アメリカでフィットネスが流行っている理由とは?現地から詳細を解説

アメリカでフィットネスが流行っている理由とは?現地から詳細を解説

アメリカでは15歳以上の人口のうち約40%が肥満と言われているほど肥満大国。そんなアメリカでフィットネスが流行っているのをご存知でしょうか?今回はアメリカのフィットネス事情を解説します。

ハッピーキヌア編集部
2022年04月06日

原材料はオーツ麦と酵素の2つだけ。自分で必要な分だけ作って楽しめる新しいオーツミルク Earth MILKを試してみませんか?今だけ初回お試しセットが¥7,860→¥2,360に。以下のリンクから限定で送料無料になります。この機会にぜひ。

サスティナブルなオーツミルクの通販サイト|Earth MILK
アメリカでフィットネスが流行っている理由とは?現地から詳細を解説
アメリカといえば、分厚いステーキにハンバーガー、そしてピザなどの高カロリーの食事のイメージがあり、そのような食生活を送っているアメリカ人に、肥満が多いのは当たり前と思っている方も多いと思います。

アメリカ疾病管理予防センター(CDC)によると、アメリカ成人の40%近くが肥満と報告しているので、肥満大国アメリカのイメージは正しいと言えるでしょう。

 

しかし、その肥満大国アメリカでフィットネスが流行っているのをご存知でしょうか。

今回は現地からアメリカのフィットネス・ダイエット事情を紹介します。

 

なぜアメリカに肥満者が多い?

2020年アメリカでの成人の肥満率は42.4%となり、初めて全国の肥満率が40%を超えました。しかし、2000年の報告によると、成人の肥満率が25%を超える州はありませんでした。

 

肥満人口は年々増加し続け、20年で20%近く増加していることがわかります。

データによると、所得金額や教育水準、住む地域で肥満格差に差が見られることがわかっています。

 

フードデザート問題

フードデザート(食料品砂漠)問題とは、都市中心部に住む低所得者が、新鮮で良質な野菜や果物など栄養価の高い生鮮食料品へのアクセスを失っていることを指し、アメリカでは以前から問題視されています。

富裕層の住む都市間には食料品店がたくさんありますが、低所得者の住む街には新鮮な野菜を置くスーパーマーケットがあまり見当たりません。あっても日持ちのする缶詰食品、加工食品、ソーダー飲料水などでほとんどの棚をしめているのが現状です。

 

また、低所得者であるがゆえ、仕事を数個掛け持ちすることが多く、食料品の買い物や料理をする時間が持てず、高カロリー、低価格、低栄養価のファーストフードに頼ってしまうことも、肥満問題の要因の一つです。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook