【オーストリア】BILLAが2,500品目以上の商品を揃えたオール・ヴィーガンストアをオープン

【オーストリア】BILLAが2,500品目以上の商品を揃えたオール・ヴィーガンストアをオープン

オーストリアの老舗スーパーから、完全ヴィーガン・ストアが誕生。全てプラントベースの幅広い商品とサービスを提供する「BILLA PFLANZILLA」に迫ります。

ハッピーキヌア編集部
2022年10月08日
【オーストリア】BILLAが2,500品目以上の商品を揃えたオール・ヴィーガンストアをオープン
ヨーロッパ大陸の中央に位置するオーストリア。

クラシック音楽の巨匠たちが活躍したため、音楽のイメージが強いかもしれません。

 

しかし、実はオーストリアは世界各国の中でもヴィーガンが多い国なんです。

2020年のヴィーガン人気の高い国ランキングでは、イスラエルに次いで4位にランクイン。

(ヴィーガンが人気な国ランキング詳細についてはこちらの記事をご覧ください)

 

そんなオーストリアで人気のスーパマーケットBILLAから、2,500品目以上の商品を揃えたオール・ヴィーガンストア「BILLA PFLANZILLA」オープン。

今回は100%ヴィーガンのBILLA PFLANZILLAについてご紹介していきます。

 

BILLAとは

最初に、BILLAについて少しご紹介します。

BILLAはオーストリアを代表するスーパーマーケットです。

創業60年以上の歴史を持ち、ウィーンでディスカウント香水ショップとしてスタートしました。

 

1961年に食品の販売を開始し、当時画期的だったセルフサービスシステムを導入。

現在では1,000を超える支店をオーストリア国内で展開し、自社ブランドにも力を入れています。

 

1990年代からオーガニック食品の販売を開始していたBILLAは、自社のオーガニック食品ブランド、ヴィーガン向けのプラントベース食品ブランドを積極的に展開しています。

 

さらには、顧客の健康的な食事のをサポートするために専門家の諮問委員会である「BILLA Good Food Board」を設立。

2022年はプラントベース食品の栄養に関する知識を提供しています。

 

オール・ヴィーガンストアBILLA PFLANZILLAをオープン

そんなBILLAが2022年にオープンしたのが、ウィーンにオールヴィーガンストア「BILLA PFLANZILLA」です。

2,500品以上のプラントベース製品を販売しており、完全にヴィーガンの商品のみを取り扱っています。

 

同社が発表した調査では、オーストリア人の 46% が肉を含む動物製品の消費を意識的に減らしてい流ことがわかっています。

しかも、18 歳〜29 歳のグループの 28% がすでに肉を食べていないことが示されています。

 

こうした植物性食品のニーズの高まりに応えるべく生まれた、新しいコンセプトの店舗です。

 

200㎡の広さの店内に代替肉、植物性ミルク、野菜、飲料、惣菜、お菓子、週替わりのパンなど幅広いヴィーガン商品が陳列されています。

100%ヴィーガンの商品しか置いていないため、商品がヴィーガンであるかチェックするのに手間取ったりせず、気軽に買い物を楽しむことができます。

 

初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら ソイミート7種の実食レビュー記事はこちら

LINE

Facebook