サステナビリティ先進国 北欧でも大人気!セカンドハンドショップとは?

リサイクル・リユース精神の根付いている北欧の国々でよく見かける人気のスポット「セカンドハンドショップ」をみなさんにご紹介させていただきます。

皆さん、セカンドハンドショップをご存じでしょうか?

セカンドハンドショップとは、雑貨や洋服、食器類など、さまざまなジャンルの中古・および新古品を販売しているお店のことです。

日本国内で例えるならば、リサイクルショップもしくはチャリティーショップといった位置づけになります。

 

海外には、数多くのセカンドハンドショップがあります。

なかでも「シンプルライフ」が根付いている北欧の国々では、必要な物がある時には、まずセカンドショップで探して買うことが主流になっています。

今回は、お洒落な北欧雑貨や食器、洋服などを格安で購入することができるセカンドハンドショップを、みなさんにご紹介させていただきます。

 

セカンドハンドショップとは

「サステナブルな暮らし」が基本となっている北欧の国々では、セカンドハンドショップは、とても身近な存在です。

セカンドハンドショップには、いくつかの運営形態がありますが、北欧の国々の場合、基本的には「不要になったものを寄付してもらい、その収益を社会福祉活動や慈善事業などに寄付する。」というスタイルが主流になっています。

 

商品を寄付する側は、社会貢献ができますし、購入する側にとっては、格安で必要なものを手に入れることができるというセカンドハンドショップのシステムは、双方にとってメリットがあります。

 

また、今の自分にとっては不要なものでも、ほかの誰かにとっては必要なものかもしれません。

セカンドハンドショップを利用することにより「物を捨てずに次の人へ受けついで行く」という、サステナブルなライフスタイルを実践することができます。

 

アンティークショップとの違い

北欧の街中では、セカンドハンドショップのほか、アンティークショップも見うけられますが、両者には一体どのような違いがあるのでしょうか。

まず、セカンドハンドショップで売られている商品は、比較的年数の経っていない中古品、もしくは新古品であることがほとんどです。

 

対して、一般的にアンティークとは、製造後100年を経過したものに対してつかう言葉ですので、100年以上前の骨董品や美術品などを取り扱っているのが、アンティークショップとなります。

街中にこのようなショップが多いのは、物を大切に受け継いでいくという、エシカルな精神が根付いている北欧ならではの文化ともいえるでしょう。

 

セカンドハンドショップの魅力的な商品たち

北欧デザインの雑貨や食器など、セカンドハンドショップには魅力的なリサイクル商品がたくさんそろっています。

もし、北欧の国に行かれることがありましたら、ちょっとした宝探し気分で、セカンドハンドショップをのぞいてみられてはいかがでしょうか。

とくに人気のあるオススメの商品ジャンルは、以下のとおりです。

 

★食器類

北欧のセカンドハンドショップで、特に人気なのが食器類です。

日本でもおなじみ、フィンランドに拠点を置く「ARABIA(アラビア)」の食器類は人気が高く、新品のものを定価で買うよりも、かなり格安で手に入れることができます。

運が良ければ、レアデザインやヴィンテージ品など、希少価値のある商品にめぐりあえることもあるようです。

 

★洋服

イベント時の仮装や、成長のためサイズが変わりやすい子供服など、着用頻度が低かったり、短期間しか着ることのないものは、セカンドハンドショップで購入される方も多いようです。

また、セカンドハンドショップでは、ファストファッションからヨーロッパブランドの洋服まで幅広く取り扱っているため、掘り出し物が見つかるかもしれません。

 

海外でセカンドハンドショップが人気の理由

日本では、シーズンごとにファストファッションなどで流行の新しい服を買う人も多く、古着を買ったり、セカンドショップなどを利用する人は、未だ少数派といえます。

しかし、海外では、古着などを買ったり洋服や物の貸し借りや交換をするのは、ごく普通のことで、逆に新しい物を買う習慣はあまりありません。

そのため、家具や洋服にいたるまで家の中にはセカンドハンドのものばかり、ということも珍しくはないようです。

 

目まぐるしく移り変わる流行を追うのではなく、愛着のわくものを長く使うこと。

北欧の中心街に、セカンドハンドショップがたくさんある理由は、それが当たり前でかっこいいことだという、エシカル消費意識が、北欧の人々に根付いているからといえるでしょう。

 

日本でも、近年若い世代を中心に人気

新型コロナウィルスの影響で、多くの人々が外出を避け、現在もリモートワークを余儀なくされています。

通勤や通学などで外出する機会が減った今、日本でも、10代~20代の「Z世代」とよばれる若者たちを中心に、中古品への需要が高まりつつあります。

 

もともと、Z世代の若者たちは浪費をせず、ブランドよりも実用性やコストパフォーマンスを重視する傾向にありました。

そこに、コロナ禍と環境へのエシカル意識への高まりも加わり、古着などのセカンドハンド商品を購入する人たちが、近年確実に増加しています。

 

私たちが古着を購入することで、金銭面で節約になるのはもちろんのこと、ファッションの生産過程で排出されるCO2の削減など、持続可能な未来のための地球環境の保護にもつながっていくのです。

セカンドハンド商品の需要拡大と共に、近い将来、日本でも、セカンドハンドショップめぐりができるようになるかもしれませんね。

ハッピーキヌアヴィーガンメディアのこちらの記事もご参考になさってください。

 

まとめ

北欧の国々に数多く存在するセカンドハンドショップでは、家具から絵本、洋服など、ありとあらゆるジャンルの中古品が売られています。

海外のセカンドハンドショップは、慈善団体などが経営していることも多く、商品は寄付で集められ、売上金は慈善事業や社会福祉活動に寄付されます。

 

本当に必要な物だけしか買わず、壊れたものは修理して、できるだけ長く使うこと。

さらに、不要になったものを捨てるのではなく、次の人に受け継いでいくという、北欧の人々の「無駄のない暮らし」は、持続可能な未来を守ることにつながっていくのではないでしょうか。

多くの物に支配されない、北欧流シンプルライフ、できるところから少しずつ始めてみませんか。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ハッピーキヌアブランドがお届けする、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
睡眠や集中力アップのお供に、リラックスや忙しい時向けの2タイプで大人気です。今だけ限定で25%オフ。今すぐ以下をチェック!
▼100%Vegan 欧州産高級CBDオイル▼spot_img
 
さらに、ヴィーガン生活に最適なハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。
ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

2.9万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill's Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

29,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ