【2022年版】アメリカのヴィーガン・プラントベース市場に関する最新レポート解説

【2022年版】アメリカのヴィーガン・プラントベース市場に関する最新レポート解説

2019年には55億ドルと呼ばれていたアメリカにおけるプラントベース市場ですが、2021年に出た最新データによると70億ドル規模に成長しています。この記事では、アメリカにおけるヴィーガン・プラントベース市場について、最新レポートをもとに解説していきます。

ハッピーキヌア編集部
2022年01月04日

原材料はオーツ麦と酵素の2つだけ。自分で必要な分だけ作って楽しめる新しいオーツミルク Earth MILKを試してみませんか?今だけ初回お試しセットが¥7,860→¥2,360に。以下のリンクから限定で送料無料になります。この機会にぜひ。

サスティナブルなオーツミルクの通販サイト|Earth MILK
【2022年版】アメリカのヴィーガン・プラントベース市場に関する最新レポート解説
アメリカにおいても着々とヴィーガン・プラントベース市場は広がっています。

プラントベースミート(植物由来の代替肉)というと、今までは「ヴィーガンの人が買うもの」という特別なイメージでした。

しかし、ここにきてスーパーなどでも当たり前にプラントベースミートがが売られるようになり、多くの人が手に取り始めています

 

この記事では、アメリカにおけるヴィーガン・プラントベース市場について、最新レポートをもとに解説していきます。

どのようなプラントベース食材が多くの人に受け入れられているのでしょうか。

 

巨大市場へと広がっていくアメリカのプラントベース市場

巨大市場へと広がっていくプラントベース市場
2019年には55億ドルと呼ばれていたアメリカにおけるプラントベース市場ですが、2021年に出た最新データによると70億ドル規模に成長しています。

なんとなく「アメリカというとジャンキーな肉を食べる」というイメージは、もうすでに払拭しつつあるといっても過言ではないかもしれません。

 

プラントベースアイテムの売り上げは右肩上がり

プラントベース食材の売り上げは、たった2年間で43%も増えたとされています。

一方で、アメリカにおける食材の売り上げ伸び率は全体でみると17%しか伸びていないため、どれだけ植物性のヴィーガン食材が押し上げているかが見受けられます。

 

ここ2年間での伸びは目を見張るものがありますが、昨今のパンデミックの影響もあり、多くの人が自身の健康管理へ意識を向けるようになったこともあり、ここからも加速していくことが想定されています。

 

プラントベースアイテムは各家庭にどんどん広がっている

面白いデータが取れています。プラントベースアイテムは、どれくらいの家庭にて買われていると思いますか?

いくら市場が拡大中といっても、一部の人しか買っていないのであれば普及率は限定的になってしまいますよね。

 

2021年のデータによると、「アメリカの10家庭のうち、6家庭でプラントベース食材を買ったことがある」そうです。

半数以上の家庭にて、何らかのプラントベース食材を買ったことがあるというのは驚きではありませんか。

一番多く普及しているのは「プラントベースミルク」、ついで「プラントベースミート」となっています。

 

プラントベース食材のリピーターも多数

アメリカにおいて急成長するプラントベース市場ですが、その拡大をサポートしているのが「リピーター」の数です。

プラントベース食材を買う人の78%は、もう一度以上その食材を買っているそうです。リピーター率の高いアイテムは以下の通り。

 

  1. プラントベースミルク:75%以上がリピーター
  2. プラントベースミート:60%以上
  3. プラントベースチーズ:60%以上

一度買ったけどやっぱり動物性に戻ろう…とはならず、多くの人が「このままプラントベースでいこう」と切り替えを進めているというのは興味深いです。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook