日本とアメリカ、イギリスのヴィーガン対応を比較

日本とアメリカ、イギリスのヴィーガン対応を比較

日本とアメリカ、イギリスのヴィーガン対応を比較しました。どの国でもヴィーガンはトレンドとなっていますが、国によってヴィーガン対応の傾向にどのような違いがあるのでしょうか。

ハッピーキヌア編集部
2022年01月06日
日本とアメリカ、イギリスのヴィーガン対応を比較

アメリカのヴィーガン対応の現状と傾向

昨今、アメリカではヴィーガン・ベジタリアンの方の割合が急速に増加しています。アメリカのヴィーガンの人口の割合は、2014年時点では1%でしたが、2017年時点で6%となっています。(出典: Top Trends in Prepared Foods 2017: Exploring trends in meat, fish and seafood; pasta, noodles and rice; prepared meals; savory deli food; soup; and meat substitutes

 

代替肉の世界的ブランドともいえるBeyond Meat(ビヨンドミート)や、Impossible Foods(インポッシブルフーズ)は、アメリカ発祥です。アメリカでは、これらの代替肉は多くの飲食店の料理に取り入れられているだけでなく、スーパーマーケットでも入手することができます。

 

アメリカの飲食店におけるヴィーガン対応

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nish Nush NYC(@nishnushnyc)がシェアした投稿

アメリカの飲食店の中で、ヴィーガンオプションを提供している店の数は年々増加しています。

 

特に、ニューヨークには、非常に多くのヴィーガン・ベジタリアン対応レストランが存在しています。

その数は2014年時点で140店以上。ニューヨークは、2018年に最もヴィーガンに寛容な街ランキングの第1位となっており(出典:NYC is the top city for veggie-only eaters | amNewYork)、ヴィーガンの方が快適に生活しやすい環境と言えます。

 

アメリカのスーパーマーケットにおけるヴィーガン対応

 

この投稿をInstagramで見る

 

Beyond Meat(@beyondmeat)がシェアした投稿

アメリカでは、一般的なスーパーマーケットにおいてもほとんどの場合、代替肉やプラントベースチーズなどのヴィーガン対応商品が取り扱われています。

バーガーパテやミートボールといったヴィーガン対応の加工食品も種類が豊富で、気軽に食事に取り入れることができます。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook