スティーブ・ジョブズ、マイリー・サイラスをはじめとする「ペスクタリアン」を実践する著名人たち

スティーブ・ジョブズ、マイリー・サイラスをはじめとする「ペスクタリアン」を実践する著名人たち

魚介類OKのベジタリアン?あの有名人も実践?制限が少なく、取り入れやすいペスクタリアン。ペスクタリアンの解説、実践している有名人をご紹介します。

ハッピーキヌア編集部
2022年07月01日
スティーブ・ジョブズ、マイリー・サイラスをはじめとする「ペスクタリアン」を実践する著名人たち

ペスクタリアンの課題

ヴィーガンの方と比べると、ペスクタリアンの方は、食べられるものも多く、外食など、日常の食生活での不自由さは、それほど大きくないでしょう。

しかしながら、ペスクタリアンを実践するにあたって、いくつかの課題があることも事実です。

 

  • 乱獲における、水産資源の減少
    世界的に見ると、漁獲量は増加の傾向にあります。
    しかし、需要に任せて乱獲を続けていけば、海の中の生物が減少していくことは、容易に想像できます。

 

  • 漁網をはじめとする海洋プラスチックなど、環境の問題
    漁網は、プラスチックの繊維を使用しています。
    漁では、非常に大きく重たい網を、引きずるようにして移動したり、水揚げには、機械で巻き取る方法をとります。
    そうしているうちに、少しずつ、網の繊維が切れていきます。こういったものが、マイクロプラスチックとなり、環境や、海洋生物の生命を脅かします。

 

  • 船の燃料の問題
    海洋プラスチックと同じように、環境に関する課題として、船の燃料があります。
    船の燃料は、現在、重油が主に使われています。重油は、価格が安いのも、漁業にとって、メリットのひとつです。
    しかし、大量に燃料が必要なこと、燃焼時に大量の排気ガスが出ること、万が一の事故などで、海に流出し、海洋汚染が懸念されることなどが課題となっています。
    現在は、排気ガスを規制した燃料を使用する動きが進み、さらに、排気ガスの排出量などによっては、入港を規制する国や港があります。

 

  • 魚なら食べていいのかという、命の問題
    そもそも論になってしまいますが、動物の肉を食べないというのならば、魚がいい理由はないのでは?といった、倫理観を問うジレンマに向き合うことも、ペスクタリアンの方の抱える悩みのひとつです。

 

これらの課題を抱えながら、個人としても、国や世界レベルでも、できる限りの配慮をしていくことが必要です。

 

参考:水産庁「(1)漁業生産の状況の変化」
「プラスチック資源循環(漁業における取組)」

株式会社 菅製作所ホームページ 「船の燃料って何を使っているの?」

 

ペスクタリアンを実践する著名人6名

1. スティーブ・ジョブズ

Apple創設者であり、没後なお、世界中のカリスマである、スティーブ・ジョブズ。

彼は、服装だけでなく、食生活にもこだわりを持っていました。

 

ジョブズさんが大学1年生のときに、フランシス・ムア・ラッペの、『Diet for a Small Planet』という本に出合い、肉を食べることをやめました。

 

その後、完全な菜食を続けてきました。ときには、同じ果物や野菜だけを食べ続けることもありました。

しかし、2003年にすい臓がんを患い、その翌年の2004年に摘出手術を受けました。

 

それ以降、魚などのたんぱく質は摂るようになったということです。

 

出典:Wikipedia 「スティーブ・ジョブズ」

LIFE INSIDER (businessinsider.jp)「同じ野菜を食べ続ける、断食をする ── スティーブ・ジョブズ、こだわりの食生活」


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook