サステナビリティがテーマの新しい飛行機「ANA Green Jet」が登場

サステナビリティがテーマの新しい飛行機「ANA Green Jet」が登場

青がイメージの全日空に、緑を基調とした新しい飛行機ANA Green Jetが登場。持続可能な社会を実現するという想いが詰まっているANA Green Jetを紹介します。

ハッピーキヌア編集部
2022年10月27日
サステナビリティがテーマの新しい飛行機「ANA Green Jet」が登場
2022年10月、サステナビリティをテーマにした新しい飛行機、ANA Green Jet(ANAグリーンジェット)が、国際線に初就航しました。

 

飛行機は温暖化ガスを多く排出することから、飛行機で旅行することをフライトシェイム(飛び恥)と呼ぶようになり、航空業界では、温暖化ガス排出を減少することを求められています。

 

そのため、世界各国の航空会社では、持続可能で環境に配慮した航空機や、サービスの開発などが進められています。

 

そんな中に就航した、サステナビリティを追求したANAグリーンジェットですが、どのようにして環境負荷の軽減につながっているのでしょうか。

 

フライトシェイム脱炭素化を実現できるのか

日本では、2050年までに温室効果ガス排出実質ゼロを目指す、カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現することを目標に定めています。

 

特に、温室効果ガス排出量の多い航空機は、フライトシェイムとも呼ばれるほどで、航空業界には厳しい目が向けられています。

 

世界各国の航空会社は、温室効果ガス削減のために大きく貢献すると期待される、持続可能な航空燃料(SAF)バイオ燃料を採用した飛行に力を入れています。

SAFは、通常の航空燃料に比べて温室効果ガス排出量が、約80%も削減可能なサステイナブルな航空燃料です

 

ANAももちろん、2030年までに航空燃料の10%以上、2050年までには、ほぼ100%バイオ燃料SAFに切り替えることを目標としています。

 

しかし、それ以前に温室効果ガス削減のために何ができるかを追求し、開発されたのが、ANAグリーンジェットです。

 

ANAグリーンジェット機内・機体

出典元:ana.co.jp

ANAグリーンジェットの機体は、持続可能な社会を実現するという想いを表した、サステイナブルのイメージの色、緑を基調としたデザインとなっています。

持続可能な未来のために、パートナー企業の脱炭素化をサポートするための取り組み、SAF Flight Initiative(SAF フライトイニシアチブ)のロゴも機体にデザインされています。

 

以下に、ANAグリーンジェット機内・機体に採用されている、温室効果ガス削減のための新しい取り組みを紹介します。

 

青森りんご配合ヴィーガンレザー

出典元:appcycle.jp

ANAグリーンジェット機内には、環境に配慮した2種類の素材ヴィーガンレザーを、ヘッドレストカバーに採用しています。

 

ひとつは東レ株式会社が開発した、銀面調人工皮革Ultrasuede® nu(ウルトラスエードヌー。)

ウルトラスエードヌーは、100%植物由来ポリエステルを使用して作られた軽量で心地よい通気性が特徴のヴィーガンレザーです。

 

もうひとつは、青森に本社を置きヴィーガンレザーを開発する、スタートアップ企業appcycle株式会社RINGO-TEX(リンゴテックス。)

RINGO-TEXは、地元青森が生産するりんごを使った、りんご加工品から出るりんごかすを活用して作られています。

フードロスを減らし、地元青森の農業をより持続可能に貢献する、国産ヴィーガンレザーです。

 

初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら ソイミート7種の実食レビュー記事はこちら

LINE

Facebook