国内外のヴィーガンのアーティスト・ミュージシャン9選

精力的に社会問題や環境保全に取り組んでいる、アーティストやミュージシャンに多く存在する「ヴィーガン」。そんなヴィーガンのアーティスト・ミュージシャンの、ヴィーガンになった背景を含め、8名をピックアップしてお届けします。

有名なアーティストやミュージシャンにも、ヴィーガンの方が多いことをご存知でしょうか。

インフルエンサー的な存在でもある彼らは、動物愛護や環境保全の面を考慮して、ヴィーガンの運動を広めようと、努力されている方も多いようです。

今回は、そんなヴィーガンであるアーティスト・ミュージシャンを、9名ご紹介します。

 

海外のヴィーガンアーティスト・ミュージシャン

1. マドンナ(Madonna)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Madonna (@madonna) on

1980年代から第一線で活躍し続けているマドンナさん。

精製された食材は避け、玄米などの穀物を中心に、旬の食材をバランスよく取り入れる食事療法「マクロビオティック」を取り入れています。厳密に言うと、マクロビオティックはヴィーガンではありません。

一時は、日本人のマクロビオティックのシェフを、専属に雇っていたということでも有名です。

 

1958年生まれ・62歳にも関わらず、パワフルで若々しくいられるのは、マクロビオティックによる効果かもしれません。

ヨガやピラティスなど、適度な運動も欠かさないことから、日々の努力の賜物ということでしょう。

 

2. ブラッド・ピット Brad Pitt

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Brad Pitt (@bradpittofflcial) on

ブラッド・ピットさんもヴィーガンです。

2009年には、ブラッド・ピットさんは、牛から出るメタンガスによって引き起こる被害について懸念し、菜食主義の生活を続けているようです。

彼は、動物愛護・環境保全の意識も高いことで有名で、その影響もあり、植物ベースの生活への動きを支持しています。

 

3. アリアナ・グランデ Ariana Grande

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Ariana Grande (@arianagrande) on

アリアナ・グランデさんは、1993年生まれ・アメリカ出身の女性歌手。その歌唱力で日本でも人気の高いアーティストです。

人間よりも動物が好き」と公言するほど、動物好きであり、主に動物愛護の観点からヴィーガンに生活を続けています。

ヴィーガンになり、一層パワフルになった彼女の、今後の活躍に期待しましょう。

 

4. ジョニー・デップ Johnny Depp

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Johnny Depp (@johnnydepp) on

「パイレーツ・オブ・カリビアン」などの有名作品に数多く出演し、日本でも人気の高い、ジョニー・デップさんも、ヴィーガンです。

当初は、役作りで体型コントロールのために、何度かベジタリアン生活を送っていました。そしてその後、当時妻であったアンバー・ハードの影響で、本格的にヴィーガンになりました

動物愛護家である事で有名で、上の写真の絵画の犬は、かつてご自身が飼っていた犬です。

映画のロケ中に急死してしまったのですが、こんなに大きなキャンパスに描いてもらって、きっと幸せですね。

 

国内のヴィーガンアーティスト・ミュージシャン

5. 紀里谷和明

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kaz I Kiriya (@kazuaki_kiriya) on

クリエイターの紀里谷和明さんもヴィーガンです。

紀里谷和明さんは畜産業に対して、以下の考え方を知ってから肉を食べなくなりました。

  • 大量に穀物が飼料として使われ、その一方で、飢餓により亡くなってしまう人がいる事
  • 牛からメタンガスが大量に排出されるため、地球温暖化に繋がってしまう事

 

ヴィーガン生活に切り替えてから、体調が以前より良くなり、体が丈夫になったと実感されています。

映像クリエーターとして、ご自身の観点から社会問題・環境問題などにも、鋭く斬り込みをいれている、紀里谷さんに目が離せません。

 

6. フジコヘミング

 

View this post on Instagram

 

A post shared by フジコ ヘミング (@fuzjko.hemming) on

世界的なピアニストであるフジコ・ヘミングさんも、海外に在住していた頃から、30年以上のヴィーガン歴です。

ドイツに在住していた当時、捨てられた野良猫の保護の為に大金を投じたという、ヴィーガンの友人の影響を受け、猫好きのヘミングさんもヴィーガンになりました。

ヴィーガンになってからは、当時、更年期障害で体調を崩しがちでしたが、それが改善して医者いらずになったそうです。

87歳になられた今でもお元気で、現役で精力的にコンサートを開催されていらっしゃいます。

普段は、大好きな猫に囲まれ、幸せに暮らしているそうです。

 

7. ソニン

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Sonim•ソニン•선임 (@sonim_official) on

現在は舞台を中心に活躍されている、ソニンさんも10年以上のヴィーガン歴です。

最初は役作りの為のダイエット目的で、マクロビオティックを始めました。

しかし、そのダイエットに失敗し、元の食生活に戻そうとしたところ、お肉に対して身体が拒否反応を示した事がきっかけで、ヴィーガンになりました。

最近では、「YouTubeでヴィーガンマヨネーズの食べ比べの動画」を挙げていました。

 

8. 松田美由紀

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 松田美由紀 (@matsudamiyuki) on

女優・写真家・プロデューサーなど、幅広く活躍している、松田美由紀さん。

俳優の松田龍平さん、松田翔太さんのお母さんということでも有名です。

松田美由紀さんも、数年前からヴィーガンを公言しており、インスタグラム等でもご自身が作ったヴィーガン料理を、アップされています。

毛皮反対を呼びかけたりと、動物保護活動などに熱心でもあります。

 

9. 未来リナ

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 未来リナ(Lina Mirai) (@lina3336) on

俳優の城田優さんの妹で、モデルの未来リナさん。

未来リナさんは、幼少期からモデルの仕事をしており、十代の頃は痩せていなければいけないという、プレッシャーから摂食障害になり苦しんでいました。

そんな時に目に入ったのが、インスタグラムで見かけた色鮮やかなヴィーガン料理の写真でした。

それをきっかけに、ヴィーガンについて知り、自分の身体も、他の動物も、そして地球をも大切にするというヴィーガンは、彼女の理想のライフスタイルであると気付いたそうです。

ヴィーガンに出会ってからは摂食障害も克服し、今ではインスタグラムやYouTubeなどで、ヴィーガン生活やレシピを発信しています。

未来リナ / Lina Mirai – YouTube

 

まとめ

今回ご紹介したヴィーガンのアーティスト・ミュージシャンの方々は、きっかけはそれぞれ異なりますが、本人がヴィーガンでいる事に幸せを感じ、心身共に健康的であるという事が伝わってきました。

発信力・影響力の強いアーティストたちに、是非ヴィーガンの良さなどを広く伝えてもらいたいですね!

 

2.3万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新しています🐰

食品からアパレルまで、650を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されます、お楽しみに。

お買い物はこちらから。