食品・フードロスを減らすアクション7選|エシカルな取り組みを実践しよう

世界的に深刻な問題になっている「フードロス」。少しでも食品の廃棄を削減するために、私たちが簡単にできる行動を7選ご紹介します。個人のちょっとした心がけが、地球環境の保護に繋がります。食に気を使うヴィーガンの私たちも今一度、食生活を見直してみませんか。

近年、メディアで頻繁に取り上げられるようになった「フードロス(食品ロス)問題」。

環境問題に目を向けているヴィーガンの方や、エシカル消費を心がけている方にとっては、注目せざるを得ない問題と言えるでしょう。

フードロスを減らす対策に今から取り組もうと考えている方はもちろんのこと、対策を既に行っているという方にも、新たに知ってもらいたいアクションがたくさん存在しています。

 

この記事では、フードロスを減らすために私たちが今すぐできるアクションを7選ご紹介します。

 

フードロスとは

フードロス(食品ロス)」とは、まだ食べられるのにも関わらず、廃棄されてしまう食品のことを指します。

農林水産省の発表によると、平成29年度の推計値で、日本のフードロスの量は年間612万トンにも及んでいます。(出典:農林水産省ホームページ

これを日本人一人当たりの量に換算すると、1年で約48kg、一日ではお茶碗一杯分のご飯を捨てているということになります。

一見、大したことのない量に感じてしまうかもしれませんが、日本人「全員」が、「毎日」捨てていると考えると、とてつもない量になることは容易に想像できますよね。

 

フードロスは、食品関連事業者から発生する「事業系食品ロス」と、一般家庭から発生する「家庭系食品ロス」に分けることができます。

お客さんの食べ残しが高い頻度で発生する飲食店や、商品を大量に発注している小売店を想像すると、事業系食品ロスの方が家庭系食品ロスに比べてはるかに多いのではないかと想定する方が多いのではないでしょうか。

食品ロスとは:農林水産省

確かに、事業系食品ロスは家庭系食品ロスよりも多いものの、事業系食品ロスが328万トン、家庭系食品ロスが284万トンとなっており、全てのフードロスのおおよそ半分近くが家庭から発生したものであることが分かります。

事業系食品ロスの削減には、呼びかけなどのアクションは出来ても、直接的に関わっていくことはやはり難しいものです。

一方で、家庭系食品ロスの削減には、各家庭で今すぐにでも、自ら積極的に取り組むことができるアクションがたくさんあります。

 

具体的に、どのようなことに取り組めばフードロスの削減に繋がるのか、いくつか理由を踏まえてご紹介します。

 

フードロスを減らすアクション7選

1. 食べきれる量の食品を買う

食材を購入する時は、食べきれる量を買うようにすることが重要です。

「価格がいつもより安いから」、「あれば何かしらには使えるから」といった理由で、どんどん買ってしまっては、冷蔵庫が食材で溢れかえってしまい、結局食べきれずに廃棄せざるを得ない食材を生み出してしまうことになります。

 

備蓄をするにしても、節度ある量を守りましょう。

細かく買い物へ出かけることは、場合によってはそれ自体がエシカルでないこともありますが、まとめ買いするにしても日持ちがするものに限定するようにしましょう。

自宅にある食材をしっかり把握し、食べきれる分だけの食材を買い足すということを心がけましょう。

 

また、お店の商品は手前に賞味期限・消費期限が近いものが並んでいるので、陳列されている順番を崩さずに買うことが大事です。

賞味期限が近いものが売れ残ってしまっては、結局お店側が廃棄することになり、事業系食品ロスにつながってしまうからです。

 

2. 食品の適切な保存方法を学ぶ

ヴィーガンの方は、新鮮な野菜を購入する機会が多いと思われますが、正しく保存する方法をご存知でしょうか。

食材にはそれぞれ適した保存方法があり、正しく保存することによって驚く程に長持ちさせることができます

例えば、野菜は何もせずにそのまま保存すればすぐに鮮度が落ちてしまいますが、新聞紙で包んで冷暗所で保存したり、キッチンペーパーで包んでから保存袋に入れたりなど、適切に保存をすれば長く新鮮さを保つことができるでしょう。

 

できれば避けたいことですが、価格につられて大量にまとめ買いをしてしまうということも、たまにはあるかもしれません。

そんな時には、あらかじめ下ごしらえをしてから保存しておくのが良いでしょう。

食べやすい大きさに切ってから冷凍保存したり、火を通してから保存しておいたりすることで、その食品を使い切ることのハードルがぐっと下がり、無駄なく消費することに繋がります。

 

まとめ買いが “悪” のように述べてしまいましたが、必ずしもそうではありません。一度にできるだけ購入し、車で移動することを控えれば、温暖化ガスを排出せずに済むためです。

1.で述べたことと若干矛盾しますが、「まとめ買いして、日持ちする方法で保存」ということができれば、最もエシカルなアクションになります。

 

3. 食べられる部分を無駄にしない

野菜や果物は皮を剥いて食べるのが普通だと考えている方は多いでしょう。

実は多くの野菜や果物は皮を剥かずに食べることができて、むしろ皮の方に栄養が豊富に含まれているということもめずらしくはありません。

切り落としてしまいがちな葉や茎なども、美味しく食べることができるのにも関わらず、当たり前のように捨てられているのが現状です。

 

こういった「食べられるけれども捨てられている部分」を無駄にしないレシピはたくさん存在しています。

例を挙げると、料理レシピサイト「クックパッド」では、消費者庁が「消費者庁のキッチン」という公式ページを設け、フードロスの削減に繋がるレシピを多数紹介しています。

消費者庁の公式キッチン 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが345万品

 

エシカル消費を心がけている方にとって、食材を余すことなく使うことができるレシピは、ぜひとも覚えておきたいものですよね。

普段捨てている部分で、もう一品作ることができるなんて、なんだか得した気分になりませんか?

 

4. 消費期限・ 賞味期限が近いものから消費していく

使いかけの食材の存在をすっかり忘れていて、気付けば冷蔵庫の奥で傷んでいるのを発見したという経験をしたことがある方はいませんか?

気付かないうちに食品を傷めることを防ぐためには、食品の消費期限・賞味期限をこまめにチェックし、古いものから使うようにすることが大事です。

買い物に行く際には必ず今自宅にある食材を確認し、使いかけの食材を消費するためのメニューを考え、それでも足りないものを買い足すということを意識しましょう。

まめに冷蔵庫を整理して、「今何があるか」、「どの食材を優先して使っていくべきか」を確認する癖を付けたいものですね。

 

また、ヴィーガンの方にとっては、大豆ミートや干し野菜などの乾物は、おなじみの食材ですよね。

これらは長期で保存できるものが多いため、どうしても食材を備蓄しておきたいという方にはぴったりと言えるのではないでしょうか。

 

5. ドギーバッグの利用


ドギーバッグ」とは、アメリカ発祥の飲食店で食べ残した料理を持ち帰るための容器のことです。

ドギーバッグの普及に取り組む団体である「ドギーバッグ普及委員会」は、農林水産省・環境省・消費者庁と共に「Newドギーバッグアイデアコンテスト」を開催し、食べ残した料理を持ち帰ることを身近な文化として広めることに努めています。

ドギーバッグアイデアコンテスト|環境省、ドギーバッグ普及委員会、消費者庁、農林水産省

 

飲食店への保健所の指導もあり、手をつけた食品を持ち帰ることは中々難しいのが一般的でした。

最近では、ドギーバッグの使用を推奨する自治体や飲食店は徐々に増えていて、これからますます広がっていくことが考えられます。

エシカル消費を心がけている方であれば、飲食店の食べ残しが気になった経験があるという方が多いのではないでしょうか?

もちろん自分が食べきれる量を注文することを心がけたいところではありますが、どうしても食べられない時には積極的に使っていきたいですね。

 

6. フードドライブで食品を寄付する

フードドライブを実施します 食品ロスの削減|東京都小平市公式ホームページ

フードドライブ」とは、家庭で余っている未使用の食品を持ち寄り、それを必要としている福祉施設や団体に寄付する活動のことです。

買いすぎてしまい消費できなさそうなもの、お中元やお歳暮でもらったものの好みではないものなどが家にある場合は、積極的にフードドライブに寄付しましょう。

人に優しいという観点でも、エシカルなアクションであると言えるでしょう。

 

定期的にフードドライブを行っている小売店や施設が増加してきているので、お近くに寄付できる場所がないか調べてみてはいかがでしょうか?

 

7. 「3010運動」を積極的に実践する

環境省_3010運動普及啓発用三角柱POP ダウンロードページ

「3010運動」をご存知でしょうか。

3010運動」とは、飲食店で宴会をする時などに開始後30分間と終了前10分間は席を立たずに食事を楽しみ、フードロスを減らすということを目的とした取り組みのことを指します。

 

宴会では、お酌などで席を離れることが多く、気が付けば食事にあまり手を付けられないまま終わりの時間になっていた、という経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

3010運動がもっと広がれば、宴会時に大量に発生するフードロスを削減することに繋がりますが、今のところ3010運動のことを知らない人が、まだまだ大多数であると言えます。

また、知っていても上司の顔色が気になって実践しづらいという意見も、正直なところあるでしょう。

宴会の幹事さんに3010運動を紹介し、開始時に一声かけてもらうだけでも、少しは意識が変わるものです。

きっと大きな効果が得られることでしょう。

 

まとめ

環境問題に関心があってヴィーガンのライフスタイルに興味を持った方、またはヴィーガンの生活を送る中で環境問題に目を向けるようになったという方は多いと思われます。

そんなヴィーガンの方や、エシカル消費を心がける方にとって、現在のフードロスの状況はとても気がかりな問題なのではないでしょうか。

 

日々大量に廃棄されている食品の量を知ると、自分一人ができることなんて無いと感じてしまうかもしれません。

しかし私たち一人一人がフードロス問題に目を向け、毎日少しづつでも行動を起こすことで、かなりの量のフードロスを削減することができるはずです。

ご自身の食生活を、今一度見直してみませんか。

 

2.3万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新しています🐰

食品からアパレルまで、650を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されます、お楽しみに。

お買い物はこちらから。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ