリエステル・ 36%ウール
  • ブラックのダブルブレストのタキシードスーツ
    →*テンセル™ x リフィブラ™とリサイクルポリエステルとウールのブレンド素材。

*テンセル™ x リフィブラ™(Tencel™ x Refibra™)
→通常のTencel™に、製造工程で発生する綿くずのパルプを混紡して作られる繊維。この製造方法によって、使用する木材資源を減らすことができ、環境への負荷を抑えることができる。

 

公式サイトはこちら:H&MJapan

 

パタゴニア

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Patagonia Europe (@patagoniaeurope)

パタゴニア(Patagonia )とは、アメリカの登山用品、サーフィン用品、アウトドア用品、衣料品などの製造販売を手掛けるメーカー、及びそのブランド名です。

環境に配慮するエシカルな商品の取り扱いで知られており、環境問題に取り組むグループの助成も行っています。

 

【リヨセル繊維を使用している商品例】

  • ウィメンズ・ワッフル・ヘンリー(ストレッチ・ワッフルニット)
    ソフトなオーガニックコットン56%・テンセル™リヨセル41%・ポリウレタン3%
  • メンズ・カクタスフラッツ・ポロ(手入れが容易なポロ・シャツ)
    ポリエステル・テンセル™リヨセル・ポリウレタン混紡素材を使用。
  • ウィメンズ・エッジ・ウィン・ジョガーズ(*ツイル製の旅行用パンツ)
    テンセル™リヨセルを使用*ツイル・・・タテ糸3本にヨコ糸を1本交差させた四つ綾の事で、「綾織り」の別名。

 

公式サイトはこちら:パタゴニア(Patagonia )

 

ZARA

 

View this post on Instagram

 

A post shared by (@sfumaturedicipria)

インディテックスが展開するスペインのファッションチェーンであり、全世界に2,040を超える店舗を展開しています。

ファストファッションのイメージが強いですが、原材料をローカルで調達するなど、サステイナビリティーに関する取り組みを長年行っており、2025年までにブランドで使う素材を全てサステイナブルな素材に置き換えると発表しています。

 

【リヨセル繊維を使用している商品例】

  • リヨセルトップス(ワイドラウンドネックトップス、ワイドストラップ)
    テンセル™リヨセル75%以上使用。
  • リヨセル セット Tシャツ(ルーズフィット半袖Tシャツ、ラウンドネック)
    テンセル™リヨセル75%以上使用。
  • フラワー デニム シャツジャケット(フラワープリント襟付き長袖デニムシャツジャケット)
    テンセル™リヨセル30%以上使用。

 

テンセル™リヨセルやオーガニックコットン、リサイクル繊維などの原料を使用して生産された衣料には、「ケアフォーファイバー(CARE FOR FIBRE)」ラベルが付けられています。

 

公式サイトはこちら:ZARAJapan

 

まとめ

 

View this post on Instagram

 

A post shared by テンセル TENCEL (@tencel_japan)

リヨセル繊維は、環境にやさしい製法でつくられた繊維であるのみでなく、その高品質な特性にも高い評価があり、注目を集めています。

今後繊維産業では、廃棄物のリサイクルまで含めたサプライチェーンを考えていくことが重要となり、既存概念を超えた再生原料の活用や、生産プロセスにおける最適化や効率化が必要と言われています。

 

その点、今回ご紹介したレンチンググループは、繊維業界におけるサステナビリティのリーダーであり、環境面での向上に積極的に取り組んでいる魅力ある企業とも言えます。

将来、H&MやZARAのように、私たちの身近にあるブランドが、リヨセル繊維を取り入れていくことで、「エシカルファッションブランド」が多くなることに期待したいですね。

 

2.4万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新してます🐰

食品からアパレルまで、800を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されます、お楽しみに。

お買い物はこちらから。

- セレクトショップへのリンクはこちら -spot_img
spot_img
spot_img
spot_img
spot_img

新着記事

人気投稿

記事カテゴリー

アバター
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。ぜひフォローお願いします! #ハピキヌ

おすすめ記事