【Meati Foods】新たな代替肉「きのこ肉」がアメリカで来年にも販売予定

代替肉の新しい流れ「きのこ肉」とはどのようなものなのか、この研究開発を進めるMeati Foods(ミーティ・フーズ)社について徹底解説していきます。

日本でもベジミートという単語を聞くようになりましたが、この代替肉への切り替えは全世界で広がっています。

そんな中で、新しい代替肉の情報が入ってきました。なんと、きのこをベースとして使った“お肉”が来年にも発売予定というのです。

この記事では、きのこ肉がどのようなものなのか、そして聞きなれないきのこ肉の研究開発を進めるMeati Foods(ミーティ・フード)という会社についてご紹介していきます。

ヴィーガン・ベジタリアンのトレンドの拡大に広がり、お肉の代わりになるベジミートも種類がどんどん豊富になってきているのは嬉しいことです。

 

来年にも発売とされる「きのこ肉」

来年にも発売とされる「きのこ肉」
Good Energy for Everyone | Meati Foods

アメリカのコロラド州にあるMeati Foods(ミーティ・フード)社は、来年にもきのこで作った代替肉を発売予定だと発表しました。

 

「きのこ肉」って一体どんなもの?

ミーティ・フード社のホームページに掲載された「きのこ肉」は、言われなければ本物のお肉のような見た目をしています。

大豆を使ったベジミートは比較的粒が小さなものが多いのに対して、この「きのこ肉」は厚切りにカットすればがっつりとしたハンバーガーにも使えるし、サラダのトッピングにしたりと使い勝手の良さそうです。

 

現時点で日本で入手しやすい植物性のお肉は、大豆をベースとしたソイミートが主流ですが、今回ミーティ・フード社が発表した「きのこ肉」はきのこ本体にある、糸のような繊維を原料として作っているとのこと。

化学調味料などは一切使わず、ナチュラルな製法で作り上げることにこだわっているそうです。

 

たんぱく質が豊富に入った「きのこ肉」

きのこを原料としているため、たんぱく質がしっかりと含まれています。ヴィーガン食を楽しんでいる方はたんぱく質をどのように食品から取り入れるかを気にされていると思います。

このきのこ肉は、100g当たり18gものたんぱく質が入っていると発表されています。

 

たんぱく質が多いと言われるヴィーガン実践者御用達のアイテムと比べてみても、遜色ありません。

・乾燥大豆:100g当たり33g

・ソラマメ:100g当たり13g

・枝豆:100g当たり11g

・木綿豆腐:100g当たり6g

・ブロッコリー:100g当たり4g

ヴィーガン食での定番の「豆腐」の倍のたんぱく質が入っているとあって、栄養バランスを気にかけている方や、筋トレ中でバルクアップしたい方の見方と言えるでしょう。

 

また、きのこが原料なのでビタミンやミネラルも含まれている点もポイントです。動物性の植物を避けている人はもちろんのこと、どのような食生活をおくっている人にもオススメの健康食材と言えます。

 

さらには、きのこに含まれる食物繊維も見逃せません。適切な量の食物繊維を摂取することは、毎日のお通じを促し、体内から老廃物を排出することに繋がります。

積極的に老廃物を外に出すことで、ダイエットはもちろんのこと、美肌効果にも繋がるとされています。

 

気になる「きのこ肉」のお値段は?

たんぱく質が豊富に入った「きのこ肉」

加速するベジミート・代替肉の商品開発ですが、消費者目線として気になるのはお値段ですよね。

どこのメーカーから出ているものも、まだ生産体制が限られていることもあり、動物性のお肉よりも値段が高くなってしまうことが多いです。

 

来年発売予定とされる「きのこ肉」ですが、現時点では値段が確定していません。

ただし、従来の農業を経て作られるお肉とは異なり、研究室の中で栽培可能の“お肉”とあって、コストダウンが図れると発表されています

 

また、全世界から注目されているベジミートということもあり、今までの動物性の肉と同じくらいのレベルでの発売を目指しています

従来のお肉と同じ値段で、たんぱく質も食物繊維もしっかり入った“より体に良く”そして“よりサステイナブル”なお肉が手に入るとなれば、これまでヴィーガン・ベジタリアン食を食べていた訳ではない人も、より興味を持ちやすく、手軽に始めて見やすくなります。

 

Meati Foodsとはどんな会社?

Meati Foodsとはどんな会社?

「サステイナブルであり、味は妥協せずに、栄養価の高い代替肉を作る」ことに注力しているミーティ・フード社は、アメリカのコロラド州を拠点とするスタートアップの会社です。

 

ミーティ・フード社の取り組み

ミーティ・フード社は植物性のたんぱく質源として注目されるきのこをベースとして、代替肉の開発に取り組んできています

2020年11月に2,800万ドルの資金調達に成功したMeati Foodsですが、1年も経たずして2回目の5千万ドルを確保したと発表しました。

 

この桁の大きさとスピード感からも、世界における代替肉への注目が高まっていることが分かります。

今回の資金調達を受けて、同社は生産体制を2倍に拡張するとしています。これによって、たった24時間で牛で言うと4,500頭分のお肉に値する量の「きのこ肉」の生産が可能になるそうです。

生産キャパを上げつつ、コストダウンを進めることで、目標である「従来の動物性のお肉」と同レベルの値段での販売を目指しています。

 

ミーティ・フード社のこれから

Good Energy for Everyone | Meati Foods

商業化の開始目途として目標にしている2022年には、植物性のチキンとステーキから販売となりますが、既にその後のプランも検討されています。

肉製品として人気のある、ジャーキーや、ハムなどの加工食品、さらにはポークテンダーロインまで視野に入れているそうです。

資金調達も進み、本格商業化にも目途が付き、ますます目が離せない企業へと急速に成長しています。

 

まとめ:世界が大注目する代替肉業界にきのこ肉が登場

世界が大注目する代替肉業界にきのこ肉が登場

従来のお肉を食べる食生活から、ヴィーガン・ベジタリアン食へ向かうトレンドは、全世界で大きな波となっています。

それを受けて、お肉の代わりとなるたんぱく質源の開発があちこちで進められています。

今回のミーティ・フード社の追加資金調達と販売蚊開始に向けたプレスリリースは、他のベジミートとは一風変わった「きのこ」を素材として使っているとして話題になりました。

 

追加に受けた資金は、設備投資に使い生産キャパシティを各段に上げるとされていて、2022年の発売開始に向けて急速に動き出しています。まずはアメリカでの発売ですが、その後日本での発売が開始されたら面白いなと期待したいです。

最近、大豆をベースとした「畑のお肉」のようなソイミートは、スーパーでもわりと手軽に手に入るようになりました。

 

これから先、大豆以外の素材をベースとする代替肉が発売されるようになってくると、お店で選ぶ楽しみが増えてくるでしょう。

そして、作る料理に応じてどの“お肉”を使おうか?と選ぶ楽しみも広がる日も近いかもしれません。

 

代替肉に関する他の記事は、こちらのハッピーキヌアの記事も是非ご参照ください。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ