シンガポールの大学で、”代替肉学コース”が誕生!ヴィーガンを学べる学科のある大学

この記事では、シンガポールでスタートした「代替肉コース」から代替肉のメリット、シンガポールの抱える食糧問題を解説しました

犠牲になり続ける動物や、地球環境への悪影響から、動物の肉から置き換えることができる「代替肉」が模索されています。

代替肉といえば「大豆ミート」を思い浮かべる方が多いかと思いますが、現在の代替肉の進化は大きく、見た目も味も本物の肉と変わらないものが登場しているほどです。

 

そんな代替肉開発の中心であるシンガポールでは、大学で「代替肉コース」がスタートしています。

この記事では、シンガポールでスタートした「代替肉コース」や、代替肉のメリット、シンガポールの抱える食糧問題まで解説していきます。

 

シンガポール南洋理工大学でアジア初の「代替肉コース」がスタート

2021年8月、シンガポールの南洋理工大学(NTU)で新しいコース「FutureFoods– Advanced Meat Alternatives」が認証されました。

「FutureFoods– Advanced Meat Alternatives」は、代替肉・代替タンパク質にフォーカスをあてたコースです。

これまで世界の中心だった食肉によるタンパク質摂取から、いかに代替タンパク質に置き換わっていくかを学びます。

 

代替肉コースは、シンガポール政府とワシントンDCに本社を置くNPO団体「グッドフードインスティテュートアジアパシフィック(GFI APAC)」の協力によって設立されました。

今後世界の中で代替肉開発の中心となっていきたいシンガポールと、地球環境を保護することを目指すNPO団体の思惑が一致した形です。

 

シンガポールの南洋理工大学(NTU)は日本ではあまり聞きなじみのない大学ではありますが、シンガポール屈指の名門校です。

国立の理工系大学であり、大学ランキングでは2020年にはシンガポール国立大学に次いで2位、アジア全体でも6位と高い評価を受けています。

南洋理工大学のうち、理工学部の3年生と4年生を対象としており、来年より30名の学生が受講を開始するとのことです。

 

代替肉について包括的に学ぶ

「代替肉コース」では、世界が抱えている問題や、代替タンパク質に置き換わることによる利点など理念的な面から、実際に代替タンパク質を生産する実践的な面も含め包括的に学びます。

 

代替肉と言えば「大豆ミート」を思い浮かべる方も多いと思いますが、大豆ミートはシンプルに作れる一方で、効果であったり味が肉とは遠いものでした。

最新の技術では、菌類を使った代替肉や、エンドウ豆など多種多様な材料を使った大豆ミートがあり、その様々な製造方法を学べます。

中には牛肉に近い味わいの代替肉も存在し、ハンバーガーであれば牛肉のものと変わらないものもあるとのことです。

 

また、鶏の細胞をベースとして作られる「培養チキン」は、鶏の細胞を使っているため実際の鶏肉と変わらないようです。

「見た目」「味」といったおいしさの面や、「タンパク質」「アミノ酸「ミネラル」といった栄養面も同等とのことで、完全な代替肉として期待されています。

 

代替肉のメリット

代替肉には以下のようなメリットが存在します。

  • 環境にやさしい
  • 動物倫理に配慮できる

 

代替肉は環境にやさしい

現在の食肉産業は、さまざまな環境に対する問題を抱えています。

 

最も大きな問題は、家畜を育てるために、大量の資源が消費されているということです。

世界中の淡水量の27%が、穀物の50%が、地球上の土地の3分の1が、家畜を育てるために使われています。

飢餓で苦しむ子供たちの90%以上が家畜のための穀物を育てるために働いていると言われています。

 

さらに、動物のゲップによって排出されるメタンガスによるオゾン層への悪影響や、家畜の排泄した糞尿を放置したり、水に流したことによる水質汚染や生態系へのダメージも実際に起こっています。

代替肉が普及し、食肉の消費量が低下すれば、これらの問題が軽減されることは、明らかです。

 

動物倫理に配慮できる

動物から搾取しない生き方を選択しているヴィーガンの方であれば、屠殺や食肉処理をしないという点で代替肉に賛成されることでしょう。

代替肉の素材には主に植物や培養された細胞が使われるため、動物が理不尽に搾取されるということがありません。

動物愛護の観点から代替肉を販売する会社を設立・投資するケースは非常に多く、ヴィーガンの方は代替肉産業の主要なプレイヤーです。

 

シンガポールは代替タンパク質で食料自給率の改善を目指す

「代替タンパク質コース」の発足は、シンガポールの持つ「食料自給率の低さ」という問題が関係しています。

現在シンガポールは、世界の中でもトップクラスに食料自給率が低い国家です。 

その数値は全食品のうち国内生産10%未満程度と、食料のほとんどは外国からの輸入に頼っています。

食料自給率が先進国の中でも最低水準と言われている日本が「約38%程度」ですので、この数字がいかに低いかお分かりになることでしょう。

 

2014年に卵価格の高騰により、国の食糧保全が脆弱であることを実感したシンガポール政府は、食料自給力を上げることは急務と考えています。

不測の事態によって食糧不足に陥ってしまえば、国全体が大きなダメージを受ける可能性があるためです。

 

代替肉産業に投資するシンガポール

シンガポールでは、2030年までにシンガポールの栄養の30%を自国生産の食品で賄う「30×30」を目指しています。

シンガポールはこの「30×30」を、代替肉産業によって目標達成しようとしています。

代替肉であれば都市が多いシンガポールでも生産することが可能だからです。

 

2015年よりシンガポール政府は2億5000万ドルを投入し、インセンティブと減税等で国内外問わず積極的に企業を支援しています。

その結果多くの新興企業が誕生した他、海外の企業も多数進出し積極的な開発が行われています。

 

まとめ

シンガポールの南洋理工大学(NTU)で、アジア初の「代替肉コース」がスタートしました。

大豆ミートに代表されるような植物由来の代替肉や、細胞を培養する培養肉といった、代替肉製造の専門的な知識を学びます。

代替肉はまだまだ高価ではありますが、市場が拡大しコモディティ化するにつれて価格はリーズナブルになっていくことが予想されています。

 

大手スーパー「コストコ」は2024年までには少なくとも1つの代替肉が肉と同等の価格で販売すると約束していることからも、代替肉の一般化はそう遠い未来ではなさそうです。

代替肉には地球環境の保護や、動物倫理といった多くのメリットがあります。サステナブルな社会を作っていくためには、代替肉に置き換わっていくことは非常に大切なこととなるでしょう。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ