冬場に食べたいおすすめヴィーガンレシピ5品をご紹介

冬場に食べたいおすすめヴィーガンレシピ5品をご紹介

寒くなるほどおいしくなる冬野菜。おいしくて栄養価も高い冬野菜を使った冬場に食べたいヴィーガンレシピを5つご紹介します。簡単にできるものから、おしゃれなレシピまでご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ハッピーキヌア編集部
2022年01月05日

原材料はオーツ麦と酵素の2つだけ。自分で必要な分だけ作って楽しめる新しいオーツミルク Earth MILKを試してみませんか?今だけ初回お試しセットが¥7,860→¥2,360に。以下のリンクから限定で送料無料になります。この機会にぜひ。

サスティナブルなオーツミルクの通販サイト|Earth MILK
冬場に食べたいおすすめヴィーガンレシピ5品をご紹介
冬は風が冷たくなり、体調管理が重要な季節。

風邪をひいてしまったり、体の冷えが気になったりする人も多いのではないでしょうか。寒くなるとおいしい野菜には、そんな体の不調を整えてくれる効果のあるものが多いのです。

今回は冬においしい野菜で、体が温まるヴィーガン料理をご紹介していきます。

 

栄養豊富な冬野菜

旬の野菜はおいしいだけではなく、栄養も豊富に含まれています。

冬野菜も味も栄養面も優れたものが多く、冬にこそ食べるべき野菜ばかりです。

まずは寒い時期にこそ食べてほしい冬野菜をご紹介していきます。

 

白菜

冬においしい野菜の代表格である白菜。

あまり栄養が豊富なイメージはないかもしれませんが、ビタミンCやミネラルが多く含まれている食品です。

ビタミンCは免疫力を高める効果があり、風邪などの予防効果が期待できます。

 

またカロリーも低く、食物繊維が豊富であるため、ダイエットに最適な野菜の1つといえるでしょう。

白菜の栄養素は水溶性のものが多いので、鍋などの汁物で食べるのがおすすめです。

 

ネギ

冬のネギは寒さに耐えるため糖を蓄えているので、甘くおいしくなっています。

栄養素も高く、昔から風邪予防に効くといわれている野菜の1つです。

ネギの白い部分にはアリシンというカロリー消費を助ける成分とネギオールという殺菌効果のある成分が含まれています。緑の部分には肌の調子を整えてくれるベータカロテンやビタミンC、貧血予防に効果がある葉酸などが摂取できるでしょう。

血行をよくし、体を温める効果のある野菜でもあるので、緑の部分も白い部分もすべて食べたい野菜ですね。

 

ほうれん草

年中その姿を見ることができるほうれん草ですが、旬は冬です。

他の時期のほうれん草よりも、旬の時期に収穫された冬ほうれん草は多く栄養素が含まれています。美肌や免疫力を高める効果のあるビタミン類に、貧血に効果がある鉄分や葉酸も豊富です。

しかも冬どれのほうれん草は、アクが少なく生でも食べられるので、熱で壊れやすい栄養素も取りやすくなっています。

 

カブ

古くから日本人に親しまれてきたカブも冬においしい野菜の1つです。

白い根の部分には、アミラーゼという消化酵素が含まれているので、ごちそうが多く続く冬の胃もたれの解消には、最適でしょう。

葉っぱの部分には粘膜の回復を助け、免疫力を高める効果のあるベータカロテンなどが多く含まれています。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook